日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
夜ごはんと手作りプッチンプリン

e0140171_2051242.jpg
e0140171_22251973.jpg

昨日、オットの実家から帰ってきました。
今日からいつもの毎日。
という訳で、夜ごはん。

 ・ゴーヤチャンプルー
 ・和風ラタトゥイユの味噌マヨグラタン
 ・とうもろこし
 ・春雨スープ
 ・枝豆、みょうが、梅のごはん


さっぱりとしたみょうがの入ったごはんがおいしい。
大葉や白ごまを加えても美味。







e0140171_2321449.jpg

実家に持って行ったのはこれ。
手作りプッチンプリン
普通のプッチンプリンの10倍の大きさのプリンが作れるのです。



e0140171_2323215.jpg

セットに入っているのは「プッチンプリンの素」と「カラメルシロップ」。



e0140171_23244100.jpg

底面のプッチン棒はプッチンキャップになっています。



e0140171_2334146.jpg

みんなでわいわい言いながら、プリン作りスタート。
使う牛乳は1リットル!


e0140171_234340.jpg

作り方は手順書に沿って。
結構細かいポイントがあって、普段お料理をしないオットは
ちょっとわたわた焦っておりました。


そうそうカラメルソースはプリン生地を流し込んだ後に
真ん中に勢いよく流し入れると
底に沈んで広がっていくのです。
へ〜〜〜。


カップに流し入れたら待つこと・・・8時間。
長い!
おやすみなさい。






e0140171_2342584.jpg

固まったかな?
お皿を上に乗せて一気にひっくり返します。
ここは勇気を持って。
勢いよく!


e0140171_234452.jpg

ひっくり返しても、プリンが落ちてこない!
やったー。
きちんと固まっていないとここでずるずるっと落ちてきてしまうらしい。

  ぷっちん

とキャップを回すと、ずずずず、っとプリンが・・・




e0140171_235777.jpg

じゃーーーん。
大成功!!!



e0140171_2353157.jpg

もちろん、みんなですくって食べましょう!
お味は・・・「プッチンプリンの味がする!」って。笑
そう、あの懐かしい味わいそのまま。

パーティーならこれにデコレーションしても楽しそう。

そして、結構食べごたえあり。
さすが10人分。

食べ残しはあわれな姿になるので
残さず一気に、が鉄則です。



by midori0524 | 2010-08-16 23:29 | 夜ごはん
こどものおみやげ*奈良の旅_その9
e0140171_8233773.jpg

娘が選んだかわいいおみやげたち。




今回の旅の娘のお小遣い。
先日実家へ行ったときに知り合いの方からいただいた1000円。
普段は私の方で預かってしまうものだけれど
旅行の前だったのでそのまま娘のお財布に入れて


  これは奈良で好きなように使っていいお小遣いだよ。
  大切にね。


そう伝えると、それはそれはうれしそうに


  ありがとう。


と小さなお財布をぎゅっとにぎりしめるのでした。



そして、旅先でも真剣なお買い物。
見るものみーんな欲しくなるのだけれど
ひとつひとつ値段を確認しては


  これはむり!がっくり!!

  これは買えるよ。

  結構、たかいね〜

  これを買ったらあと700円になっちゃう。


ぶつぶつとつぶやきながら
欲しいものと買えるものを考えていました。



e0140171_835917.jpg

さて、まず最初に選んだのはこの小さな瓶に入った鹿ちゃんのネックレス。
似たようなもので、星の砂+鹿のお人形というのがあって
それと迷いに迷ってこちらを手にしていました。

こちら300円。

この小ささが娘の胸元にちょうどよくて
とてもかわいらしい。



あとは、奈良の鹿バージョンのキューピーちゃんのキーホルダーと
ピアノの先生にお手紙を書きたい、と選んだ絵はがき。

そして、ぜいたく豆本舗のちっちゃなお菓子に
お寺でのお賽銭などなど。


帰ってきてから、夫に大切に取っておいたレシートともに
いかに悩み、どうしてこれを選んだのか
うれしそうに話していました。笑



e0140171_8403864.jpg

私が娘に買ってあげたのはこのきれいな色の筆ペン


e0140171_845645.jpg

奈良限定の5色のセットが3種類あって
その中の「淡」というものを選びました。


e0140171_8452846.jpg

そして、お留守番の夫に買ってきたおみやげは
奈良ホテルのホームメイドクッキー。
かわいい缶に入っていて、懐かしい味わいのクッキーです。




沢山のものは買わなかったのだけれど
どれもお気に入りの大切なものたちとなりました。


さて、楽しかった奈良の旅の想い出もこれでおしまい。

今日からは夫の実家へ行ってきます。
みなさんも光溢れる楽しい夏休みを。





by midori0524 | 2010-08-12 08:48 | 子供
こどもの写真でならまちガイド*奈良の旅_その6
e0140171_0493756.jpg

「ならまち」はとてもかわいくて、たのしい場所でした。




「ならまち」がいいよ、と教えてもらったとき
最初、奈良駅から奈良公園を含む
いわゆる奈良中心部のこと?と思ったのだけれど
元興寺集辺の古い街並の残るエリアのことでした。


このエリアには町家が点在したり
最近かわいいお店が集まってきているとのことで
お寺巡りの合間、娘と自転車でぐるぐる。

運転手は私。
カメラマンは娘。

娘の撮った写真で、超アバウトな「ならまちガイド」です。



e0140171_0494535.jpg

元興寺裏手の細い路地を入ってゆくと
時代をトリップしたような
懐かしい風景が広がります。



e0140171_0595648.jpg

ならまちに入って1分。
あまりの暑さにアイスキャンディー休憩。


e0140171_10171.jpg

駄菓子屋さんみたいなこのお店。
大仏ラムネとかアイスキャンディとかお菓子とか以外にも
奈良らしい雑貨や陶器、着物生地で作った雑貨などいろいろ。



e0140171_8141487.jpg

何度見上げても青い空。
眩しい日差し。
暑い!!
でも、出発!!!



e0140171_8143355.jpg

こちらは創業800年の「菊岡漢方薬局」。
全てに長い歴史を感じさせる風格があります。



e0140171_8145845.jpg

そのお隣が「奈良町物語館」。
町家を利用したコミュニティスペース。




e0140171_8151974.jpg

その向かいにいたお兄さん。
なぜか、パチリ。


e0140171_8154278.jpg

「奈良町物語館」を左手に見て少し戻った角が「吉田蚊帳」。
ふきんやのれん、きれいな色味のリネンストールなど欲しいものがいろいろ。
ネットでもお買い物が出来ます。




e0140171_816616.jpg

えーっと、レンガです。




e0140171_8162574.jpg

朽ちた壁にきゅんとなる5歳児。




e0140171_8164231.jpg

ここは壷入りの米飴が有名な「砂糖傳増尾商店」。




e0140171_817350.jpg

ならまちで多く見られる町家。
中はどんな風になっているのかな、と気になります。



e0140171_8172183.jpg

なーんて思っていたら町家を無料で見学できる施設「ならまち格子の家」が。


e0140171_8174526.jpg

ここは町家での昔の暮らしが再現されていて
日本の美しく機能的な家造りに触れることができます。


では、ちょっとカメラマン交代。

e0140171_8181817.jpg

格子からの光と陰のコントラストが美しい
表通りに面した「みせの間」。


e0140171_818462.jpg

格子は通風の役割のほかにも
表通りからは中が見えず
内側からは外の様子を確認できるという目隠しの役割も。




e0140171_819169.jpg

主屋には他にも「中の間」「奥の間」と、三室が続いていて
その奥に小さくて美しい中庭と渡り廊下、そして離れが。
昔のお手洗いやお風呂(小さいの!)や梁が見られる二階も見学が出来ます。


e0140171_8283298.jpg

二階からみた台所。
吹き抜けになっていて、高い天井にはむき出しの梁、
壁の上部には明り取りと通風の為の窓。
一番生活感のある場所なのでこんな風に暮らしていたんだろうなと
あれこれ想像しながら眺めたくなる場所です。



e0140171_820458.jpg

よいしょ。
スタンプもお忘れなく。
きれいなお手洗いもあるので休憩場所として利用するのも可。




e0140171_8203676.jpg

さて、カメラを娘に渡して再び出発!!
あちこちの家の軒下にさげられている「身代わり猿」の庚申堂。
屋根にもお猿さん。




e0140171_8205871.jpg

ここは人力車のお兄さんおすすめのアイスクリーム屋さん。
名前は・・・なんだっけ?笑




e0140171_8213116.jpg

アイスクリーム屋さんの近くにあるのが「心樹庵」という
おいしい日本茶や中国茶をいただけるお店。



e0140171_822475.jpg

先ほどの漢方のお店を右手に見ながら「樫舎」へ抜ける道にも
かわいいお店が沢山並んでいます。
ここは6月にオープンしたばかりのケーキ屋さん「をかし東城」。
立ち寄らなかったけれどとてもかわいい店構え。



e0140171_8223638.jpg

大きな通りを渡って「樫舎」の横の路地を進んで行くと
またかわいいお店がいろいろ並んでいます。
このあたりで、というか観光客におそらく一番有名なお店「中川政七商店」。
東京だとニコタマとか表参道ヒルズでもここのものは沢山手に取れるのだけれど
やはり本店でも、とついつい見てしまいました。笑
奥には茶房が。子供は入れないというのが少し残念。



番外編。

e0140171_82368.jpg

ならまちからは少し外れるのだけれど
奈良ホテルの向かいの路地にあるかわいいお店、「MLPショップ」。


e0140171_8233249.jpg

イギリスのアンティークがぎっしりと詰まっていて二階はカフェに。


e0140171_8235340.jpg

あ、かわいい、とつぶやきながらパシャッ。




ゆるーい雰囲気のならまちマップでしたが
なんとなくすてきな場所というのは伝わったでしょうか。笑

オフィシャルページにPDFのガイドマップがあるので
実際に足を運ぶ時にはこちらを参考に。

http://narashikanko.jp/j/naramachi/



次はいつ訪れるか分からないけれど
長い年月を積み重ねた街並とそこにある大切な想いに
新しいエッセンスがうまく溶け込んだ場所であり続けると
いいな、と思うのでした。












by midori0524 | 2010-08-11 08:28 | 子供
『なら燈花会』へ*LOVE BODY LOVE EARTH
e0140171_23295738.jpg

深くてしっとりとした夏の夜が広がる奈良。
2万本ものろうそくが灯される幻想的なイベント『なら燈花会』へ行ってきました。


●なら燈花会 http://www.toukae.jp/
 2010年8月5日(木)~14日(土)19時~21時45分




e0140171_23373442.jpg

e0140171_23374243.jpg

*『なら燈花会』へ*
http://slowlife.lble.jp/article/15563951.html





by midori0524 | 2010-08-10 23:38 | LBLE
しゅわしゅわフルーツポンチ*LOVE BODY LOVE EARTH
e0140171_23561726.jpg

今週のLOVE BODY LOVE EARTHは懐かしいフルーツポンチのお話。



*しゅわしゅわフルーツポンチ*
http://slowlife.lble.jp/article/15553245.html



*twitter*
http://twitter.com/lble_staff






by midori0524 | 2010-08-03 23:59 | LBLE
やさしい香り
e0140171_14513724.jpg

今日は風が大きくてやわらかい。
なんども包まれては大きく息を吸い込んだ。



相変わらず暑いのだけれど
夏の中での何かが切り替わって
ひとつ季節が移り変わったのを感じる。

水色の空にふわふわの白い雲。
昨日よりも少しだけやわらかい光と
夏のさわやな香りをたっぷりと含んだ風。


ベランダの窓を大きく開くと
リビングの真ん中に風の通り道ができるので
我が家はエアコンを入れなくてもかなり涼しい。

あまりにも風が気持ちいいので
シーツを洗ってベランダに広げたら
風の中に我が家の香りが混じって
なんだかこのまま目を閉じたくなる。



少し前のこと。
娘がこんなことを言っていたっけ。


  お昼寝の時
  おふとんのシーツの
  ママの匂いをかぐと
  すぐに眠れるんだよ



離れているときにふと娘のことを思い出して
優しい気持ちになることがある。

小さな娘の毎日の中にも
そんな時間があるのだということが
なんだかとてもうれしくて
その気持ちを手放すのがきゅんと切ないほど。

by midori0524 | 2010-08-03 18:39 | 子供
こどもの絵*5歳8ヶ月
e0140171_6252445.jpg

アリエッティ、なんですって。



娘の朝ごはんのはじまりは5時半とか6時とか。

だからカメハメハ大王のように 
一時間近く朝ごはんを食べていても
比較的のんびりした時間が流れていて
ごちそうさま、の後は 
自分でシャワーを浴びて着替えて
小さな遊びの時間になる。


今日は、画用紙とペンの入ったかごを出してきてお絵描きタイム。


私はというと
娘の朝ごはんの時間に身支度を終えて
娘の遊びの時間には
その日の気分に沿った香りで
部屋中を磨き上げている。

自分の中がゆっくりと巡りはじめ
部屋の中にはいい香りが漂い始めると
娘がうれしそうに

  ママ、みて!

と声をかけてくる。

今日は女の子の絵。
かわいいねーと言ったらちょっと不満げに

  アリエッティだよ。ほら!

って、頭の洗濯バサミ(彼女の中では)を指差した。

あらあら、失礼いたしました。

本当だ、アリエッティだね。笑






最近眠りにつくときの 「おやすみ」 の挨拶の後に 
「いい夢を」という言葉をつけるようになった。

そして「いい夢ってどんな夢?」なんて話から
またまたおしゃべりが始まる。



  パーティーの夢をみるの。
  朝しかない世界だから怖くないよ。
  ママもパーティーに遊びにきて。
  ママはどんな夢を見るの?



  えーっと、気持ちのいい芝生で
  風に吹かれながら本を読んで
  おいしいサンドウィッチを食べるの。



  だれかあそびにくる?



  うん、来るかもしれない。



  ゆあちゃんが行ってもいい?



  もちろん!



ゆっくりと目を閉じた娘は1、2、3でパーティーの世界へ。




by midori0524 | 2010-08-03 06:25 | 子供