日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
言葉 ことば コトバ
e0140171_22111351.jpg

4月から月曜深夜に「オーラの泉」という番組がやっている。

TOKIOの国分君と美輪さん、江原さんが司会・進行。

毎回ゲストのオーラの色やそれの持つ意味
前世、守護霊、カルマなどなどを見ながら
将来の案内をしていくというもの。

こういう番組は好き嫌いが
はっきり分かれると思うけれど私は大好き。
ふふふ。

なんてったて
子供の頃は「マイバースデイ」を愛読し
別冊の占いやら心霊写真やら妖精やらの特集ものも
ほぼ全部買っていた。

もし、私が親で自分の子供の読んでる本の
ラインナップがあれだったらちょっと心配になるかも(笑)。



さてさて、「オーラの泉」。

たまたま1回目の放送の及川ミッチーがゲストの放送を見て
あまりのおもしろさにはまってしまった。

江原さんの霊視と美輪さんの語る言葉
どちらも単独で耳にしても説得力がある。

そこに、ふたりが既知の事実みたいなかんじで
お互いの言うことを「そうそう」と
にこにこしながらうなずいているのをみると
そういう目に見えないものにこそ
本質的ななにかがあるように思えて仕方がない。

あとは濃厚なお二人に対して
国分君の単純(良い意味での)で素直な反応と
コメントのバランスもいいのかも。




***

しばしば美輪さんが、言葉の大切さについて触れることがある。

言葉は全ての基本であるし、最近の人が切れやすいのは
感情を表す適切な言葉を知らないからだと。

確かにそうだと思う。

街で、なんなんだこの言葉使いは!?と
思って振り返ると
大概にして同じ様な顔つきをした人がいる。

逆もしかり。

素敵だなと思う人は
コミュニケーション能力が高く
豊かで適切な言葉を操っている。

大人になればなるほどその差は大きくなり
それが人生そのものの豊かさに通ずるような気がしてならない。


私自身、気持ちを言葉にしたり
文章に表すことが
小さい頃から本当に苦手。

苦手というより、むしろ大嫌いだった。

社会に出てからは
ややコンプレックスに
思うくらい気になっている事柄でもある。

さらに育休中の今は
人と接する時間が圧倒的に少ないので
日々の言葉のやりとりは少ないし
本などから取り入れる時間も限られている。

大丈夫か私?
どんどん退化していかないか、かなり心配。

でも、そんな中
こんなかたちで少しでも文章を書いたり
いろんな人の日記を読むだけでも
刺激になって良いことだと思っている。

豊かな言葉を身につける。
きっと一生の課題。
by midori0524 | 2005-05-10 22:10 | 子供
<< 泥む離乳食 マンマ >>