日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リズムを整える
e0140171_6513468.jpg

ゆっくりなペースで「1Q84」を読み終えました。

長い物語を読んだあとは詩集を手にしたくなる。

新しいことばではなく
なんども心に響かせたものを。

見知らぬ世界にどっぷりと浸ったココロを
慣れ親しんだ心地よいリズムとともに
現実の世界に引き戻すかのように。


  私と小鳥と鈴と


  私が両手をひろげても、
  お空はちっとも飛べないが、
  飛べる小鳥は私のように、
  地面を速くは走れない。

  私がからだをゆすっても、
  きれいな音はでないけど、
  あの鳴る鈴は私のように、
  たくさんな唄は知らないよ。

  鈴と、小鳥と、それから私、
  みんなちがって、みんないい。




  お日さん、雨さん


  ほこりのついた
  芝草を
  雨さん洗って
  くれました。

  洗ってぬれた
  芝草を
  お日さんほして
  くれました。

  こうして私が
  ねころんで
  空をみるのに
  よいように。


  
金子みすゞさん。

感性や心の豊かさをなによりも大事にした彼女が
大事な娘を別れた旦那様へ引き渡す前の日に
26歳という若さで命を絶った。


  あなたがふうちゃんを連れて行きたければ
  つれて行ってもいいでしょう。
  ただ私はふうちゃんを、心の豊かな子に育てたいのです。
  だから、母が私を育ててくれたように
  ふうちゃんを、母に育ててほしいのです。
  どうしても、というのなら、
  それはしかたないけれど、
  あなたがふうちゃんに与えられるのはお金であって、
  心の糧ではありません。


夫への遺書に込められた彼女の想い。

読む度にぎゅっと切なくなる。

でも、同時に、彼女の詩に流れるやさしさが
とくとくと流れ出す源に触れる気もするのです。



e0140171_652188.jpg

さて、今日のバッグにはこちらの本を。


帰りに本屋さんにも立ち寄ろう。

最近読んだおすすめの本。
あったら教えてください。
by midori0524 | 2009-06-18 06:52 | 本&映画&アート
<< 乗り越えること かわいいハンバーガー屋さん >>