日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
<   2013年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧
e0140171_7591714.jpg
今朝の空はまだらなやさしいピンク色。
ミルクの中でぎゅぎゅぎゅっと苺を潰したみたいな。

甘くて、すっぱくて、やさしい一日になりますように。

by midori0524 | 2013-01-31 06:30 | | Trackback
夜ごはん*ふんわり親子丼

e0140171_2155152.jpg
今夜は娘の希望で親子丼とお刺身。
卵は二回に分けて入れるとふんわり(な気がする・・・)。

・親子丼
・お造り
・ほうれん草の白和え
・きんぴら
・けんちん汁

by midori0524 | 2013-01-30 21:55 | 夜ごはん | Trackback
e0140171_21275697.jpg
モロッコを中心に3週間近い旅から帰ってきた友人と会う。


彼女の話の中からこぼれ落ちた
旅の欠片を拾い集めて出来上がった風景は
旅先の風景そのものよりも
そこでうれしそうにシャッターを切る彼女の姿だった。

40本にもなったというフィルムの現像が出来上がったら
また彼女の話をゆっくりと聞きたい。


彼女に会った日の夜
よしもとばななさんの「人生の旅をゆく2」を
久しぶりにめくっていたら

 「自分の人生は自分のものだ」

という言葉が目に飛び込んできた。

あまりにも当たり前のことなのに
その言葉を胸をはっていえるだろうか。

でも、とか、とはいってもね、とかの言葉なしに。


有無をいわさずに突きつけられることや
自分の意志とは関係なく起きる出来事はいくらでもあるけれど
その中で何にフォーカスし、何に手を伸ばし、
どんな想いと言葉を使っていくのかを選んでいるのは自分自身。

いいとか、わるいとかそういうジャッジをすることなく
全ては自分自身の世界で起きていることに責任を持っているかどうか。

そして、人生はひとそれぞれなのだから
自分の人生にないものを探すのではなく
あるものの価値に気づいてそれを磨いていけるかどうか。

そういうことがとても大切な気がする。

人生なんていうととてつもなく大きくて重たくて
でもあまりにもぼんやりとしていて
自分でコントロールすることなんてできなような気がするけれど
その中に詰まっている自分の手の平に乗せられるくらい些細なことに対して
責任を持って、大切にして、楽しんでいきたい。


旅は楽しまないと!





by midori0524 | 2013-01-30 21:49 | 暮らし | Trackback
柚子の麩まんじゅう*成城あんや
e0140171_21104953.jpg
誰かと話したいな、と思っていたら
ベビーピラティス帰りのお友達が
同じく成城でお買い物をしていると連絡をくれた。

早速、お茶をしようと成城あんやの茶房でおいしいひととき。
こうやって向かい合って顔を見て、話して、笑うだけで
どうしてこんなにもほっとするのだろう。

お茶と和菓子のセットは
煎茶、玉露、抹茶、加賀棒茶のお茶と
好きな生菓子を選ぶことが出来る。

すてきな箱に並べられた今日のお菓子は

豆大福 粟大福 柚子の麩まんじゅう あんわらび
こめ粉サンド わらび餅 うぐいす餅

人生最後のおやつ!?というくらい
頭のなかでぐるぐる迷い・・・
えいっと決めたのが抹茶と柚子の麩まんじゅう。


e0140171_21111230.jpg
どれもこれもおいしそうで
ふわっとやわらかいお餅のような麩の中には
上品な甘さと香りが豊かな柚子餡。
一口ごとにゆるゆると心がゆるんでいくのに
少し背筋も伸びるような感じもして
「とてもいいもの」をいただいた気持ちになりました。

ごちそうさまです。




*成城あんや http://www.seijoanya.com/index.html

by midori0524 | 2013-01-30 21:15 | おやつと飲み物 | Trackback
夜ごはん*ハンバーグ きのこクリームソース
e0140171_18264465.jpg

今夜はハンバーグ。
デミグラスソース、和風ソースにすることが多いので
ちょっと気分を変えてきのこのクリームソースで。


・ハンバーグ きのこクリームソース
・ベイクドポテト
・紅芯大根と金柑のサラダ
・キャロットラペ
・さつまいもとひよこ豆のサラダ、
・わかめスープ
・ごはん






by midori0524 | 2013-01-29 21:25 | 夜ごはん | Trackback
e0140171_1614824.jpg

e0140171_16124211.jpg

e0140171_1613579.jpg
クジャクの羽みたいなグラデーションの朝焼け。
紅芯大根と金柑のサラダ。

一日に何度もはっとするような自然の美しさに驚き
しあわせな気持ちで満たされる。

同時に自分自身も自然の一部であることを思い出し
美しいと感じる感覚をなによりも大切に、と思う。






by midori0524 | 2013-01-29 16:18 | 暮らし | Trackback
夜ごはん*雪だるまカレー
e0140171_22252840.jpg
主人は新年会でごはんはいらないという今夜。
娘に何が食べたい?と聞いたら「カレーライス!」と即答だったので
簡単に作れるバターチキンカレーに決定!

そして、今朝ちらちらと舞っていた雪が
あっという間にやんでしまって
すごくがっかりしていた様子を思だしたので
その代わりに、と雪だるまのカレーに。


・雪だるまカレーライス
・さつまいもとひよこ豆のサラダ
・キャロットラペ
・野菜スープ



e0140171_22261790.jpg
さつまいもとひよこ豆のサラダにはせたがや縁側カフェの玄米甘酒で
少し甘みとコクを加えてみたらおいしくできました。





by midori0524 | 2013-01-28 22:48 | 夜ごはん | Trackback
満月と粉雪
e0140171_8475387.jpg

ちらちらと舞いはじめた雪を見ながら
木の皮でできたお花を一週間の花器に飾る。

2杯目の白湯をすすってから
白く煙る窓をきゅっと手でこすって外をみたら
家の屋根や木の上に粉糖みたいな細かい雪が積もって
そして、もう水色の空が光っていた。




e0140171_15472952.jpg

日曜日。
お昼過ぎに満ちた月が低い空で大きく輝きはじめた頃家族でISOLAへ向かった。
久しぶりに足を運んだけれど娘もピッツァを一口食べて「おいしい!」と大喜び。
私もやっぱりシンプルなマルゲリータがとてもおいしいと思う。

獅子座の満月。
何かが決まって一区切りというタイミングらしい。
獅子座のこの位置の月はかなりばっさりと自己主張するので
そういう自分らしさを出して決断をするのにいいのかもしれない。
誰かの想いを汲むことや自分を抑えることも大切。
でも、やっぱり自分が心から喜ぶことをベースにしないと
どこかでなにかがバランスを崩して
誰かのためが自分のエゴとすりかわったりしてしまいがちだから。

自分の本当の喜びを知っている人は
とても強くてやさしいということも
もうこの年になるとよくわかる。



再び細くなりはじめた月の下
今週もよい一週間になりますように。


by midori0524 | 2013-01-28 08:30 | 星と月 | Trackback
夜ごはん*グリーンピースとシーフードのトマトリゾット
e0140171_106136.jpg
今夜はグリーンピースとシーフードのトマトリゾット。
お豆もいろいろな種類が並びはじめてここにも春を感じる。
もう少ししたらお豆の緑色のスープとかサラダとか作りたいな。

・グリーンピースとシーフードのトマトリゾット
・鶏肉の野菜ロール
・おくらのゴママヨ和え
・里芋のコロッケ
・コールスロー






by midori0524 | 2013-01-25 21:06 | 夜ごはん | Trackback
白木蓮
e0140171_915623.jpg

静かな部屋の中で、ことん、という小さな音。
振り向いたら開きはじめた木蓮。




クリスマスから飾りっぱなしだったクロモジの代わりに
アオモジと白木蓮を大きなガラスのベースに挿したのは少し前のこと。
ゆっくりと開いていきますよ というお花屋さんの言葉で手にした白木蓮は
光を吸い込んで時折金色に光る産毛に包まれたつぼみだったのに
いつのまにか白い花びらが内側から姿をあらわしふわりと膨らんでいった。

かわいらしい白木蓮の花を見つめていたら
花びらが開いてゆく感覚に想いを馳せた。

春になってコートを脱ぎ捨てて出かけてゆくあの気持ちと似ている?
ずっとずっと想い描いていたことに
えいっと飛び込んでゆくときの気持ちみたい?

どちらにしろ、新しくて、でも本当の自分に戻ってゆくような
そして、今にしっかりと紐を結んで未来の扉を開く感じなのだろう。
それって、本当の自由を手に入れるということでもありそうだ。

年が明けてから
どんなに寒くても
雪がしんしんと降り積もっても
春の香りが微かに流れている。

みんな寒い冬を乗り越えて
どんな扉を開くのだろうか。





by midori0524 | 2013-01-25 09:30 | 暮らし | Trackback