日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Rue Favart*恵比寿
e0140171_8102163.jpg

スクールで陰陽の講義を受けたあと、お友達とランチへ。

シルクみたいにやわらかくてなめらかな春の雨の中
辿り着いたのは、恵比寿ガーデンプレイス裏手のRue Favart。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13004476/


木造3階建ての小さな一軒家のこのカフェに
はじめて訪れたのはもう10年以上前のこと。




e0140171_9152947.jpg

おいしそうなデザートと焼きたてのパンの並ぶショーケースを横目に見ながら
階段を上ってゆくとビビッドな世界が目の前に広がる。
グリーンに塗られた壁と天井、そして、天井一面に描かれた真っ赤なヒナゲシ。


こんなにも個性的なのに不思議と落ち着けるのが
このカフェの魅力のひとつだと思う。

それは、大人の持つセンスの良さで全体が統一されているから。




e0140171_837592.jpg

数種類のメニューの中からチョイスしたのは
6種類のデリが並んだランチプレート。


e0140171_8383774.jpg

前菜はグリーンサラダと豚肉のリエットをお友達とシェア。





e0140171_8242924.jpg

そして、お友達とシェアしたもうひとつのものは
心の奥に触れる大切な想い。

まっすぐでやさしい瞳を持つ彼女の心の中には
やっぱりやさしさが溢れていて
沢山の話をしながらインスパイアされる。



最近、美しいと感じる人によく出会う。

その人たちはみんな
瞳の奥がまっすぐ心のきれいな場所に繋がっている。

あたたかな気持ちは心の奥にある扉を開く。

自分自身へも他の人へも扉を大きく開いている人の口から
こぼれ落ちる言葉は愛に溢れ、強い美しさを感じる。


そういえば、ダライラマの言葉に

 慈悲の心があれば、必然的にチャーミングになります

というのがあったっけ。
by midori0524 | 2010-02-27 09:18 | 外ごはん | Trackback | Comments(9)
夜ごはん*豚もも肉のポットロースト
e0140171_1823556.jpg

・豚もも肉のポットロースト りんごソース
・粉ふきいも 青のり風味
・スナップエンドウ
・ラタトゥイユ
・麦納豆
・お味噌汁
・玄米


今日はF圧力鍋
についていたレシピ本の中から
豚もも肉のポットローストを。



e0140171_18271164.jpg

飴色に炒めたニンニクとタマネギに
塩こしょうした豚肉を入れてこんがりと焼き目をつける。


e0140171_18302647.jpg

白ワインを入れたら、蒸し器リンゴを並べる。

蓋をして、圧をかけたら4分で出来上がり!!



e0140171_1831376.jpg

塩、こしょう、白ワインだけとは思えない
こっくりとしたおいしい味わいにびっくり。

お料理用の安いワインをきらしていて
とっておきのリースリングを開けたからかしら。笑

蒸したリンゴはつぶしてはちみつを少し。
お肉に添えていただきます。








e0140171_18354938.jpg

e0140171_18355818.jpg

・カレーライス
・ラタトゥイユ
・マグロのカルパッチョ アボカドソース
・キャベツとさやえんどうのスープ


DEAN&DELUCAのデリで見かけた
マグロのカルパッチョ アボカドソース。

名前だけのイメージで適当に作ってみる。

マグロにはニンニクと塩を少々。
アボカドは細かく刻んで、レモン、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩を。

お皿に並べたら、オリーブオイルとお醤油を。

クレソンを添えて、こしょうをぱらりで出来上がり!













by midori0524 | 2010-02-25 18:42 | 夜ごはん | Trackback | Comments(10)
キッチンツールのプチお片づけ
e0140171_11105597.jpg

いつものお掃除に5分のプラスαのお片づけ。

今日はなんとなくごちゃっとしているのが
気になっていたキッチンツールに手を伸ばす。


e0140171_11132870.jpg

キッチンツールは壁にかけているものと


e0140171_11134280.jpg

ポットに立てているものとあとは細々した物は引き出しの中。

今日のターゲットは外に出ているこの二カ所のものたち。




e0140171_11375971.jpg

とりあえず、全部取り出して、ざぶんざぶんと水浴びを。
使用頻度の低いものはすぐにホコリがたまったり
キッチンならではの油っぽさか出てきてしまうもの。


e0140171_11383874.jpg

きれいになったらずらり並べて、考える。

 ここ一年全く使っていないものは?
 同じものがいくつもあるけど必要?


e0140171_11455184.jpg

そんな問いから浮かび上がったツールたち。

切れ味が悪くて使っていないブレッドナイフとか
目分量に負けてしまって登場できないパスタのメジャーとか
かわいいけれど使ってない木のサーバースプーン&ナイフとか
むかーしから使っているぼろぼろツールに手が伸びて
出番のないすてきないただきものとか。


e0140171_1149974.jpg

しばし考え、処分するものを決定。
あとは外に出さずしまったり。




e0140171_1151883.jpg

さて、出来上がり!

最初の写真とそーんなに変わっていないのだけれど
そこで毎日手を動かす私にとっては
ものすごくすっきりした気持ち。

こういう小さなことに手を伸ばすことが
毎日の家事をスムーズにしたり
生活自体を心地よくするのだと思う。



いつも出しっぱなしになっているものはありますか?
ひとつだけでも、しまう場所を決めてそこに戻してあげましょう。
びっくりするくらい部屋全体が
そして、自分の心がすっきりとしますから。




*おまけ*
e0140171_1154314.jpg

こちらはなんでしょう?


白米のとぎ汁です。
とぎ汁が出たときにはこれを床の拭き掃除に使います。


e0140171_11545519.jpg

すると・・・床がぴかぴかに。
簡単なワックス効果があるようです。
by midori0524 | 2010-02-25 08:10 | インテリア&お掃除 | Trackback | Comments(4)
いちばんたいせつなこと*LBLE
e0140171_23115023.jpg

お友達に教えてもらった絵本。

ページをめくる度に
シンプルで本当に大切なことが
並んでいたのでした。

今日の日記はこちらに。

*いちばんたいせつなこと*
http://slowlife.lble.jp/article/15262338.html?1266937201
by midori0524 | 2010-02-24 00:02 | LBLE | Trackback | Comments(4)
夜ごはん
e0140171_2334654.jpg

・ハンバーグ
・キャベツとにんじんのコールスローサラダ
・ジャガイモのグリル ローズマリー風味
・茹でアスパラガス
・ブロッコリー入りコーンスープ
・麦納豆
・玄米

娘と私のハンバーグはちっちゃめサイズ。
主人は倍の大きさで。

娘のハンバーグにはとろんとチーズを乗せて。
大人のハンバーグにはグリルしたトマトを乗せて。
甘酸っぱいおいしさがぎゅっとなったトマトを
ソースのアクセントにしていただく。

ジャガイモはレモン汁、ニンニク、塩、オリーブオイル、ローズマリーで
マリネしてからオーブンでグリル。
ふわっと香り豊かなおいしさが広がる。




e0140171_23383919.jpg

・アボカドまぐろ丼 (アボカド、まぐろ、納豆、チンゲンサイ)
・にんじんのサラダ
・鶏肉と野菜の甘酢炒め
・ブロッコリーとベーコンのソテー
・お味噌汁



e0140171_23403486.jpg

・ビビンパ玄米ごはん
・ブロッコリーとベーコンのソテー
・白菜の浅漬け
・わかめと卵のスープ
by midori0524 | 2010-02-22 23:42 | 夜ごはん | Trackback | Comments(5)
ゆきのひ
e0140171_23292721.jpg

雪の降る朝。

いつもより早めに家を出るのは
歩きだから、という理由だけではない。

  まだ誰も踏んでいない雪をみたら飛び込んで自分の足跡を

  壁の上にまあるく積もった雪はつんと指で落とす

  立ち止まって口を大きくあけて、雪を舌の上に

そんな雪の日の楽しさを味わう娘を
のんびり眺めていたいから。

早くしなさい、なんて言葉で
大事なものを消してしまわないように。


  アイスクリームみたい
  かき氷みたい
  バターみたい
  たまごの白いところみたい

ぽとん、ぽとんとこぼれ落ちる
雪の例えは、みーんな食べものなのも
かわいらしいと思う。





e0140171_23361786.jpg

e0140171_23362720.jpg

e0140171_23363777.jpg

春を告げる花たちも白い帽子をかぶって静かに佇む。
by midori0524 | 2010-02-19 23:44 | 季節 | Trackback | Comments(0)
お鍋のこと
e0140171_2362766.jpg

ここ一ヶ月ほど頭の片隅、いや、ど真ん中にあったことはお鍋のこと。

実は年末から年始にかけてお鍋をだめにしてしまったのです。

しかも、仕様頻度の高いものを2つも。

ひとつはルクルーゼのココットロンド20センチ。
もうひとつはもう10年以上使っている同じく20センチくらいの両手鍋。

これらに代わる使い勝手のよいものが欲しいな、と。



そして、やっぱり欲しくなってしまったのが圧力鍋。

マクロビのスクールで玄米のいろいろな炊き方を
教わっているのだけれど
浸水時間が不要でもちっとした感じに
炊くにはやっぱり圧力鍋が必要。



ということで、我が家にあるお鍋を眺めつつ
夜な夜な新しく仲間に加えるお鍋探しの旅にでるのでした。



e0140171_23193660.jpg

結局、選んだ圧力鍋はFissler ロイヤル圧力鍋 3.5L

スクールで使っている圧力鍋もフィスラーで
使い勝手がよかったのが決め手。


そして、フィスラーの圧力鍋をあれこれみていたときに
偶然見つけたラッキーなお買い物。

e0140171_2324263.jpg

e0140171_23241030.jpg

e0140171_23242564.jpg

同じくフィスラーの24センチキャセロールと
20センチシチューポットと16センチ片手鍋。

なんとこの3種類が70%offだったので
ひとつ分のお値段で3つ買えてしまったのでした。




さて、ものを増やすときに
セットで考えなくてはいけないのが収納のこと。

http://aquagray.exblog.jp/11346408/

以前の日記で書いたキッチン周りの収納ですが
ここも少し見直しを。

e0140171_23325219.jpg

使い勝手が悪いと言っていた
シンク下、右の扉の中にある備え付けのケース。

これは外すことに。

e0140171_23353630.jpg

そこには、シンク収納ラック ツインスリムという
引き出しタイプのものを持ってきて洗剤や小物をいれることに。

その上に、タッパーや大きなグラタン皿などを乗せています。


e0140171_2337930.jpg

そして、メインのスペースにはもともとあった収納棚を広げて。

とりあえず、新しい圧力鍋&お鍋たちも収まったのだけれど
あまり使っていない大きなお鍋があるので
それを処分するかどうか悩み中。

もう少し、すっきりできるかな。



というわけで、今週から玄米生活へ。


e0140171_23403343.jpg

選んだ玄米は黄金源泉米というもの。
お友達の話などを参考に植物性の完熟堆肥を使用しているものを選びました。


白いごはん命!の娘も抵抗なく玄米に入ることができたので
しばらくは玄米をメインにして
気候や体調に合わせて炊き方やブレンドを工夫していこうと思います。



夜ごはん

e0140171_23501366.jpg

・とろいわしのショウガ醤油漬け
・小松菜のナムル
・インゲンのゴマだれ
・柿とれんこんのカッテージチーズ和え
・野菜スープ
・麦納豆
・玄米




e0140171_23503928.jpg

e0140171_23504893.jpg

・鶏肉と野菜の甘酢炒め
・にんじんとハムのサラダ
・インゲンの胡麻和え
・お味噌汁
・麦納豆
・玄米


Fissler ロイヤル圧力鍋 3.5L
by midori0524 | 2010-02-17 23:55 | インテリア&お掃除 | Trackback | Comments(8)
春を告げる花*LBLE
e0140171_15282447.jpg


今朝、スタバに行ったら
サクラスチームという新しいドリンクが。

ミルクに桜のシロップ。
桜の花のパウダーもふわり。

桜の香りがカラダと思い出をぐるりと巡る。
やわらかいピンク色に包まれる夢心地。


今日の日記はこちらへ。

桜と共に春を告げる花、ミモザのこと。


*春を告げる花
http://slowlife.lble.jp/article/15241558.html
by midori0524 | 2010-02-17 00:07 | LBLE | Trackback | Comments(4)
New moon&Valentine*ロリポップチョコレート
e0140171_194577.jpg

今日はNew moon&Valentine。

太陽と月が重なった頃
好きな人への想いを込めて
チョコレート作りを。

いつもはここぞとばかりに
自分の分を含めて
おいしいショコラティエのショコラを選ぶのが
バレンタインの楽しみでもあるのですが
今年は娘が「好きな人にあげる」ということを
理解しているので簡単なチョコを作ることに。


e0140171_111541.jpg

使ったのはこのバーバパパのロリポップチョコのセット。


e0140171_1133396.jpg

二種類のチョコとロリポップ用の型とラッピング用の袋などがセットに。


まずは、準備を。

e0140171_1144172.jpg

流し込む型にスティックをセットして。


e0140171_1144947.jpg

小さなハートのタルトやアルミケースもきちんと並べて。

一人で作る時は適当に作りながらやることでも
子供と一緒のときはちょっとしたことも
事前にやっておくのがスムーズに進める秘訣。


e0140171_1171054.jpg

テンパリングなしでできるチョコなので
湯煎で溶かしたらあとは型に流し込むだけ。


e0140171_1171946.jpg

とんとん、とならしたらしばし冷蔵庫へ。



e0140171_1185877.jpg

とろんとしたチョコが固まるまで
デコレーションの支度を。


e0140171_1195870.jpg

今回、お店でひとめぼれしたのがこちら。


e0140171_1202633.jpg

カラーの組み合わせがかわいいお花と

e0140171_1204365.jpg

てんとう虫がセットになったシュガーデコレーション。



e0140171_1214440.jpg

他にも星やハートのデコレーションを用意して。

そろそろ、固まったころかしら。






e0140171_1235189.jpg

e0140171_124490.jpg

つやつやのロリポップチョコができあがりました。


e0140171_1244860.jpg

チョコペンを使いながら娘と私で
それぞれデコレーションを。


e0140171_1261569.jpg

e0140171_1263964.jpg

e0140171_1265013.jpg

e0140171_127597.jpg





e0140171_1312619.jpg

出来上がったチョコの中から
お気に入りをチョイスして。


e0140171_1335763.jpg

真っ赤なハートの中には

  パパ いつもありがとう
  パパ だいすき



e0140171_135521.jpg

うれしそうな娘と
少しはずかしそうな主人。


そんな二人の姿を静かに眺めていることが
とても幸せだなと思う
今年のバレンタインなのでした。




糸のようにほっそりとした月が輝き始める。

自分の中に満たしてゆくものを
しっかりと見つめながらおやすみなさい。
by midori0524 | 2010-02-15 01:39 | 星と月 | Trackback | Comments(13)
ちらちらと
e0140171_9461751.jpg

白く光る空から
シュガーパウダーみたいな雪が
ちらちらと舞い降りる。


実家に遊びにいっている娘に電話をすると

 雪が降ってるから 明日お迎えにきて!

と。


実家の雪はもっと沢山降っているようで
雪遊びを夢にみながら
娘は外を眺めてるのだろう。


静かな土曜日がやってきた。

きれいに部屋中を磨き上げて
少しお勉強をしたら
映画でも観に行こうか。

まずは、贅沢な昼間のバスタブへ。

バスソルト+グレープフルーツ+ゼラニウム。
by midori0524 | 2010-02-13 08:00 | | Trackback