日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
花束
e0140171_694459.jpg

今日はお迎えの前にお花を買いました。

小さな鈴のようなかわいいバラを。

揺れたらコロコロときれいな音がしてきそう。



娘は私の顔を見つけるのと同時に
手にしているバラの花束に視線を向けて
うれしそうに駆け寄ってきました。

 お花!
 バラ?
 かわいい!!

 
 ただいま。
 はい、ゆあちゃんに。
 どうしてでしょう。


 お誕生日のプレゼント?
 大きくなってうれしいから?


 大正解!
 大きくなってうれしいからだよ。
 おめでとう。


 結婚式みたいだね。






e0140171_034313.jpg

明日は娘のお誕生日。


自分のうれしい気持ちやありがとうの気持ちを
お花に添えて大事なひとの元へ。

そんなちいさな幸せのカタチが
5歳になる彼女の中に
もうしっかりと根付いていることが
なんだかとてもうれしいことだと感じます。



e0140171_042263.jpg

明日はおやすみをいただいてふたりでTDLへ。

準備もばっちり。

さあ、出発は早いですよ。

おやすみなさい。
by midori0524 | 2009-10-21 00:05 | 子供
美しい言葉
e0140171_2242640.jpg

今日買った本は

江國さんの新刊「雪だるまの雪子ちゃん」。
山本容子さんの銅版画が美しい。

青山七重さんの「かけら」。
川端康成文学賞受賞作。
青山さんの作品ははじめて。
はじめての一冊は少し緊張する。





e0140171_2245881.jpg

金曜日の夜は歓迎会。

銀座からの帰り道
タクシーの中でBRUTUSの話になった。

今号の特集は「美しい言葉」。

自他ともに認める文学少女(立派なママだけど)の同僚が
なかなか面白いというので
週末の楽しみがひとつ増えたことを
うれしく思いながら家路にたどり着く。

日付はもう変わっていたが
主人はまだ帰っていない。

いつも通りのことなのに
ひどく裏切られたような気持ちになる。

自分の帰りが遅い日は
誰かにおかえり、と言ってもらいたいという
単なる酔っぱらいのワガママなんだけど。



外の匂いを早く落としたくて
すぐにシャワーを浴びる。

ミネラルウォーターを手に
やっとソファに沈み込む。

あーーーと両腕を天井に向けて伸ばすと同時に
ただいま、と主人が帰って来た。

例のBRUTUSを手に持って!

おかえりなさい!


さっきまでの裏切られたような気持ちはもう影もかたちもない。

欲しかったものを手にした誰かを
おかえりなさい、と迎え入れるのはいいものだ。





村上春樹文学や甲本ヒロト・ミスチルの歌詞の考察や
著名人が亡くなる前に残した言葉や亡くなった人に贈った言葉。

そして、私にとって意外に興味深かったのが
Twitter のつぶやき。

いまなにしてる?の問いかけに
思い思いに発せられる140文字という限られた字数の世界。

それが、美しい言葉の誕生を加速させているとは!
by midori0524 | 2009-10-18 22:42 | 本&映画&アート
わたしのくまちゃん
e0140171_1263866.jpg

娘の中に住んでいる小さなくまちゃんが





e0140171_1271218.jpg

お人形になってやってきました。






e0140171_1273397.jpg













刺繍よりもこちらの方がやりやすいようで
最初の一針のお手本を見て
あとはひとりでチクチクチクチク。



e0140171_1274772.jpg













私はお耳とお顔のはじまりをお手伝い。
最初の夜はここまでできました。



e0140171_1275971.jpg













次の日は綿を詰めながら チクチクチクチク。



e0140171_1281338.jpg













最後の一針。 出来た!



e0140171_1284879.jpg













お洋服にボタンをつけましょう。
糸はグリーンとの指定です。



e0140171_129847.jpg













はじめてのボタンつけもなんのその。



e0140171_129232.jpg













お顔にからだにお洋服。
あまりにも適当なママ作お洋服は
気になさらずに。


仕上げはママにお任せあれ。

e0140171_021598.jpg













出来上がり。
いらっしゃいませ、わたしのくまちゃん。
名前はパイナップルですって。



e0140171_1294499.jpg













このジグザグな縫い目を見ていると
娘のいろんな姿が重なって
とてもあたたかい気持ちがやってきます。


かわいいね。
あなたのくまちゃん。
by midori0524 | 2009-10-16 05:00 | 子供
アイテムを探す
e0140171_213856.jpg

収納、特にキッチン周りの収納は
そのおうちのスペースや使う人の動線、
そして、テーブルに並ぶ日々のメニューにあった
アイテム選びがとても大事な気がします。

我が家もこの辺りは
毎日使いながら感じる
もっと●●だったらの気持ちをベースに
いろいろなアイテムをチェックして
いくつかのアイテムを取り入れています。


まずは、シンク下の収納から。

ここにはお鍋やフライパンといった調理器具を収納しています。
ちょうど水道の管が通っているところなので
デッドスペースも出やすい場所。



e0140171_21381861.jpg

左1/3くらいは「えつこの収納シリーズ」
シンク収納ラック ツインスリムという
引き出しタイプのもの使っています。

ここには小鍋や小さいフライパン、グリルパン、お鍋の蓋を。
上にはタッパーを乗せています。



e0140171_2138292.jpg

右側は大きなお鍋を。
一番したの隙間にもフライパンを差し込んで。

かなりぎゅうぎゅうのスペースなので
もうちょっとどうにかならないか
もしくは、要らない物はないか。



e0140171_21403843.jpg

さらに、右の扉の中には備え付けのケース。

あまり使い勝手がよくないので
これを取り外してお鍋を置くスペースにするか悩み中。

ちょっと欲しいお鍋があるんです。うふ。
収納場所を確保してからと我慢中です。




e0140171_21415369.jpg

コンロの下は主に調味料とお米入れ。
あとは、ゴミ袋やぞうきんのストック。

ここはせっかくの深いスペースなのに
背の高い物を入れていないので
デッドスペースがもったいないな、と思っていたところ。



e0140171_214211.jpg

ここにはスライド式のバスケットラックを入れて
ラップやワックスペーパなどと
クッキー型入れを収めるようにしています。





e0140171_2142458.jpg

あと、少し入れ替えをしたのが冷蔵庫。



e0140171_21451427.jpg

一段丸まるスペースを使っているワインを
一番高さを低くできる一番上に。



e0140171_21452634.jpg

小さな飲み物は「えつこのクールっこ」という
引き出しトレーに入れるようにしています。
高いところでも取り出しやすくておすすめ。





e0140171_21453915.jpg

そして、真ん中の一番大きなスペース。
ここも背の高いものはあまり入れないことと
毎日必ずある、ヨーグルトや納豆といった小さな物を
効率よく置くスペースが欲しくて
こんな棚を入れています。



まだまだ使っていて気になることが
あちこち残っているので満足度は75点。

年末までには90点くらいまで
すっきりと使いやすくしてゆきたいものです。
by midori0524 | 2009-10-12 21:46 | インテリア&お掃除
運動会

e0140171_821770.jpg

青空に響く歌声
大きな笑顔
一生懸命な姿
止まらない悔し涙


この青空みたいに澄んだ気持ちと
それをまっすぐに表現できること。



目の前の風景の中には
大人になるに連れて
どこかに忘れて来てしまったことが溢れていて
それは、心の奥に染み渡り
感激の涙をぽとりと落としてゆく。


よくがんばったね。

おめでとう。
ありがとう。
by midori0524 | 2009-10-10 22:02 | 子供
小さく分ける
e0140171_0331256.jpg


カトラリーの入っている下の引き出し
箸置きやピーラー、栓抜きといった
キッチン周りの小物を入れています。



e0140171_0332967.jpg

以前は昔から使っていたこのカゴに
入れていたのですが
なぜかすぐにごちゃっとなって。

それを無印の整理ボックスで小分けにしたら
ずっと使いやすくきれいに収納できるように。

ちなみに、このカゴは
キッチンにぎやかアイテム入れとなりました。



小分けにすることでぐんとすっきり度が増すのは
冷蔵庫の野菜室も同じ。

e0140171_03467.jpg

e0140171_0341412.jpg

仕切るだけで
自然とカテゴライズされて
ぴしっと収まるのは
なんとも簡単で気持ちのいいものです。
by midori0524 | 2009-10-10 00:34 | インテリア&お掃除
たのしみ
e0140171_0282789.jpg

寒くなるほど、こっくりとした美しさが増してゆく。おはよう。
by midori0524 | 2009-10-10 00:29 |
くるくるタオル収納
e0140171_0114987.jpg

少し前の週末のこと。

キッチンの食品ストックで使っている
キャトルセゾンのエコルスバスケット
Lサイズを4つ新しく購入しました。


このバスケットになにを入れるかというと
毎日沢山使うタオルたち。

今までは洗面所に近い収納棚に
たたんでそのまま重ねて積んでいました。

ここで気になっていたのがこのあたりのこと。

 ・上から使って、上に洗ったものを積んでいくので
  下半分のタオルをあまり使わない。
 ・全部同じ種類、同じ時期に買ったタオルではないので
  重ねたときの見た目のばらつきがいまひとつ。
 ・娘が畳んで重ねるときにぐちゃっとなりやすい。



というわけで、バスケットにしまうことにしたのです。

その前に、我が家で必要なタオルの枚数。
一日使う枚数に3日分あればOKだと思います。

 ・バスタオル  : 一日3枚 × 3日分 = 9枚
 ・フェイスタオル: 一日4枚 × 3日分 = 12枚

最低これくらいは必要で
かつ、これを遥かに超える枚数は
必要ないかな、と思っています。



e0140171_0122471.jpg

まずは、バスタオル。

四つ折りにしたらくるくるっと丸めて
バスケットへ入れることにしてみました。

これでジャスト9枚。



e0140171_0125852.jpg

お次はフェイスタオル。
パタン、パタン、パタンと1/8サイズに
折り畳んで縦にしまいます。

そのままだとバスケットの方が高くなるので
まずは下にバスタオル3枚分を
ストック&底上げとして入れました。



e0140171_0132897.jpg

これで高さもジャスト!
ちょうど15枚入りました。





e0140171_014264.jpg

残りのふたつのバスケットには
トートバッグやストールなどの小物と
母が来たとき用の着替えや小物が入っています。


見た目も随分すっきりと。



お次はこの棚の一番したの部分にある
デッドスペースを近々片付けたら出来上がりです。

まずは、古いデロンギのオイルヒーターを処分しなくては。
by midori0524 | 2009-10-07 23:14 | インテリア&お掃除
キッチン収納の話
e0140171_23211582.jpg

今日はすっきりしないキッチンの食料品ストックのこと。

缶詰とか乾物とかカレーのルーとか。
そういう細々した物は
キッチン背面の備え付けの上の棚半分にしまっています。


e0140171_23222033.jpg

収納に使っているのはキャトルセゾンのエコルスバスケットSサイズ
100円ショップで買った蓋つきのボックス。



エコルスバスケットは見た目もかわいくてお気に入りなのですが
問題は100円ショップのボックスの方。

気になるのは半透明なので中身が見えてしまうことと
密閉度がいまいちなこと。

そして、やはりいろいろな面で100円の価値なのです。

しかも、マッジクペンで適当に書いたカテゴリーと
中身が合わなくなってしまっているので
娘にマスキングテープを貼ってもらっているし。。。


ここは私しか使わないところ。

でも、毎日必ず目に入る場所でもあって
扉を開く度にこのボックスが
すっきりしない小さなものを心にぽとり。


e0140171_23242572.jpg

中身が見えてしまうこと、については
とりあえず使わなくなったティーマットを
厚紙にぐるりと巻いて
ボックスの一番手前に立ててカバー。


こういうサイズで、取っ手がついて、中身が見えなくて、密閉されるものを
いろいろ探してみたのですが未だに見つからず。

野田琺瑯さんあたりで素敵なストックケースを
出してくれたらとてもうれしいのに。
by midori0524 | 2009-10-05 23:25 | インテリア&お掃除
みんなでお月見ごはん
e0140171_23174344.jpg

今日はまんまる満月。



e0140171_23183722.jpg

私はおいしーい外食希望でしたが
娘のつよーい希望で
いつものベランダごはんとなりました。


でも、いつもと違うのは・・・めずらしく主人がいること。

ここぞとばかりに、主人と娘の二人組に
夜ごはんのお手伝いをお願いしたのでした。


まずは、お月見団子作り。


e0140171_23191422.jpg

娘は主人よりもお料理が出来ると思っているので
(実際にそうかも・・・)
互いにあれこれ指示しあって
あーでもない、こーでもないと
こねて、丸めるだけの作業で大騒ぎ!


e0140171_23195246.jpg

少し静かになったと思ったら
あら、まあ!
きれいなお団子が沢山。

あとは茹でるだけです。


e0140171_23202349.jpg

間髪入れず、お次はいなり寿司。

 破れちゃった!
 意外に(ごはんが)入らないんだよ!
 どうやって閉じるの?
 見本はないの?

こちらも、あーでもない、こーでもない。笑


e0140171_23205677.jpg

それでも、どうにか出来上がりました。



e0140171_23213117.jpg

お団子も飾って


e0140171_23214622.jpg

いただきまーす。





e0140171_23221417.jpg

そよそよと透明な秋の夜風。
遠くで震える鈴虫の声。


今夜は沢山のおしゃべりよりも
静かにゆっくりと
白い月明かりに包まれていたい気分。



そして、一口毎に主人と私の顔を見つめては
にっこりとうれしそうな娘の笑顔に
家族みんなで食べるご飯の大切さとありがたさを
ゆっくりゆっくり噛み締めるのでした。





e0140171_23224384.jpg

お月様はゆっくりと顔を出す。
どこ?


e0140171_23225685.jpg

お月見フラフープ!

by midori0524 | 2009-10-04 23:23 | 夜ごはん