日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
メモ*ストローク
e0140171_22173088.jpg


毎日交わす言葉、差し伸べる手、向ける表情、込める想い。
全てが子供に対するプレゼントだと思う。


子供って真っ白、というか空っぽというか
なにも出来ないし、何も知らない状態で生まれてくる。

当たり前のことなのだけれど
それを実際にやってきた
自分の子供として向き合ったとき
ひどく不思議な気持ちになったことを思い出す。


でも、本当になにも出来ないのかというと
とてつもなく出来ることがあって
それは全てを感じて、全てを吸収してゆくということ。

ゼロの状態だったいろんなことが
毎日毎日変わってゆく。

特にココロの成長は
環境、特に、親が日々与えたものを吸い込んで
出来上がるということは間違いがない。



だから、出来るだけきれいなものを贈りたいと思う。

そして、きれいなものを贈ることのできる人になってもらいたいと思う。






毎日交わす言葉、差し伸べる手、向ける表情、込める想い。

それを心理学的には「ストローク」という。

人間が、心身ともに成長するためには
食べ物と同じように欠くことのできない
愛撫、接触、音などの生物学的刺激のことで
つまり、肌のふれあい、心のふれあい。

これは、子供だけではなく大人になっても
人間は一生、このふれあいを求めて生きて行く。

もちろん、肌を通してのふれあいから
言葉や動作による愛情表現へと変化しながら。

人が社会生活を営む基本的な動機は
ストロークを与えたり、受け取ったりするため。

ただし、子供の頃に親を中心にした養育者から
どんなストロークをもらったかによって
他者に対するストロークの与え方や受け方が決まってゆく。

つまり、人生の態度そのものに
大きな影響を与えることになるのだという。


他の人に対して、もしくは、自分自身に対して
まっすぐなストロークを与えることができない場面に出会う度に
ふと、その中に、その人の中にある
幼い頃から積み重ねられたストロークを思う。

本当に求めているふれあいはなんですか。





ストロークにはいくつかの種類がある。

まずは、陽性のストローク。


肌のふれあいや、肯定的な評価、認めることなど
人にとっての快適なストロークを陽性のストロークという。

沢山抱っこをしてあげて
手をつないで
不安なときには背中をなでてあげる。

おはよう。
よく出来たね。
上手だね。
ありがとう。
大好きよ。

こういうふれいあいという愛情を十分に受けて育った子供は
他の人からの賞賛や承認を素直に受け入れることができるし
自分以外の人や属する集団に与えられる賞賛も
自分の喜びと同じように受け入れることができる。

自分の存在に意味を感じることができる。


さらに、陽性のストロークにも2種類あって
ひとつが、陽性の無条件のストローク。

これは、あなたが大事よ、とか、あなたはすばらしい、とか
その人の行動よりもその人格に対して与えられる
ひもつきでないストロークのこと。

これが、過剰なお世辞ではなく、適切で純粋なものであれば
もっともその人の成長につながるもの。

つまり、無条件の愛。


もうひとつは、陽性の条件つきのストローク。

これは、●●をするから好きよ、とかなにかこちらの利益になることを
含んだり、期待するような場合。

子供のしつけの場面で使われがちな言葉だけれど
いつまでも、こればかり与え続けられていると
徐々にいいことをするのを嫌うようになり
ついには怒りを含んだ反応をするようになるという。

この陽性の条件付きのストロークの中には
●●をしなかったら(出来なかったら)嫌いよ
という陰性のストロークが隠れているからだろう。

私自身ではなく、●●することが大事なのではないだろうか
●●でない自分は価値がないのではないだろうか
●●出来なかったら愛されないのではないだろうか。

そういう想いの中、自分の気持ちや欲求を
抑えるようになるのかもしれない。








そして、陰性のストローク。

叩いたり
つねったり
返事をしなかったり
無視したり
睨みつけたり
責めたり


これは「あなたはだめだ」というメッセージを送るもので
相手を不愉快な気持ちにさせ自信を失わせてゆく。





陰性のストロークを与えてしまう人は
自分自身が陽性のストロークを十分に得られておらず
相手を怒らせたり、心配させたり、あるいは困らせたりしながら
注目や愛情を得ようとする。

陰性のストロークはやがて
対人関係において、
相手の価値を認めなかったり、批判をするなど、
言動と行動の両方の面から
他人を”値引き”する行為と深く繋がっていく。

本当は他人の価値を下げているのではなく
自分自身の価値を下げてしまう行為なのに。

こういった自己破壊的な言動の奥底には
全く注目されないよりは
相手の陰性のストロークを挑発するほうが
まだましだ、という気持ちがある。

愛情の反対は無関心だという。
無関心ほど人の心をおびえさせるものはないのかもしれない。


このストロークの話は先日の自己受容の話とリンクする。
http://aquagray.exblog.jp/10590973




自分の身の回りのストローク。
ちょっと冷静に見てみることも時には大事かもしれない。

子供のストローク。
私のストローク。
あなたのストローク。
by midori0524 | 2009-07-31 00:26 | 子供
にっしょく
e0140171_6241757.jpg


朝起きて、すぐに描いたのは
昨日見た太陽の絵。

 ひゅーってちっちゃくなったの。

水色とグレーの混ざった空の上には
いろんな色の太陽に重なる
いろんな色の影。

カラフルな皆既日食は
きっと子供のココロに芽生えたいろいろな想い。
by midori0524 | 2009-07-23 06:27 | 星と月
New moon
e0140171_2348181.jpg

7/22。

今日は皆既日食の蟹座の新月。

数秘的に見ても22という数字はとてもパワフル。

先日のダブルレインボー。

もうすぐやってくるマヤンカレンダーの一年の終わり。

大きな流れがシンクロしているこの時期。


自分の中では
ずっと手にかけていたスウィッチに
ほんの少しの力を加えてカチンとONに入れるような

もしくは、目の前にあるいくつかの道の上に
ぽつんぽつと落ちていた大きな石のいくつかを
ごろんと道の脇に転がすために
よいしょっと腰をあげるような
そんなイメージがある。


さぁ、あとは簡単。
あなた次第ですよ、と。


それは周りから見て取れる変化ではないけれど
私の中での大事な変化になりそう。

そんな気がするのです。


****



http://archive.mag2.com/0000131552/index.html


 7月22日 11:35 

 蟹座は母性や家庭、家族を司る星座です。
 安定、成長、育成、親密さや慈愛、やさしさ、いたわりも支配します。
 また、経済的な安定や、新たな成長を見守る、といった面も持ちます。
 蟹座の新月に叶いやすい願いは次のようなものです。

 〔願い事の例〕

・私は家族と心を通わせて幸せな家庭を維持しています。
・私はいつでもゆるぎない安心感を持ち続けています。
・私は大いなる存在に護られていることを心から信じられます。
・私は安心して暮らすのに十分な経済力を持っています。
・私はすぐに感情的になってしまう癖を完全に手放しています。
・私はありのままの自分が皆に受け入れられることを知っています。
・私は不安から他人に依存したくなる気持ちを完全に克服しました。
・私は健康な食生活を維持し続けています。
・私は大切な人との親密な関係を健全に築いています。
・私は両親と互いにいたわりあう心の交流ができています。



 これを参考に、あなたのアファメーション・リストを作りましょう。


by midori0524 | 2009-07-22 23:48 | 星と月
ダブルレインボウ
e0140171_1255277.jpg

楽しい時間はあっという間。

夕方、我が家へと戻ってきました。



ポテトチップスやチョコを食べながら
ソファにごろりで映画を観ている主人と娘。

そんな風景を眺めていると
我が家で過ごすなんでもない時間もいいものだ、と思う。

私はちょこっと針仕事。

e0140171_1273043.jpg













今回のプールへ行くために昔の水着を出してきました。
そのときに、水着と一緒に出て来たのが
なつかしいアジア旅行セット。

アジアのビーチリゾートで着るような
ワンピースや小銭をいれるポシェットとか。

その中に、混じっていたのがこのキャミソール。

多分、旅のお供に一度連れて行ったきりで
まだあまり着ていないネイビーのキャミソール。

でも、もう、着ないなぁと思って眺めていたら

  バラのお花にきらきらがかわいい!

との娘の声

e0140171_1271428.jpg













というわけで、肩ひもを少し調整して
娘のワンピースになりました。

かたちもシンプルだし
ワンポイントの柄がちょうどよくかわいい。


e0140171_1283072.jpg

お洗濯も済ませて、ひとりで乾杯。

お腹もちょっぴり減っていたので
あっという間にいい気分。

ベランダで夕暮れの涼しい風を頬に受けながら
どんどん変わってゆく雲のかたちと
その隙間から覗く空の色を眺める。

そして、軽く目を閉じて
ビールのつれて来たふわふわした感じと
自分の中に流れている想いに触れてみる。

なんとも心地よい。



ゆっくりと目を開けて
再び目の前に広がる空を見つめながら

 メッセージをください。
 
とお願いをする。

誰へのお願いなのかはわからないけれど
雲のかたちやなにかの言葉で
メッセージが欲しいと急に思ってしまったのです。


そして、部屋に戻りソファでごろり。

ふと空を見ると、大きな虹!


e0140171_1284977.jpg

わーー、きれい!




e0140171_1291982.jpg

目の前のビルからすーっと伸びた七色の虹は



e0140171_1294164.jpg

大きく大きく空を渡って。

よく見ると外側にも七色の光。

ダブルレインボウ。



虹を見上げると
ココロもすっと上を向く。

そして、笑顔がやってくる。






虹は平和や希望のシンボル。

そして、ダブルレインボウは浄化。

こんなにもはっきりとしたメッセージ。






e0140171_1303665.jpg













そういえば、今日、石を売っているお店で
娘は虹の入った石を一生懸命探して集めていたっけ。

夕暮れの空に広がった大きなダブルレインボウは
娘の連れて来た石たちから飛び出したのかもしれません。
by midori0524 | 2009-07-20 01:30 |
Full moon
e0140171_654951.jpg


今夜は山羊座の満月。



月が真ん丸に満ちた頃
ちょうどPPSの3日間のカリキュラムも終了。


幸せな気持ちをシェアしたみんなで
香りに包まれたメディテーション。

真ん丸のお月様から
最初のひかりのドロップが
ぽとんと、落ちる。

きれいな光のエネルギーが流れてゆき
心地よさにうっとりとする。





ここ半年くらいの間に
いろいろな場所や、たくさんの人から受けとってきた
言葉やひらめきやインスピレーション。

全ては異なるかたちや色や香りでやってきたけれど
新月からは始まったこのカリキュラムの中で
それらはひとつの輪郭をくっきりと表して
私の中でひとつの答えとして満ちてきた。


大切なのは私たちが自分自身の行為へ
どのようにエネルギーを注いでいるか
つまり、どのような想いを持って行うかということ。

●●である、とか
●●をする、とかは
ある意味大きな意思に与えられた義務であって
変えることができないこともある。

でも、それをどのように行うかは
すべて自分次第で
よい行いとはその中に生まれるのだと思う。





帰り道。
表参道の交差点で空を見上げる。

どんどん流れてゆく雲の隙間から
満月の青白い光が落とす不思議な陰影。

ふと、ここ数日いろいろなかたちで繰り返しやってきた

  自分の幸せは 自分の責任にある

という言葉が浮かび上がる。




想いはエネルギーだから
想ったことがかたちとなってやってくるのは
とても自然なことで
どんな想いを込めるかは全て自分次第。

自分にしかできないし
自分にしかわからないこと。



幸せなエネルギーを全ての行いの中に。



e0140171_6147100.jpg

by midori0524 | 2009-07-07 21:46 | 星と月
ベランダで夜ごはん
e0140171_23152481.jpg
明日は七夕。


  ベランダでお月見ごはんしよう!

という娘の提案で、一日早い七夕ご飯を楽しみました。


e0140171_23153669.jpg

いつもの花籠に好きな色紙を。
娘は水玉、私はグリーン。



e0140171_23155645.jpg

おかずはどうしましょう。
とりあえずちょっと楽しくかわいく。
お星様のかたちにしたり、ピックで刺したり。





e0140171_23162618.jpg

おにぎりは、それぞれ自分で作ります。
娘のおにぎりは・・・


e0140171_23164050.jpg

「ちゃ〜〜〜ん」
子連れオオカミ!?!?笑









e0140171_23172179.jpg

キャンドルを灯して



e0140171_23175280.jpg

さぁ、出来ました!







e0140171_23181623.jpg

・にっこりおにぎり
・鶏手羽のマーマレード煮
・ころころコロッケと枝豆ピック
・キュウリの生ハム巻き&チーズ
・とうもろこし
・ほうれん草のごま和え&お星様にんじん
・スイカ





そよそよと流れる風が心地いい。

ごろんとしたくなる気持ち、よくわかります。








e0140171_23192565.jpg

きれいな夕暮れのブルーの空には
いつの間にか夜のカーテンが降り
まんまるのお月様がにっこりと白く輝いていました。






e0140171_23194062.jpg

ごちそうさま、の後もお月様をゆっくりと眺めて。





e0140171_23195948.jpg

七夕飾りにもまんまるのお月様がぶらり。



明日の夜空にもきれいな天の川と満月が輝きますように。
by midori0524 | 2009-07-06 23:20 | 夜ごはん