日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
神様の貯金
e0140171_23511617.jpg

昨日のお迎えの時、雨が降っていたので
自転車は駅に置いたまま。

気持ちのいい日差しの中
娘と手をつないで保育園に向かう。

お迎えの時に先生が

  お片付け手伝ってくれてありがとうね。

と娘に声をかけていたので

  先生のお片付け、手伝ったの?
  えらかったね。

と話をする。


  くわがたさん(年長さん)とゆあでお片付けしたの。
  他のちょうちょさん(娘のクラス)はしないの。
  お片付けしよう、っていってもしないんだよね。
  なんでかなぁ。

最近、自分自身の話とともにお友達の言動について
思うことをいろいろと口にするようになった。

4歳にもなると自分の中の価値観というか
なにが正しいのかなにがよくないことなのかが
はっきりとしてきている。

でも、その自分の中の想いとは
反対の言動が周りで行われることに対して
単純に疑問に思うらしい。


 お絵かきをしていたら絵をぐちゃぐちゃっとされたり
 おままごとのごはんをぽいっとされたり
 

大人からすると同じ4歳でも
ココロの成長は様々であることや
ちょっと意地悪なことをしてみたい気持ちが
先に立つお年頃の子がいることや
個性というものがいろいろなかたちで現れることが
分かるのだけれど

彼女からすると理不尽と思うことが
小さな世界でいろいろと起きているようだ。


そんな話があったときに気をつけているのは
周りのお友達のことを悪く言わず
まずは、ただ、その事実を一緒に受け止めてあげるということ。


 そうなんだぁ。
 ゆあは困っちゃったよね。
 なんで、●ちゃんはそういうことしたんだと思う?


 うーん、わからない。


 ただ、意地悪なことしたい気持ちだったのかもね。
 まだみんな小さいから
 上手に人に優しくできないこともあるんだろうね。
 ゆあもいけないと思っていてもしちゃうことあるでしょ。
 ●ちゃんもだんだんと人にやさしく出来るようになると思うよ。
 でも、いやなことはやめて、って言うんだよ。




そして、こんな話をしてあげた。


 ゆあはいつもママのお手伝いをしてくれたり
 保育園でもみんなにやさしくしてくれるよね。
 そういう、相手のことを考えていいことをしたり
 お片付けとかきちんとしていると
 神様のお金が貯まっていくの。
 神様のお金っていうのは幸せのお金で
 いつかゆあが大きくなって困ったことが起きたときに
 神様がその幸せの貯金を使って助けてくれるんだよ。
 だから、いいことをちゃんとやっていれば
 絶対に幸せになるんだよ。
 

小さな娘の中にちっちゃな種がぽとんと落ちたようで
すっきりとした顔で笑ってくれた。

 ママもいい子だから、神様が守ってくれるね。







ひとつひとつの行動について
こうしなさい、ああしなさい、というよりも
自分の行動のベースになっている
大事な想いを伝えることが大事なのだと思う。

その想いは彼女の軸となり
しっかりと地に足をつけ、しっかりと考え
自分の力で次の一歩を決められるようになるはずだから。



子供を通して
あらためて見えてくる。

大事なことはそんなに沢山はなくて
とてもシンプルなことばかりだということが。
by midori0524 | 2009-04-22 23:52 | 子供 | Trackback | Comments(6)
戦う娘 戦う私
e0140171_165317.jpg














今年は無事に乗り越えたぞ、と思っていたけれど。

季節外れのインフルエンザ。

がんばれ、がんばれ。



ひたすら眠り続ける娘を横目に
暇を持て余す私。

お天気のいい休日。
家事は一通り終わって・・・さて何しよう。


とりあえず、娘の服を整理。

下着とパジャマとカットソーを
クローゼットから取り出してサイズの確認を。

ワンシーズンの中でもはじまりとおわりでは
着られなくなる物がちらほらでてきたりする。

子供の成長って素晴らしい。


  95センチ。もう小さいなぁ。
  ぎょぎょぎょ!80センチのものが、なぜ、いま、ここに!?
  あ〜、これ、ほとんど着なかったな・・・


小さな袋ひとつ分
もう着られない物が出てきました。

これらはちょきちょきはさみで切って
お掃除用布のカゴへGO。

大きくなったなぁと少し切ない気持ちとともに。
ちょきちょきちょき。



お天気がよかったので
ベランダや玄関、ポーチ周りを
この布でごしごしごし。

普段プラスαのお掃除はなによりも心がすっきりとする。

だって、やらなくちゃって心の片隅で
ずっと思っているんですもの。

見て見ぬふりは心が汚れますもの。





読みかけの本も読み終えて
さてはて、本当にやることがない。

こういうときは、ネットで気になるものを調べまくります。

 新しいタオル
 娘の夏服
 ゴミ箱
 きれいな石のネックレス
 娘とお揃いのスニーカー
 母の日のプレゼント
 主人のお誕生日プレゼント


娘の夏物でいいなぁと思ったもの。

e0140171_20395510.jpg













e0140171_2041055.jpg













e0140171_20401843.jpg













e0140171_20402742.jpg













子供のワンピースって
どうしてこんなにもかわいいのだろう。

ちっちゃなワンピースを手にするとき。

もう、それだけで女の子のお母さんで
よかったなぁと思ってしまいます。



お次は私のサンダル。

一気にあたたかくなった先週から
素足&サンダルにシフト。

去年に引き続きエスパドリーユが今年もかわいい。

実際の履き心地も含めて。



特にCalzanorの サンダルはお値段もお手頃で
気に入っていたのでこちらをリサーチ!

ベーシックなブラウンかブラックかネイビー。
あとは、アクセントになりそうなもの。

いくつかの候補の中から2足選ぼうと
PCの前でうんうん唸る。

 ブラックとネイビーは似ているからどちらかでいいけれど
 同じベーシックでもブラウンは全然違う雰囲気。

 だからこれはこれで欲しい。

 そうすると、これでもう2足。

 アクセントになるのは我慢する?

 いやいや、3足買っちゃう!?

 うーーーん。

 いや待てよ、いつも少しずつ買い足して
 結局は何足も買うのだから
 まとめて買ってしまった方が
 買っちゃった意識がついて
 お買い物をセーブできるのではないか。

 うーーーん。


インフルエンザと戦う娘の横で
私の戦いの相手はザ・物欲。

ごめんねー。

e0140171_20423785.jpg













e0140171_204232100.jpg













e0140171_20424625.jpg













しかも、負けました。




娘のお熱はただいま41度。

きっと明日には勝てるはず。
by midori0524 | 2009-04-12 20:43 | 子供 | Trackback | Comments(7)
夏のはじまり
e0140171_167663.jpg

桜色の風景があっという間に移り変わる。

木々が芽吹いて、鮮やかな緑色になる梅雨までの季節。

e0140171_16191882.jpg

グリーンの濃淡が創り出すコントラストの中には
静寂や自分自身のスペースや真実が見え隠れする。

沢山の気配に少しそわそわしていた気持ちも
クールダウンして自分の真ん中にすとん。


e0140171_18453080.jpg














大好きな季節がやってきた。










季節の移り変わりとともに
春を飛び越して夏へと飛んでゆくのは子供の服。



e0140171_16245913.jpg

この頃、お迎えに行くと半袖一枚で飛び回っている。

ついこの間まであったかいコートを着ていたのにね。
by midori0524 | 2009-04-12 16:41 | 季節 | Trackback | Comments(0)
クッキー
e0140171_15573635.jpg

娘の手作りクッキー。


e0140171_164672.jpg

ちっちゃくて、ちっちゃくてかわいいのです。
by midori0524 | 2009-04-12 16:04 | おやつと飲み物 | Trackback
今、ここ
e0140171_083879.jpg


薄紅色の西の空を追いかけるように
東の空から深い深いブルーのカーテンが広がる。

目の前を横切る風の中に
はっとするような香り。

ふわりと軽やかな花の香りと
沢山の気配を含んだそれは
春の夜の特別な空気。


目を閉じてその香りを深く巡らせてゆく。
カラダとココロの隅々にまで。





春は好きだけれど少し苦手だ。

たくさんのやるべきこと
気になることに
なんだか押しつぶされそうになる。


そんな想いと共に思い浮かんだのは

オーラソーマの色彩の言語について
学んでいたときに出てきた言葉。


  不安や混乱とは
  自分が未来にいること

  今、ここに
  自分がいないこと





確かに。


自分が未来にいることと
今ここに自分を置いて未来を思うこととは
ありかたが全く異なる。


今ここに自分がいれば
次にすべきことが
クリアに見えてくる。

しかも、小さな、手の届くかたちで。

そして、それが繋がって
未来に向けての道になる。


自分が未来にいると
すべきことがぼんやりと大きなものに思えて
手を伸ばしてもつかめないような
そもそもどこに手を伸ばしたらいいのかも
わからなくなる。



こうなりたい
だから
こうしよう。

未来をかたちにするとは
こういうことなのかもしれない。





e0140171_6273766.jpg













目を開けると
ぽっとまんまるのあかり。

今日は満月。

あと一滴で満ちる月。


今、ここ、をしっかりと照らしてくれる。


大事なメッセージ、受け取りました。
by midori0524 | 2009-04-10 00:09 | | Trackback | Comments(3)
ハルイロ*馬事公苑

コートを脱いで馬事公苑へ。


e0140171_20433893.jpg

目に入る全ての風景が桜色。





e0140171_2045361.jpg

春の香りをたっぷりと含んだ風が
花びらを揺らす度
きらきらと銀色に花が光る。

薄い水色の空に包まれながら。




e0140171_2044611.jpg

折り重なるハルイロ。

何度もその美しさに
はっと息を飲み、足を止め

何度も大きく息を吸い込んで
春の彩りを体中に巡らす。



e0140171_20465294.jpg



e0140171_20522033.jpg
e0140171_2051053.jpg
e0140171_2051971.jpg
e0140171_20524478.jpg
e0140171_2052543.jpg
e0140171_2053320.jpg
e0140171_20531238.jpg
e0140171_20532071.jpg
e0140171_2055185.jpg




こちらのハルイロも美しい。
e0140171_20595039.jpg
e0140171_20595780.jpg






















http://www.jra.go.jp/bajikouen/index.html
by midori0524 | 2009-04-06 21:00 | 季節 | Trackback | Comments(0)
涙をながす
e0140171_2325228.jpg

今日から4月。

娘は4歳児クラスになり
いくつかの変化を迎えた。

ひとつ上のお姉さんのクラスの教室が自分たちのクラスになり
下駄箱の場所も変わって
自分のマーク(下駄箱とかに貼られるシール)も
ラクダさんからチューリップのお花になった。

こういった変化は少し前から分かっていて
ちょっと楽しみだったこと。


もうひとつの大きな変化は
一年間お世話になった先生が
この4月から他の園へと異動になったこと。

異動のことが発表になった金曜日。

娘に

   ●●先生、他の保育園に行っちゃうんだって?
   

と声をかけると

   知ってるよ。
   違うバスに乗って新しい保育園に行くんだよ。
   先生、言ってたもん。

となんだか楽しそうに答えた娘。



   さみしいね。

との私の声は彼女の耳に届かなかったのか
ぱーっと門に向かって走って行ってしまった。





夜、お風呂に入っている時のこと。


昼間の娘の様子が少し気になっていた。

心の中に膨らんでいるものを
そのままにしておいていいのだろうか。


   先生いなくなっちゃうの寂しいね。
   ゆあは、寂しくないの?


パシャンッ!

娘は水風船がはじけたように
わっと泣きはじめた。

わんわんと大きな声と共に
沢山の涙を流し続けた。

悲しい悲しいと体中で叫び続ける
娘をぎゅっと抱きしめる。

湯船の中でゆらゆらと
ひとつになるまで抱きしめる。


涙の止まらない娘にゆっくりと言葉をかける。


   こういう涙は流してもいいんだよ。

   先生がいなくなるのは寂しいよね。

   寂しいって思うのは先生のことが大好きだったからだし
   寂しいって思うのはやさしい気持ちと同じなんだよ。

   だから、こういうときは我慢しなくていいの。

   寂しい、って言っていいんだよ。

   悲しくて、泣きたくなったら泣いてもいいんだよ。

   ぎゅっと我慢していると
   ゆあの心の中に涙がたまってしまうからね。




お風呂から出てからもしばらく泣いていた娘。

   涙でカラダのお水が出て行っちゃったから
   りんごジュース飲もう。
   ママと一緒に飲もう。

の言葉ににっこりと小さな笑顔が戻る。

そして、すっきりとした瞳で
ほんの少しだけどこか遠くを見つめた。


   ママ、まだ少しだけカラダの中に涙があるよ。






寂しいという言葉も感情も、娘は知っている。

でも、今まで経験のしたことのない寂しさや悲しみが
ぎゅっと胸の真ん中の奥深くに湧いてきたとき

それが自分の知っている「寂しい」と
同じものだということが
分からないこともあるのかもしれない。

ぼんやりとしたそれは
なにか悪いもののようで
誰かに見せないように
自分も見ないように
と思っていたのかもしれない。


時には親がその膨らんだ気持ちに
小さな針を刺して
パシャンッと割ってあげることも

その気持ちを言葉にして
流してあげることも
必要なのだと思う。


それと同時にこれからもっと
大きくなっていった時のことを思う。

手を差し伸べるよりも
ただただ見守るということが
親のすべきことになってくるのだろう。

それはとても難しいだろう。

でも、ベースに流れる想いは同じはず。
そして、その想いはなくさないように。
by midori0524 | 2009-04-01 23:27 | 子供 | Trackback | Comments(0)