日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
こどもの絵*3歳9ヶ月

うさぎ、くまさんあたりがいつも描いている動物。
今日はいろいろな動物を書いてみるね、とお絵かきがスタート!


e0140171_12452012.jpg

キリンライオン?
ライオンキリン?




e0140171_12454433.jpg

ぞうさん。



   
e0140171_12461374.jpg


e0140171_12461924.jpg

いつもの絵と同じようだけれど・・・

「ママ、お耳って穴があいてるの知ってる?」

おぉ~~~小さくて大きな進歩です。






e0140171_12474612.jpg

月と太陽。

黄色と黒を反転させたような絵がなかなかよいと思う。



主人にこの絵たちを見せたら


 今、動物園に行くといいんじゃない?
 絵をみて絵を描くよりも
 実物を見ながら描くのがいいと思う。
 じっくり見ると面白いはずだから。


ふむふむ。確かに。

それに、私の絵と娘の絵。
そろそろ同じレベルですから。。。。





金曜日から三日間、実家の夏祭り。

急遽、明日から娘はまたまた実家へひとり旅。


とてもうれしそうな娘に

  ママ、ひとりぼっちになっちゃうと少し寂しいなぁ。

  
はっ、とした顔で少し考える娘。
余程さみしげな私の姿を想像している様子。
でも、返ってきた言葉は、


  そういうこともあるよ!



そうきましたか(笑)!



  ママ、会社から帰ってきたらひとりぼっちだし
  ごはんもお風呂も、眠るのもひとりかぁ。
  どうしよう。


  そうだ!会社から帰ってこなければいいんじゃない?


  (ぎょぎょぎょ!)
  えぇ~~。ママ疲れちゃうよ。


  じゃぁ、お友達が来ればいいんじゃない?
  でも、お友達っていやだよね。
  すぐに帰っちゃうから。


  そうだね。
  ちょっと寂しいけど、我慢するね。


  うん。
  ママも一緒に連れて行ってあげてもいいんだけど
  お仕事しなくちゃいけないんでしょ。
  仕方ないよ。
  また、すぐに帰ってきてあげるから
  お仕事頑張ってね。


  は~~~い。
by midori0524 | 2008-07-30 12:49 | 子供
サーモンのパン粉焼き
e0140171_12382350.jpg



e0140171_12385970.jpg


夜ごはん。


・サーモンのパン粉焼き 野菜コーンクリームソース
・エリンギとトマトとハムのマリネ
・キャベツとごぼうとお豆のサラダ
・枝豆
・麦納豆
・わかめと卵豆腐のスープ
・ごはん



エリンギはさっと炒めて
オイスターソースとだし醤油で味付けを。

トマトとハムを加えて
オリーブオイル、りんご酢でマリネ。

作り置きがおいしいマリネは
働く母の力強い一品です。
by midori0524 | 2008-07-29 22:37 | 夜ごはん
アフタヌーンティーをたのしむ
ひとつ前の日記の続き。

e0140171_12175150.jpg

ごはんのあと、ぶらりする元気もなくて
駅に向かう途中trainchiだけちょっと立ち寄って
ナチュラルプレンティという
100円ショップのかわいい版みたいな雰囲気のお店で
娘のおままごと用雑貨をお買い物。

その中で、一番のお気に入りがこちら。

さぁ、なんでしょう?



e0140171_1220473.jpg













組み立てるとこんな感じに。




始まったのは、アフタヌーンティーごっこでした。


e0140171_1221368.jpg

ちょうど、ここ一週間くらい
ふわふわねんどで作ってきた
パンがかごいっぱいにあるのです。


e0140171_12235286.jpg













「ドーナツとサンドウィッチとお花のパンをくださいな。」

オーダーどおり、スタンドのお皿に
パンやケーキを並べていきます。












e0140171_12254055.jpg
    e0140171_12272140.jpg














「はい、出来上がりました。 」

「飲み物は、紅茶にしますか?コーヒーにしますか?」











e0140171_1232655.jpg

うわーーー、おいしそう!
いただきまーす。

紅茶のおかわりはいかがですか?
おねがいしまーす。

もうひとつ、サンドウィッチをいただいてもいいですか?
どうぞどうぞ、まだ沢山ありますから。



大げさに喜ぶほどに
沢山おかわりするほどに
うれしいたのしい
アフタヌーンティーごっこなのです。




さぁ、そろそろ片付けて夜ごはんにしようね。

と声をかけると手をぱちんと叩きながら

「あっ、いいことを思いついた!」



このフレーズ。
本当にいいことを思いついたときと
今の楽しい時間を引き延ばしたいときに
彼女がよく口にするのです。


「夜ごはんもこれに乗せてアフタヌーンティーにするといいんじゃない?」

今回は両者のようです。



じゃぁ、おにぎりを作ってくれる?
それをこれに並べて食べようよ。

というわけで





e0140171_12331025.jpg

こんな夕食になったのでした(笑)。


・娘作 アフタヌーンティーセット風おにぎり
・アスパラガスの豚肉巻き
・ささみときゅうりのエスニックサラダ
・ホタテとトマトのカルパッチョ
・お味噌汁
by midori0524 | 2008-07-28 06:00 | 夜ごはん
こどもの後ろ姿

e0140171_2594549.jpg


「今日はどこにいくの?」


ごちそうさまとともに
娘の口から飛び出す言葉。


どこに行きたいの?

えーーーっと、ドーナツが食べたい!


e0140171_301832.jpg

外の暑さを考えると
家でじーーーっとしていたいのだけれど
久しぶりに私もおいしいドーナツが食べたい!と
食いしん坊親子はじりじり強い日差しの中
自由が丘までびゅーーーーん。


駅から5分くらいの場所にある
DOUGHNUT PLANT

ゆったりとしたカフェも
併設されていて居心地のいいお店。


そろそろお店が見えてくるよ〜〜
いい匂いがしてくるはず〜〜

と指さした先は・・・がらーんと寂しい雰囲気。





e0140171_303459.jpg

!!!!!!
えぇ、まさか!





e0140171_302670.jpg

ママ、ドーナツは??




e0140171_304464.jpg

くるり!回れ右!
で、 ジュノエスクベーグルへ。
似たような形のベーグルで
我慢してもらうことになりました。



ベーグル屋さんへ向かう道のり。

強い日差しとずっしりまとわりつくような湿度の高い空気。

ほんの10分くらいの道のりでも
暑い暑いとしか言葉にならず
大人でもなんだか気分が悪くなる。

小さな娘はさぞかし辛いだろうと
つい声をかけてしまう。

「だっこしようか?」
「どうしてだっこするの?歩けるから大丈夫。」

「ドーナツ屋さん、やってなくてごめんね。せっかく来たのにね。」
「ママが悪いんじゃないから、謝らなくていいよ。大丈夫。」

少し前まで
本当に歩くのがきらいで
すぐに抱っこ抱っこと
言っていた娘なのに
いつからこんなにも
しっかりと自分の足で歩き始めたのだろう。

そして、こんなにも優しい言葉を
当たり前の様に口にするようになったのは
いつからなのだろう。


彼女の大きな変化は
あまりにもさりげなく私を飛び越えていて
その後ろ姿でしか追えないことが
少しもどかしく
そして
うれしくもあるのです。

子供の成長に対する切ないほどのうれしさ。

親になって得られる一番の宝物なのかもしれないと
きらきら眩しい日差しと娘の笑顔を見ながら思うのでした。
by midori0524 | 2008-07-28 03:12 | 子供
ブドウジュース
e0140171_3313628.jpg

「ママ、見て!ブドウジュースみたい!!」


一度こっくりとした
ピンク色とオレンジのマーブルに染まった後
グレーの夕闇に変わる瞬間に表れた
不思議な色の夕暮れ。




e0140171_331466.jpg

本当だ。

一緒にベランダから見上げた空は
ブドウジュースの入ったコップを
倒してしまったよう。


倒れたコップはそのままに
広がる色を味わいたくなる。
by midori0524 | 2008-07-28 01:33 |
和風ポトフ
e0140171_5335254.jpg


e0140171_533421.jpg

今日の夜ごはん。

・鶏手羽とレンコンの黒酢煮 モロヘイヤと
・くずし豆腐 きゅうり、みょうが、トマト
・枝豆
・和風ポトフ
・炊き込み五目ごはん
by midori0524 | 2008-07-24 23:32 | 夜ごはん
こどものおもうこと
e0140171_12143912.jpg


土曜日。

実家へお泊りに行っていた
娘のお迎えの前に代官山へ。

電車から降りたとたん
体にまとわりつくような暑さに 負けそうになり
涼を求めて駅前のモトヤエクスプレスでアイスコーヒーを。

ここのコーヒーはもちろんおいしいのだけれど
お気に入りはミルクにあんこが入っていて
上にたっぷりのきなこがかかっている十番という飲み物。

寒い冬、特に恋しくなります。



しゃらんしゃらん。
汗をかいたカップの氷をならしながら
向かったのはいつものヘアサロン。


久しぶりに髪をあごくらいまでカット。






頭も気持ちも軽くなった帰り道
パタシューのショップ、
マトリョーシュカに立ち寄る。

ここのワンピース。

もじもじしたくなるほどかわいいのだけれど
1万円ともなると子供の普段着としてはかわいくない。

でも、ちょうどSALE!ということで
かわいい!かわいい!を心の中で叫びながら
いくつか手に入れてきました。





e0140171_12201859.jpg












柔らかい天竺のトップに
レース使いのスカート部分。
スモーキーなパープルが甘すぎずかわいい。



e0140171_12204541.jpg

                    シンプルなラウンドネックのタックワンピース。
                    ヌーディーなベージュも私好みで
                    本当は自分が欲しいデザイン!



e0140171_12211414.jpg












ジョーゼットのキャミソールワンピース。
これがかわいい!


e0140171_12213564.jpg

                    きれいなラメが所々にきらきら。

                    一枚で着たら女の子らしい雰囲気だし
                    ジーンズに合わせてもかわいい。




e0140171_12215439.jpg













色違いのブラウンも。














GAPでも保育園用の服を。


e0140171_12221772.jpg


そうそう、去年の水着が少しきついと
いっていたっけ。

水着も忘れずに買いましょう。




娘が家に帰ってきた日。

   新しい水着を買ってきたよ。
   着てみようか。




水着を見せると様子がおかしい娘。

なんだかちょっともじもじ。

ん??と思いつつも
水着を着せてみると

 
   ママ、これ保育園に持って行くの?

   うん。そうだよ。
   水着小さくなっちゃったでしょ。

   ママ、この水着はおうちのベランダのプールで着るから
   保育園には持って行かなくていい?



え~~~気に入らないの!?と一瞬思ったのだけれど
彼女の手はビキニの胸を押さえている・・・。

あぁ!

  
   ビキニ恥ずかしいの?

   うん。なんでこの形なの?
   なんでおへそ出ているの?
   ママのと同じでいいの?
   先生に怒られちゃうんじゃない?



どうやら、私の下着と同じ形のビキニを見て

「え~~、なんでママの下着と同じなの!!!!」

ととてもびっくりしてとまどってしまったようです。

去年も一昨年もビキニは着ていたのにね(笑)

それだけ、いろんなことを考えるようになったのでしょうか。








最近、彼女はコミュニケーションの階段を
またひとつのぼった感じがします。


自分が思うことをしっかりと説明するように。
相手の思うことをしっかりと考えるように。



今朝、玄関を出るときに
私が自分のバッグと娘のリュックとプールバッグを持っているのを見て

「プールバッグ持つね。リュックも持つよ。
 だって、そうしたらママは楽ちんでうれしいなって思うでしょ。」

と大きくうれしそうに微笑む彼女。


うん、うん、うれしい。

こんな風に相手の気持ちを思うことができることが。
こんな風に相手の喜ぶことをうれしいと思えることが。



当たり前なのだけれど
彼女が口にすることは
私が今まで繰り返し口にしてきたこと。

沢山のありがとうとうれしいと共に
具体的にどううれしいのかを伝えてきたことが
こんな風に相手を思いやる気持ちを
育てるのだなぁと身にしみて感じる今日この頃。

想像力は自然に身につくのではないということを
改めてきちんと意識していきたいと
しみじみ思うのでした。
by midori0524 | 2008-07-24 00:13 | 子供
弦巻茶屋*桜新町 oishii
e0140171_913504.jpg


月が満ちた昨日の夜。

しっとりた夕暮れの空気の中に
ぽとんと月の雫が広がったような
素敵な場所でおいしいごはんを楽しみました。




静かな住宅街。


e0140171_9141969.jpg

細い細い路地を歩いてゆくと
ほんのりとした灯りに照らされた看板が寄り添う
古い一軒家に辿り着く。




e0140171_9153252.jpg

今ではあまり目にしない
ゆったりとしたお庭に
木造の日本家屋。

大きな窓ガラスから溢れてくる灯りと
夕暮れの薄いグレーの暗闇との
コントラストが心地よい。





e0140171_9162436.jpg

こんばんは。

がらがらと懐かしいガラスの引き戸を開くと
そこにはモロッコランプの光と陰に満ちた
不思議な世界が広がっています。





e0140171_9165688.jpge0140171_917770.jpg












e0140171_9171743.jpge0140171_9172693.jpg












e0140171_9173876.jpge0140171_9174722.jpg















e0140171_918423.jpgスペイン料理とモロッコ料理のお店。 
「弦巻茶屋」。

http://www.tsurumakijaya.com










主人の事務所の近くということもあり
彼とアシスタントの男の子も合流して
お友達と4人で賑やかな時間を過ごしました。



モロッコの家具とランプが
日本家屋に不思議なくらい溶け込んでいて
なぜかほっとするその雰囲気は
誰かの自宅に招かれているかのような
気分にさせてくれる。

集まるお客さんを眺めていると
若いおしゃれな女の子たちから
すてきな年配のご夫婦や
にぎやかな家族連れ。

みんなくつろいだ大きな笑顔で
この素敵な空間に溶け込んでいるのは
昔家族と暮らしていた懐かしい実家とか
夏休みに遊びに行ったおじいちゃんの家
なぜかほっとする大好きだった場所の思い出と
どこか重なるところがあるからでしょうか。

心の奥に眠るそんな穏やかになる思い出と
おいしい食事を味わう場所なのでした。


e0140171_9243911.jpge0140171_9245849.jpg












e0140171_925123.jpge0140171_9252875.jpg














デザートにお願いしたのは「大人のシャーベット」。

どこが大人かというと
ゆずのシャーベットに
目の前でcavaをたっぷりと
注いでくれるのです!

おいしい。


ごちそうさまでした。
by midori0524 | 2008-07-19 09:28 | 外ごはん
前菜ふたつの夜ごはん
e0140171_21202490.jpg




ぽっかりと空に浮かぶまるいお月様。

家について眼鏡をはずしている私には
満ちている途中の歪んだ月もまんまるに見える。

灯りが滲んでこぼれ落ちそう。

視力が低いからこそ浸ることの出来る
この曖昧な風景が心地よい。


今日はひとりごはん。

いつもよりもゆっくりと深い色味に変わってゆく
窓の外の風景を味わってからキッチンへ。






e0140171_5465148.jpg
















今夜は簡単なものをシードルと一緒に。




e0140171_605356.jpg

サバのラビゴットソース。

姉からもらった本家留蔵というお店のもの。


酸味の効いたフレンチドレッシングにたっぷりの香味野菜が
暑いこの季節にぴったりのラビゴットソース。

そこに蒸したサバをマリネ。
少し生臭いのかな、と思ったのだけれど
臭みはまったくなくとてもおいしい!


e0140171_21324758.jpg

トマトのみじん切りとチャービルを広げた
お皿にのせるときれいなひと皿に。




e0140171_632477.jpg

生ソーセージとレンズ豆の煮込み。


先日、姉のお店でいただいておいしい!と
叫んだお料理を早速試してみることに。

レンズ豆を野菜ブイヨンでことこと煮込み
すこーしだけお醤油をたらして
塩で味を調えるだけのシンプルなもの。

生ソーセージを加えてさっと火を通したら出来上がり。

レンズ豆は火の通りも早いので
普段のテーブルにも使いやすい。




どちらも簡単でおいしくて
おもてなしごはんの前菜にぴったり。

だれかと一緒にたべたいなぁ、なんてことを思いつつ
しっかりとした前菜ふたつで満足の夜ごはんでした。
by midori0524 | 2008-07-16 06:16 | 夜ごはん
こどものつくるもの*3歳8ヶ月
毎日保育園から帰ってきたあと。

夜ごはんを食べて
一緒にお片付けとお掃除をしたら
遊びの時間。


保育園で新しく覚えてきたことをお披露目したり
私と一緒に何かをするということをただ楽しんだり
保育園で遊ぶこととは少し違う
この時間は彼女にとっても私にとっても
一日のうちでとても大事な時間。

最近はお絵かきや粘土遊び
紙とはさみとテープでちょきちょきぺたぺた
何かを作ることが一番楽しいこと。



最近作ったものメモ。

e0140171_6405490.jpg

お花畑の中にいるくまちゃん。

カラフルなお花がいっぱいで
こんな世界に彼女が身を置いているのかなぁと
思うととてもうれしくなる一枚の絵。







e0140171_6451413.jpg

つぶつぶ粘土に初挑戦。
といっても、青と黄色の2色しか買ってあげなかったので
混ぜ混ぜみどり色を作って3色でトライ。

出来上がったのは怪獣・・・?


e0140171_6454589.jpg私がしっぽととげとげを付けてあげたら
「ママ、いいんじゃない?」
とお褒めのお言葉。
















e0140171_12102882.jpg

レースペーパーとメンディングテープ。


e0140171_12104596.jpg


彼女の手にかかるとおいしそうなケーキに。
by midori0524 | 2008-07-13 06:41 | 子供