日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
さくらんぼ 夜の雲 娘のバッグ 3歳のまま
月曜日

e0140171_2340931.jpg

主人の実家からうれしいお届け物。



e0140171_23402161.jpg

つやつやのジュエリーみたいなさくらんぼ。



e0140171_23403282.jpg

ふたつ並んだ姿がこんなにもかわいいものって他にあるかしら?






e0140171_2342711.jpg

保育園からの帰り道。

ぽってりと雨を含んだグレーの雲が
いつもよりもずっとずっと近くに迫ってくる。

雲が落っこちてきちゃうよ。

と空に両手を突き上げて
雲の天井を支える娘のおかげで

ぽつりぽつり雨が落ちてきたのは
今夜のごはんがテーブルに並んでから。



e0140171_23413340.jpg

・豚肉とキャベツの味噌炒め
・ジャガイモのカリカリ焼き しらすのりをぽとん
・ニンジンと小松菜のナムル
・五目豆
・麦納豆
・シチュー
・ごはん





火曜日


e0140171_23425498.jpg

夜の雲。

明るい月の光のヴェールが夜空を包むと
雲もブルーグレーの光を放ち
幻想的な世界を作り出す。

夜の雲を眺めていると
心の中に静寂さが広がり
何かが語りかけてくるかのような気分になる。


  夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ




e0140171_23442335.jpg

・サーモンのパン粉焼き
・蒸し煮野菜
・かぼちゃのマリネ
・春キャベツのポテトサラダ
・ニンジンと小松菜のナムル
・お味噌汁
・麦納豆
・ごはん






水曜日

e0140171_23445794.jpg

今日はプール開き。

「ぼうしも持ってきてくださいって、先生が言ってたよ。」
「バンドエイドを貼っているとプールに入れないの。」
「ゆあちゃん、まだプールのバッグ持って行ってないんだけど大丈夫?」

うん、ちゃんと買ってあるからね。
そうなんだー。
大丈夫よ。一緒にもう一回持っていく物をチェックしようね。


何度も何度も心配そうに聞いてくる気持ちの裏側は
楽しみで楽しみでたまらない気持ちが詰まっている。

プールもお絵かきも粘土もどろんこ遊びも
楽しいことだけが彼女のバッグの中には詰め込まれていて
それをとてもうらやましく思う。

いつから、苦手なこととか憂鬱なことを
自分のバッグに忍ばせてしまうのだろう。




e0140171_23452973.jpg

・スズキの塩焼き アボカドとトマトのソース
・レンコンソテー
・ブロッコリーといんげんのサラダ
・ポテトサラダのツナマヨ焼き
・かぼちゃのマリネ
・ミネストローネ
・麦納豆
・ごはん





木曜日

e0140171_2346132.jpg

雨上がり。
自転車ではなく
手をつないで家に向かう。

いたずらっぽく笑いながら
私の手を離し
たったったったったったと走ってゆく娘。

時々振り返っては
私の姿を確認して
安心したように微笑むと
また、くるり。
たったったった。

すっかり大きくなったと思ってたけれど
長く長く続いてゆく道の中にいる彼女は
やっぱりとってもとってもちっちゃくて
その小ささが切ないほどにかわいらしい。

ぎゅっと抱きしめられる小さな体よりも
全てを私に預けている気持ちに
私の心はゆらゆらと揺さぶられるのだろう。


 ずっと3歳でいてもいいんだよ。

主人が娘にいう。

 え〜なに言ってるの!
 こんどは4歳になって、そしたら5歳になるんだよ。

無邪気な娘の笑顔を大事にしまっておこう。




e0140171_23465281.jpg

・お蕎麦
・天ぷら
・揚げなすと山芋と水菜のサラダ
・きゅうりもみ
by midori0524 | 2008-06-26 23:48 | 夜ごはん
おかずスープ
e0140171_20451896.jpg


雨降りの日曜日。

お買い物にもいっていないし。
娘もそんなに食欲はないし。
主人は相変わらず夕食はいらないというし。

なにより、食事の支度のあれこれは
どこか遠くへ追いやりたい週末。

思い切り頭の中をゆるゆるとゆるめて
平日とのバランスをとりたいのが
働くお母さんの気持ちなのです。


こんな日の夜ごはんはおかずとスープをひと皿で。


一昨日の残り物のまぐろのたたき。

まだ大丈夫?と思いつつ(笑)
アボカドと混ぜ合わせて肉団子に。

小さく切ったアボカド、まぐろのたたき、レモン汁、塩。

そう、ここまではまるでアボカドとまぐろのタルタルです。

それをぺったんぺったんとちいさく丸めたら
ぱたぱたと小麦粉できれいにお化粧を。

ポイントはマヨネーズを入れたフライパンで
こんがりと色よく焼きつけること。

ほどよいコクで包まれて
このままでもしっかりとおいしいひと品に。

今日は、ズッキーニやしめじの入った
クリームシチューを添えて
おかずスープでいただきます。



e0140171_2163120.jpg


あとは、冷たくひやしたトマトのファルシ。

娘はこんなメニューでも納豆を。

今日はこれでおしまい!
by midori0524 | 2008-06-22 21:09 | 夜ごはん
フレンチトーストの記憶
e0140171_1793761.jpg



ごはん、食べたくないの。

という風邪っぴき娘はヨーグルトをちびりちびり。

そんな娘を横目に母はフレンチトーストを食べる。

体力一番。
この前みたいに、簡単に風邪をもらわないように。

なーんてことは建前で
ただの食いしん坊なだけだったり。




今日はあっさりめのフレンチトースト。

軽い焼き目のフレンチトーストには
メープルシロップではなくて
粉糖を茶こしをとんとんとゆらして振り落とす。

この美味しい世界に粉雪を降らせる仕事。

小さく幸せな気分になる。



そして、ヨーグルトクリームをぽてん。
さんくらんぼのコンフィチュールもぽてん。


さぁ、出来上がり。




娘はまたリビングに広げたお布団でうつらうつら。

そんな姿を見ながら思い出すのは
実家で母が作ってくれたフレンチトースト。

バターのこんがりした香りがたっぷりで
ちょっと焼きすぎというくらいに焦げ目がいっぱいついていて
もっとべたっとしていてとっても甘いものだった。

不思議なくらいに五感の記憶が鮮明な
幼い頃の食べ物の記憶。

そして、そこには必ずほっとする何かに包まれている
幸せな気持ちが寄り添っている。


娘にもそんなおいしくてほっとする記憶のヴェールが
少しずつ少しずつ積み重ねられていますように。
by midori0524 | 2008-06-21 17:27 | 朝ごはんとお昼ごはん
ハンバーグ&グリルトマト
e0140171_19545883.jpg


・ハンバーグ&グリルトマト
・ラタトゥイユのグラタン
・スナップエンドウとパスタのバジルソース和え
・とうもろこし
・タコときゅうりとミョウガの酢の物
・麦納豆
・キャベツのとろとろスープ
・雑穀ごはん



昨日の残り物ラタトゥイユはチーズをかけて
とろり熱々のグラタンに。
by midori0524 | 2008-06-19 22:21 | 夜ごはん
初夏の夕暮れ
e0140171_21511940.jpg



赤みの去った空に吹き抜ける風。

全てのものがぐんと色濃い気配を
漂わせる夕暮れの静かな時間。



こんな時間を過ごしているのはひとりでいるから。

昨日、娘を迎えに行ったのだけれど
今度は「とびひ」になってしまったようで
顔や手足に赤い水玉がぽちぽちぽちと。

昨日、一度病院へ行って
塗り薬と抗生物質をいただいて
明日また病院へ。

とびひは登園NGなので
あと2日ほど実家にお願いをしてきました。

娘は一晩私と過ごしたので
「ママ、帰るの?ばいば〜〜い。じぃじ〜〜あそぼ〜〜」
と結構平気みたい。

うれしいやら、さみしいやら。



ぎゅっと子供を抱きしめることで
癒されているのは私の方で
子供からの絶対的な信頼感を受け止めることから
子供から絶対的な安心感をもらっているのでした。
by midori0524 | 2008-06-15 21:55 |
久しぶりの朝ごはん
e0140171_923789.jpg

発熱のあと、熱は下がったものの
なんとなく残っていた頭痛とだるさが
昨日、今日の清々しいお天気とともに
きれいに消えていきました。

すっきりとしない食欲の方も戻ってきて
今朝は久しぶりにしっかりごはんを。


チェックのホットサンド。
中にはアスパラガス、ハム、チーズ、バジルペーストを少し。


食事が取れるようになると
呼吸もしっかりと深くなる。

古い空気が体から出て行って
新しい空気が頭の先からお腹の多く深くまで
しっかりと巡っていくのが
すーっと感じられてとても気持ちがいい。


今日はいらないものを大処分。

さぁ、がんばろう。
by midori0524 | 2008-06-14 09:10 | 朝ごはんとお昼ごはん
梅雨空の合間
e0140171_2195651.jpg


グリーンのセロファンを貼り重ねたみたい。
by midori0524 | 2008-06-07 21:13 |
こどものワンピース
e0140171_6344813.jpg


子供の服を選ぶときに目がいくのは
やっぱりワンピース。

ピンク色とかふりふりとか
かわいいイラストたっぷりとか
あまりそういうのは好みではなく
どちらかというとシンプルなものがいい。

子供はそれ自身がかわいらしさのかたまりなので
そういうものの方がずっとずっとしっくりとくるし
子供らしい透明感が引き立つと思う。


あ、かわいい。

と手に取ったのはやわらかいホワイトに
ネイビーの刺繍がきれいなワンピース。

早速、この週末にでも、と思っていたのだけれど
昨夜の熱は今朝も下がらず。

いつもならとっくに「おはよー」という元気な声を
聞かせてくれるのだけれど
すーすーと深い呼吸をしながら
その目はしっかりと閉じられたまま。



e0140171_630727.jpg


ずっしりと深い眠りの世界に浸っている彼女。

たっぷりと眠るのは体の中で
ウイルスとの闘いが行われている証拠。

寝顔を見ながら、頑張って、とつぶやくのでした。
by midori0524 | 2008-06-06 06:35 | 子供
久しぶりの青空
e0140171_615364.jpg



久しぶりの青空は光の粒が大きくて
初夏の香りも含んでいる。


e0140171_67263.jpg


シルバーに輝く光の粒を掴む度に
ぐんぐんと広がり
緑色に深みが増してゆく木々の葉が
作り出した大きな日陰の
ひんやりとした空気との
コントラストが気持ちいい。

今まで、ぐっと小さく身構えていた水道の水も
気づけばその冷たさを手が喜んで迎え入れ
お米を研ぐことも
食器を洗うことも
気持ちいいなぁとしみじみ感じる。

こんなところにも
季節の移り変わりが見え隠れ。


もう、6月です。
by midori0524 | 2008-06-01 22:05 |