日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
フレンチコロニアル料理Aila*恵比寿

e0140171_7473216.jpg


金曜日の夜。

やわらかい雨がしっとりと街を包み始め
ぽつりぽつり灯りはじめたライトの輝きも
しっとりと輪郭が滲んでいく。

そんな雨の日のきれいな風景を楽しみながら
訪れたのは恵比寿にあるAila(アイラ)。

http://www.rvs.jp/rvs.swf

Ailaのお料理はフレンチコロニアル。

モロッコやベトナムなどフランスと縁のあった国々の
エッセンスの滴を落としたフレンチは
どこかノスタルジックな雰囲気。


e0140171_7341356.jpg



恵比寿の住宅街の中の一軒家。

以前、パトリスジュリアンさんのレストランだった
この素敵な場所が今はAilraになっています。

オリーブをはじめ生い茂ったグリーンに
ごつごつとした煉瓦
すっと上がとがったアンティークな雰囲気の扉
雑多な感じなのだけれど
その佇まいは一枚の絵のように素敵で
そして、誰かのお家を訪れたときのような
どこかほっとするような気持ちにさせてくれます。

「Aila(アイラ)」はアラビア語で「家族」を意味することば。

ただいま、とその扉を開いて誰かの笑顔を見たくなります。




e0140171_7575016.jpg



数種類あるコースはプリフィクススタイル。

みんなであれこれ好きなものを選んで
ちょっと一口ちょうだい、と
いろんな味を満喫できるプリフィクスはおいしくてたのしい。


今夜は、アミューズ・前菜・主菜・デザート・飲み物のコース。

さぁ、楽しい時間のはじまりはじまり。


e0140171_861347.jpg

今夜のアミューズは、豚肉のリエットにオレンジの香りが
ふんわりと広がる白身魚とオレンジのエスカベシュ。



e0140171_8121948.jpg

フランス産鴨フォワグラのテリーヌ マーブル仕立て
ドライイチジクのポルト酒風味

グリエしたフォワグラを重ねたテリーヌは大理石みたいなマーブル模様。

ポルト酒の甘みと風味がおいしさを引き立てた
ドライイチジクと一緒にいただくとさらに風味が豊かに。



e0140171_8122815.jpg

友人は野菜がたっぷりのバジルの風味が豊かなスープ。




メインはモロッコ料理の定番を。

e0140171_829164.jpg

モロッコ風野菜とラムのクスクス。
今日のブロシェットは北アフリカ風鶏肉のグリル。

たっぷりの野菜とラムをスパイスでじっくり煮込んだスープは
意外にもだれの口にも合うマイルドな味わい。

そこにクスクスを。




e0140171_8292598.jpg

こちらはタジン。
モロッコ風オリーブ入り レモン風味のフランス産ホロホロ鳥のタジン ブングル添え

レモンとクミンでやわらかく煮込んだほろほろ鳥とオリーブ。

さわやかなのに旨味がぎゅっと閉じこめられたスープは絶品。

おいしい〜〜〜。



ワインメモも。

★Domaine La Grave Blanc 2005 Sauvignon Blanc
ドメーヌ・ラ・グラーヴ・ソーヴィニョン・ブラン

★Domeaine Dela Florane Ac Cotes Du Rhône Village
ドメーヌ・ド ラ フロラン コート ディ ローヌ ヴィラージュ

沢山は飲めないのでグラスで。





e0140171_994243.jpg

お店の中はあたたかみのある白と茶をベースにした
南仏エクサン・プロヴァンス風。



e0140171_8453677.jpg

この階段を昇っていくと・・・



e0140171_8454558.jpg

2階が厨房になっています。

そこからこぼれ落ちる、ジュワーーー、ガチャガチャ、トントントントン
と小気味よいリズムが心地よいBGMにもなり
耳まで満足させてくれるのです。



e0140171_8494694.jpg

まだかなぁ・・・。

待ちわびているのはもちろん、こちら。

別腹でございます。



e0140171_8502185.jpg

プラムの入った紅茶風味のクレームブリュレ。
ピンクグレープフルーツのジェラートの
さわやかな苦みと甘さがよく合います。




e0140171_8503668.jpg

ローズ風味のいちごのクランブル。

ローズシロップで仕上げたいちごそのものとカリカリのクランブル。
自家製シェーブルチーズのアイスクリーム添えられていて
シンプル イズ ベスト!とうなるひと皿。




最後のコーヒーをすすりながら
いつもよりもゆっくりと流れる時間と
気持ちよくゆるんだ気持ちのマリアージュを味わう。


最近ごはんを食べに行ってよく思うこと。

何よりも大事なのはお店のオーナーやスタッフの想い。

料理そのものはもちろんなのだけれど
その料理の背景にある文化を愛しているレストランには
確かななにかが存在していて
お料理とお客様の笑顔をしっかりと結びつける場所なる。

おいしいものを食べたい、というよりも
幸せな気持ちを味わいたい。

そういう場所がもっと増えますように。





e0140171_97995.jpg

by midori0524 | 2008-05-31 09:11 | 外ごはん | Trackback | Comments(4)
鶏手羽のエスニック焼き
e0140171_22112164.jpg



今日の夜ごはん。

・鶏手羽のエスニック焼き
・レンコン、トマトのグリル
・ペンネのバジル風味サラダ
・もやしとニンジンのナムル
・かぼちゃのサラダ
・お味噌汁
・麦納豆
・雑穀ごはん


行正り香さんがお勧めしていた

マコーミックのフレンチドレッシング
我が家の冷蔵庫に必ず常備しているもののひとつ。

鶏肉を漬け込んでグリルするだけで
おいしいひと品になります。

今夜はフレンチドレッシング、レモン汁、ナンプラー、塩、にんにくを
混ぜたタレに漬けておいた鶏手羽をグリル。
一緒にトマトとレンコンもオーブンに放り込んで!
by midori0524 | 2008-05-26 22:08 | 夜ごはん | Trackback | Comments(3)
九つ井*二子玉川
誕生日の昨日の夜ごはんは
主人が予約してくれた
「九つ井」へ。

地下にあるとは思えないゆったりとした空間には
離れの個室がいくつもあり
それぞれの部屋から楽しげな笑い声が漏れ聞こえてきます。




e0140171_9542312.jpg


お料理はいろり焼き炭火ステーキコースを。



e0140171_9574241.jpg


霜降りの和牛をメインにした炭火のいろり焼き。

e0140171_958308.jpg


きれいに霜降りの入ったお肉のとろけるような味わいに
心もとろけていきます。

軽く塩こしょうされたお肉はそのままで、はもちろんのこと
用意されている、紅葉おろしの添えられたポン酢、
甘めのタレ、辛めのタレ、それぞれのおいしさを
楽しむことが出来ます。


e0140171_1011335.jpg


ここの名物の国産そば粉を使った手打ちそばまで
なんども、「おいしい!」と口にしながら
ゆったりとしたお部屋で
家族3人少しだけ特別な時間を味わいました。
by midori0524 | 2008-05-25 10:05 | 外ごはん | Trackback | Comments(2)
ハラス焼きと豆乳マッシュポテト
e0140171_22381971.jpg



今日の夜ごはん。

・ハラス焼き
・豆乳マッシュポテト
・マカロニサラダ
・ほうれん草の胡麻和え
・トマトのマリネ
・麦納豆
・お味噌汁
・雑穀ごはん


ハラスの座布団になっているマッシュポテト
バターも入れず豆乳だけで練ったもの。
ちょっとヘルシーに。
by midori0524 | 2008-05-19 22:44 | 夜ごはん | Trackback | Comments(0)
ベッカライ ブロートハイムのモーンクーヘン*桜新町
e0140171_15402923.jpg



沢山ある私の大好物のひとつ。

ベッカライ・ブロートハイムのモーンクーヘン。


ベッカライ・ブロートハイムは桜新町にあるパン屋さん。

名前からしてドイツパン屋さんのようですが
実際はいろいろな国のパンがずらり。

そんなに大きくはないお店の中には
いつも沢山のひとが
そのいろいろなパンを前に悩んでいます。

どれにしようかしらと悩みながらも
嬉しそうな姿がなんだかいいなぁと
いつもこのお店で感じることなのです。

このお店のレジの横のカゴにあるこのモーンクーヘン。

パンを選んだあと、あ、これもお願いします!と
最後につけ足される小さなケーキ。

モーンはケシの実、クーヘンはケーキのこと。

そう名前の通り、ケシの実がぎっしりと
混ぜ込まれたバターケーキなのです。

ケシの実以外にもクルミやカシューナッツなどの
木の実がふんだんに入っていてラム酒の香りもほんのり。

木の実の油分のぎゅっとした感じと
バターケーキのまろやかな風味
そして、ケシの実のぷちぷちとした食感と豊かな香りが
とてもまろやかなお菓子なのです。

ベッカライにパンを買いに行こう、といいながら
いつも頭の片隅浮かぶのはモーンクーヘンの姿なのです。




e0140171_15423674.jpg

このお店はカフェが併設されていて 、今日のランチはここで、と
公園で遊んだ後に向かったのですが
満席ということで パンだけ買って公園でぱくり。



e0140171_15433873.jpg

青空の下でのお気に入りのパンは
いつにもまして美味しく感じられるのでした。
by midori0524 | 2008-05-18 22:45 | おやつと飲み物 | Trackback | Comments(0)
こどものことばの覚え方
e0140171_12134832.jpg



子供と毎日向き合う生活の中で
興味深いのはコミュニケーション能力の発達の仕方。

特にことばの覚え方は日々うなることばかり。



3歳半になった娘の最近のことばの覚え方が
いままでと少し変わってきたのでメモ。


日々の会話の中で知らない言葉を
拾い上げる能力は ものすごいなぁと思う。

知らない言葉はすぐに拾い上げて口にするので
彼女のアンテナに新しくひっかかった言葉を
私も拾い上げやすい。




保育園の帽子が小さくなってきたという話をしていたときのこと。


「じゃぁ、無印にいって新しい帽子を買おうか?」

「矢印。うん、矢印で帽子を買う・・・」


どうやら無印のことを知らなかったみたいで
自分の中にある一番近い言葉の「矢印」とマッチングしたらしい。

でも、「矢印」でお買い物、というシチュエーションが
しっくり来ていない様子。

そりゃそうだ(笑)。


「矢印じゃなくて、無印だよ。矢印と無印、似ているねー」



そこから、質問があれこれ始まる。


「無印じゃなかったらどうなるの?」

「えーっと、無印でお買い物しなかったら、ってことかな?
 無印じゃなくてもデパートとか他のお店で買えばいいよ。」

「帽子じゃなくて、靴だったらどうなるの?」

「無印で買えるよ。」

「ハンカチだったらどうなるの?」

「大丈夫だよ。」

「ニンジンだったらどうなるの?」

「ニンジンは無印では売っていないから八百屋さんとかスーパーで買うね。」

「お魚だったらどうなるの?」

「お魚もないよ。お魚ならスーパーだね。」

「ママじゃなかったらどうなるの?」

「ママじゃなくても無印でお買い物できるよ。パパでも大丈夫。」

「今日行くの?」

「今日はもう遅くて行けないからお休みの日に行こうね。」

「歩いて行きたいんだけど。」

「歩いてはいけなから、駅までいって電車に乗っていこう。」

「うん、わかった。」



こんな感じの質問がだーーーーっと続く。

それに答えながら
彼女が知らない言葉に対して
具体的なイメージを固める手順が見えて
なかなか面白いなぁと思う。

無印には帽子とか靴とかハンカチが売っていて
ニンジンとかお魚は売っていない。

スーパーとはちょっと違うらしい。

家からは少し遠くて
パパでも行けるところ。




感心するのがこんな風に会話した内容は
完璧に覚えていて
再び「無印」という言葉が出てきたときには

「お休みの日にいくんだよね。今日はもう暗いから行けないよ。」

とか口にする。


こんな風に今までは日々繰り返される会話の中で
自然に身につけていた言葉に対して
しっかりとイメージを固める作業を
自ら行って覚えるようになっているようです。






大人なら知らないことに対して
「それは何?」とただ聞くだろう。

子供がそれをしないのは
きっとそれに対する大人の答では
十分に納得できないからだと思う。

経験も知識も圧倒的に少ない
子供の心をイメージすると
何?に対する大人の答えは
全く答えにならないのかもしれない。


真っ白い状態から言葉を覚えるのってどんなだろう。

英語が全くできないのに
いきなりアメリカに住むような感じ?

いや、会話だけでなく心に浮かぶ気持ちをあらわす
母国語自身を持ち合わせていないのだから
全く次元の違うものなのだろう。

そう思うと、子供の質問にはそれ以上のエッセンスを加えて
豊かな答えをプレゼントしたいものです。
by midori0524 | 2008-05-14 12:17 | 子供 | Trackback | Comments(2)
イノダコーヒーの朝ごはん*京都

e0140171_217462.jpg




京都旅行のある日。

朝ごはんはイノダ珈琲へ。


e0140171_12302046.jpg












京都ではとても有名なコーヒー屋さんだけあって
朝から満席です。










町屋そのもののの建物の中に入ってゆくと中は別世界。


e0140171_218576.jpg



禁煙席は奥の旧館。

古い洋館で通されたサンルームには
朝の光が溢れていてその雰囲気に大満足。

味よりも雰囲気が大事、と
言い切ってしまいたくなる。


e0140171_12312387.jpg素敵な中庭を眺めつつ。













e0140171_1232725.jpgたっぷりの朝ごはん。













e0140171_12322479.jpg












珈琲は注文の段階でミルクと砂糖を
入れるかどうか確認される。
それぞれの量にはお店のこだわりがあるようです。

私はミルクを。



e0140171_123252100.jpg













観光客にも地元のひとにも
愛されているのは
とても素敵なお店だから。

ただそれだけなのだなぁと
当たり前のことを
改めて思うのでした。
by midori0524 | 2008-05-13 12:35 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback | Comments(0)
鰤の塩焼き
e0140171_058361.jpg


今日の夜ごはん。


・鰤の塩焼き おろしなめたけ
・いんげんと絹さや、新玉ねぎのサラダ
・ごぼうとにんじんのきんぴら
・ゆば豆腐 
・麦納豆
・キャベツと押し麦の豆乳白味噌スープ
・雑穀ごはん


鰤の塩焼きにはたっぷりの大根おろしとなめたけを添えて。

いんげんと絹さやは色鮮やかに歯ごたえよく茹であげる。
新玉ねぎと鰹節、マヨネーズ、醤油と一緒に。

やわらかい新ごぼうがおいしい季節は
太めに切ったきんぴらがおいしい。

ゆば豆腐にはトマト、ミョウガ、オリーブオイル、醤油、りんご酢を
和えたものをかけていただきます。
by midori0524 | 2008-05-08 01:02 | 夜ごはん | Trackback | Comments(0)
くものうえ


e0140171_5153673.jpg



直島の帰り道。

娘が喜ぶだろう、と飛行機で。



二回目の飛行機。

以前乗ったことは覚えているけれど
窓の外の風景は
彼女の中では初めての経験らしく。


 
どんな風に心に刻まれたのでしょう。

e0140171_5163730.jpge0140171_5164978.jpg
by midori0524 | 2008-05-07 05:17 | | Trackback | Comments(0)