日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
触れるということ
e0140171_23471454.jpg

今日からベビーマッサージへ。
場所は表参道のニールズヤード。

1クラス8組と少人数なため予約も取りにくく
私もワンシーズン待っての参加。

マッサージを行うだけではなく
歌に合わせて体を動かしたり
お母さん達はヨガを教えてもらったり。

子供達は歌や言葉に合わせて
体を動かすのが本当に楽しそう。

そして、そんな様子をみるのが
私たち母親の楽しみでもある。

みんなが、ゆらゆら、にこにこ。




ベビーマッサージで聞いたお話。

赤ちゃんの肌に触れるということの
優位性は最近いろいろなところで
耳にするけれど、これほど大切なものとは。。。


一般的によくいわれているのが
赤ちゃんの肌に触れるスキンシップによる
愛や慈しみが子供を育てるということ。

そしてこの時期の、親子の関係性が
その後の全ての人間関係のもとになっていく。

最近、いろいろな事件が起きて
その犯人の子供時代の親との希薄な関係が
取り上げられることも多いのもうなずける。

ああいった事件の残忍さや無機質な冷たさは
愛情が十分でなかったがゆえの
いびつな心から生まれてくるのだろう。




極端だけれど、赤ちゃんの肌に触れずに育てるとどうなるか?
例えば、抱くことなく機械でミルクをあげたり。

ずばり、育たないんですって。
心だけではなく、体までも!

精神面での影響は容易に想像できるけれど
体の成長にも多大な影響があるとは・・・。驚き。

NICUに携わる、先生方が積極的に
カンガルーケアや母乳育児の推進を
行っているというのも
実経験から切実な必要性を
感じているからなんでしょうね。



実際に自分に子供が出来て思っていること。

子供をぎゅっと抱っこしたり
手を握ったり
触れるということで
自分自身がものすごく癒されている。

親としての喜びを感じて、満たされる。

そして、このことで気持ちも安定し
ゆったりとした気持ちで
子育てが出来るんだろうな。


来週以降のベビーマッサージ。
とても楽しみです。
楽しいだけではなく、
また新しい気づきがありますように。
by midori0524 | 2005-05-28 23:46 | 子供 | Trackback | Comments(0)
あさのできごと
e0140171_23393778.jpg
e0140171_23395057.jpg
e0140171_23395966.jpg

娘がハイハイの第一歩
後ずさりをはじめました。

いつもマットの上で遊ばせているのだけれど
フローリングにだしてあげたら
水を得た魚のように動く、動く。

バック専門だけど(笑)。


ここ1週間ほど
うつぶせをしているときの
娘の動きに変化がみられた。

両手足を持ち上げて
お腹だけで体を支えたり
逆に腰を持ち上げて
への字になってみたり。

これって、ハイハイの前兆だわ、と
初めてのハイハイのその日を
いまかいまかと心待ちにしていた。

が、しかし、毎日くねくねともだえるばかりで
前にも後ろにも進まず。

きっと体重が重いからだわ、と思っていたけれど
マットの上にいたからなのね。

失礼!


いままでおでこを床に打ちつけるのが怖くて
フローリングに出さずにいた。

案の定、2度ほど勢いよく「ごっちん!」となって
泣いていたけれど
それ以降は寸前でストップして
床をじっと見つめたりしている。

そっか、学習したんだね。

そして、自分で経験しないと学習できないって
いうことを私もあらためて学ぶ。

***

娘がはいずり回っている間に、私は朝ご飯。

毎朝必ず食べるヨーグルトに
今日は先日買ったハニーマンゴーを。

これが、とてもおいしかった。

きれいに裏ごしされているのかと思ったら
程よくマンゴーの実が残り
とてもナチュラルな風味がふわーっと広がって
たまらなくおいしい。

ぺろりとひと瓶、空にしてしまいそうな予感。



そして、お誕生日に姉のお店のバイトの子にもらった
代々木上原のカタネベーカリーという
とてもかわいらしい店構えの
そして、もちろんおいしいパン屋さんのパルミエ。

ラシャ紙にレトロな文字で書かれた
カタネベーカリーのプリントもかわいらしい。

パルミエの上に、
カスタードとアーモンドスライスを
乗せて焼いてある。

温めたミルクと共にいただくと、
ほんわかした気分に。

***

すべて、今朝5時台のお話(!)。

今日も楽しいことがたくさんありそう。
by midori0524 | 2005-05-26 23:38 | 子供 | Trackback | Comments(0)
7ヶ月
e0140171_2334376.jpg

娘が満7ヶ月になりました。

この一ヶ月で
明らかにコミュニケーションがとれるほどに成長。

おいで、と言うと
両の手を伸ばし
アワワして、と言うと
口に手を当てたり。

私のギャグにもなんだかついてきているような。

拍手らしきことも一生懸命しています。

かわいい、のひとことで済んでしまう
貴重な時期を毎日噛み締めています。


e0140171_23361558.jpg

今日は舞浜のホテルに来ています。

娘はすでに気持ち良さそうに眠りにつき
私は久しぶりにゆっくりとお風呂に入りました。

大きな窓に面した
大理石のなんとも優雅なお風呂に。

あぁ、幸せです。
by midori0524 | 2005-05-21 23:33 | 子供 | Trackback | Comments(0)
ヨーグルトに添えるもの
e0140171_22264140.jpg

旦那は朝ご飯を食べない。

食欲がないんですって。

前日の夜から
朝ご飯を楽しみにしている
私からするととてもかわいそうな気がする。

そして、一緒においしく朝ご飯を食べられたら
どんなに楽しいかと残念に思う。

子供が出来てからは特に。



旦那の実家で
義母とふたりで朝ご飯を食べると
いつも旦那の朝ご飯の話題になる。

どうやら昔から朝ご飯を食べないらしい。

そして、そのせいで寝起きが悪いんだよね
というのが私たちふたりのいつもの結論。

さらに、そこから彼の生活習慣のあれこれについて
盛り上がるのがちょっと楽しい時間。


***

先日、義母が旦那にこんな事を言ってくれたらしい。

子供も出来て家庭を持ったんだから
体に気をつけて、長生きすることを考えなさい。
それには、まず、朝に何かを食べるようにしなさい。

と。

ここのところ将来のことについて
話をする機会が多くなったことと重なり
珍しく旦那も素直にその言葉を受け入れた。

で、何なら朝に食べられるのかと彼に尋ねると
「・・・バナナならなんとか。」

離乳食か!?

しかも

「あ、一本は食べられないから・・・。」

なんと、弱々しい答え。

まぁ、最初の第一歩だから贅沢は言うまい。

さらに、私の提案でヨーグルトも追加。

***

というわけで
今日はヨーグルトに添える
コンフィチュールを作った。

母がアメリカンチェリーを
買ってくれたのでそれを使って。

姉と話をしていたらアメリカンチェリーには
三温糖やシナモン、バニラが
よく合うのよと教えてくれた。

へぇ〜、さすが。
早速、それを参考に。

アメリカンチェリーの種を取り除いて
三温糖、シナモンスティック、キルシュと共に
コトコトお鍋で煮詰める。

果実がしっかりしているので、
ごろんとチェリーがしっかり残るのがうれしい。





e0140171_2229151.jpg

さあ、見た目もおいしそうなコンフィチュールの出来上がり。

・・・なんだか
いやいや食べる旦那の朝ご飯にするのは
もったいない気がしてきた。

コンフィチュールも、私に食べて欲しい、と
言っていると思うのだけれど。
by midori0524 | 2005-05-17 22:22 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback | Comments(0)
泥む離乳食
e0140171_22175848.jpg

5ヶ月目にはいった日から始めた離乳食。

一ヶ月半経ち2回食に進んで
おいしそうにぱくぱく食ています!と
ご報告したい所だけれど・・・
悪戦苦闘、想像以上に泥んでおります。

彼女のビジュアルからすると
なんでもぱくぱくと食べそうなのに。


最初の頃は比較的順調に
おかゆ、お野菜、タンパク質と
離乳食のセオリー通り進んでいたのだけれど
途中で風邪をひいたのがよろしくなかった。

嫌がる口を無理矢理押し開いて
薬を飲ませてから
離乳食も断固拒否!

スプーンを見せると
真一文字に口を結んで開かない。

さらに、唇をぶっーーーっと震わせて二重ガード。

か、賢い・・・

無理強いして
ごはん嫌いになるといやなので
4月の後半からいったん中止して
GW明けから再開しました。



e0140171_22184538.jpg

相変わらず
進んで食べはしないものの
ぶーー攻撃はしなくなり
口に入ったらごっくんと
上手に飲み込んでいる。

でも、5さじくらいでもう嫌になっちゃうみたい。

嫌になると手でばーーっと
払いのけて顔中触ってしまう。

そうすると
あちこちにしらすの目玉が
くっついたりする。

私、これ、嫌いなんです。。。
おでこに張り付いた目玉と目があって、微妙に鳥肌。

まぁ、離乳食は遅くても問題ないし
その子のペースが大事だから
いいのだけれど・・・

今日はこれから区の離乳食講習会。

保健婦さんに、ゆっくりでいいのよ、と
改めて言われると、また気も楽になるかな。

行ってきます。
by midori0524 | 2005-05-12 22:17 | 子供 | Trackback | Comments(0)
言葉 ことば コトバ
e0140171_22111351.jpg

4月から月曜深夜に「オーラの泉」という番組がやっている。

TOKIOの国分君と美輪さん、江原さんが司会・進行。

毎回ゲストのオーラの色やそれの持つ意味
前世、守護霊、カルマなどなどを見ながら
将来の案内をしていくというもの。

こういう番組は好き嫌いが
はっきり分かれると思うけれど私は大好き。
ふふふ。

なんてったて
子供の頃は「マイバースデイ」を愛読し
別冊の占いやら心霊写真やら妖精やらの特集ものも
ほぼ全部買っていた。

もし、私が親で自分の子供の読んでる本の
ラインナップがあれだったらちょっと心配になるかも(笑)。



さてさて、「オーラの泉」。

たまたま1回目の放送の及川ミッチーがゲストの放送を見て
あまりのおもしろさにはまってしまった。

江原さんの霊視と美輪さんの語る言葉
どちらも単独で耳にしても説得力がある。

そこに、ふたりが既知の事実みたいなかんじで
お互いの言うことを「そうそう」と
にこにこしながらうなずいているのをみると
そういう目に見えないものにこそ
本質的ななにかがあるように思えて仕方がない。

あとは濃厚なお二人に対して
国分君の単純(良い意味での)で素直な反応と
コメントのバランスもいいのかも。




***

しばしば美輪さんが、言葉の大切さについて触れることがある。

言葉は全ての基本であるし、最近の人が切れやすいのは
感情を表す適切な言葉を知らないからだと。

確かにそうだと思う。

街で、なんなんだこの言葉使いは!?と
思って振り返ると
大概にして同じ様な顔つきをした人がいる。

逆もしかり。

素敵だなと思う人は
コミュニケーション能力が高く
豊かで適切な言葉を操っている。

大人になればなるほどその差は大きくなり
それが人生そのものの豊かさに通ずるような気がしてならない。


私自身、気持ちを言葉にしたり
文章に表すことが
小さい頃から本当に苦手。

苦手というより、むしろ大嫌いだった。

社会に出てからは
ややコンプレックスに
思うくらい気になっている事柄でもある。

さらに育休中の今は
人と接する時間が圧倒的に少ないので
日々の言葉のやりとりは少ないし
本などから取り入れる時間も限られている。

大丈夫か私?
どんどん退化していかないか、かなり心配。

でも、そんな中
こんなかたちで少しでも文章を書いたり
いろんな人の日記を読むだけでも
刺激になって良いことだと思っている。

豊かな言葉を身につける。
きっと一生の課題。
by midori0524 | 2005-05-10 22:10 | 子供 | Trackback | Comments(4)