日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
雷声を出す
e0140171_2257213.jpg

今日は風もなく、日差しもすっかり春。

旦那は相変わらず忙しく
今朝も徹夜で2時間ばかり仮眠。

出かける前に

「一日(私と)チェンジして
娘にミルクあげておむつ替えたりして過ごしたい・・・」

とぼそっとつぶやいてよたよたと仕事場に出て行った。

やや弱り気味か。笑

今夜も帰宅時間が見えないとのことなので
夕飯はいらないって。

やることもないし
お天気もいいので
娘とぶらぶらお散歩。

遊歩道をのんびり歩いて
本屋に行って立ち読みして
スタバでお昼。

あ〜〜お気楽過ぎて
旦那に申し訳ないわ(ニンマリ)。

でも、ちょっと弱っている旦那が気になり
スタバのコーヒーを持って事務所に顔を出す。

娘がたまたまご機嫌で旦那の顔を見たら
声をあげて笑った。

それを見た旦那の顔の嬉しそうなこと!

単純!
これぞ娘を持つ父親の典型!!

何よりも子供の笑顔で癒されちゃうのよね。

***

家に帰ってから、旧暦カレンダーを開いた。

今日みたいに季節の変化を感じたりすると
旧暦はどうなってるのかしら、と気になる。

このカレンダーには旧暦以外に
二十四気、七十二候、月の満ち欠けが載っている。

私は七十二候が結構好き。

立春とか春分の二十四気の方が
耳にすることが多いかも知れないけれど
一年を5日ごとに72等分して
それぞれの時候の変化を表した七十二候のほうが
より動植物や気象の季節カレンダーみたいで楽しい。

ちなみに今日は「雷声を出す」。

遠くで雷の音がし始める、の意。

次は、

「玄鳥きたる(燕が南からやって来る)」
「鴻雁帰る(雁が北へ渡って行く)」
「虹はじめてあらわる(雨の後に虹が出始める)」
「葦はじめて生ず(葦が芽を吹き始める)」
「霜やんで苗出ずる(霜が終り稲の苗が生長する)」
「牡丹花咲く(牡丹の花が咲く)」

と続いていく。

簡潔にずばりと自然の移り変わりを
表現してるのが気持ちいい!


昔は四季や暦を大切にして
生活に上手に組み込んで
年中行事を行っていた。

一時忘れ去られそうになった旧暦が
最近自然に目を向けたスローライフなんていう生き方を
目指す人たちが増えて
情報も入りやすくなったのは
とても嬉しいことだ。

1年は十二月、二十四気、七十二候。
ひと月に二つの気があって、
それぞれの気に三つの候がある。

ほぼ五日ごとに変わる候を意識して暮らしてみたい。

そうそう、ひとつ前の候は
「桜はじめて開く」

日本人でよかったと毎年思う
満開の桜も目の前です。
by midori0524 | 2005-03-31 22:57 | 季節 | Trackback | Comments(0)
一緒がうれしい
e0140171_22463966.jpg

今日で娘は満5ヶ月。

待ちに待った離乳食スタートの日。

体も大きいし
かなり前から人が物を食べてるのをじーっと見たり
一緒に口をパクパクしたりと準備OKの合図は見られた。

でも、早く開始してもあまり良くないというので
一般的な開始時期の5ヶ月まで待ったのだ。


朝から私が上機嫌で
「今日から離乳食スタートねー。きゃーーっ。」と
同じことを何度も話しかけ
うきうきしながら一通り家事を済ませて
離乳食の準備に取りかかる。

最初の一週間は糖質だけでいいらしい。

まずは離乳食の基本のおかゆ
日本の主食のお米の味を最初に覚えさせるのがよい。

おかゆといっても
私たちが普段食べるものよりも
ずっとずっと水分の多い10倍がゆにし
さらにバーミックスですりつぶしたものから始める。

あとは、野菜をことこと煮込んで
野菜のうまみが溶け出した煮汁、野菜スープも作った。

味見をしてみるとほんのり甘い。

もちろん、普段食べているもので
こんな薄味の物はないし
人によってはただのお湯かもしれない。

でも子供にとってはこれくらいの味でも
びっくりするくらいの刺激なんだろうな。

そんなことを思いながら、もう一回、味見。

ちょっと目を閉じて自分の味覚を
研ぎ澄ましたくなるのと同時に
優しい気持ちになるのはなんでだろう?



離乳食の準備と同時に私のごはんの支度もする。

野菜スープを作った残りでお味噌汁を作り
おにぎりと卵焼き、ほうれん草のごま和えを作った。

子供に食べさせるだけではなくて
一緒に「いただきまーす」「おいしいね」を
ずっとずっとしたかったの!

もちろん、子供に食べさせながらなので
本当に一緒に食べる、という風にはならないけれど
一緒のテーブルにそれぞれのご飯を並べてみると
とても幸せな気持ちになった。

一緒に何かを共有する幸せの第一歩だ。


おかゆは小さじ1ぱい程度から。

でも、一口でぱくっとあげるのではなくて
ベビースプーンで4〜5回に分けて
ちょっとずつ様子を見ながらあげる。

ちゃんと食べるかな?
どんな顔するかな?

ちょっとどきどき緊張しながらの私の心配をよそに
上手に舌に乗せて、ごっくん。

そして、味わうように舌をぴちゃぴちゃ舐めている。
少しだけ不思議そうな顔をしながら。

よかったー、気に入ったみたい。

急いで、自分もおにぎりを一口食べて
「おいしーねー」と話しかけた。

一緒に「おいしーねー」と言える日が待ち遠しい。

おかゆも野菜スープもあっという間に完食!


こんなに楽しい離乳食だけど
しばらくは食べられる量も種類もとても少ない。

あ〜〜もっと食べさせた〜〜い、と
私が欲求不満になりそうだ(笑)。

一週間分のおかゆと野菜スープも
冷凍してストック作っちゃったし。

つまんな〜〜い。

早く、離乳食作りが大変なの!って
言えるくらいになってもらいたいのです。
by midori0524 | 2005-03-21 22:46 | 子供 | Trackback | Comments(0)
ミトンがやってきた
e0140171_22403453.jpg

昨日、旦那が思いがけないプレゼントをくれた。

限定生産「ミトンなかよしBOX」

娘と私にホワイトデイのプレゼントですって。
う、う、嬉しい〜〜〜(号泣)。

お財布を買ってもらったので
もうホワイトデイのことなんて
頭からすっかり抜けていたのでなおさら(笑)。


「ミトン」は「チェブラーシカ」の監督の短編パペット・アニメ。
40年くらい前の作品。

以前、友達が絵本をプレゼントしてくれてから
あまりのかわいさにPCのデスクトップもミトンにし
グッズをネットで検索しては
買おうかどうしようか迷っていたのです。


そこに、このプレゼント。

もう、嬉しくて、嬉しくて
きゃーきゃー言いながら包みを開けて
ひとつひとつ取り出しては
「か〜〜わいい〜〜」を連発!

本当はDVDを買いに行ったらしいのだけれど
この限定BOXがあったのでこっちを買ってくれたとのこと。

ありがとう。

BOXの中身は

 ・「ミトン」DVD
 ・ミトン犬ぬいぐるみ
 ・ミトン犬とライカ犬のフィギュア&ミトンポーチ
 ・バレシキブックカバー
 ・トートバッグ
 ・ポスター

トートバッグはハグオーワーとのダブルネームで
お花が刺繍になっていてかわゆい。

娘の初バッグ。

DVDもとても良かった。

ちょっとノスタルジックな音楽も心地よく
チェブ同様、キャラクターのひとつひとつの
動きがとっても可愛くて癒されます。

小物ひとつひとつも凝っていて
細部に至るまで味わい深くて。

観ていて気持ちが温かくなる作品。

もう胸キュンで涙しちゃいます。



e0140171_2242423.jpg

ポスターも早速部屋に貼ってみる。

子供スペースもシンプルにしたかったけれど
もう最近はごちゃごちゃもいいところ(笑)。

でも、かわいいものに囲まれているのもいいな、と思う。

キャラクターもの禁止のはずだけど
ミトンなら許しちゃう(勝手!)。

抱き人形や大きいミトン人形もこれから
発売されるらしい。

欲しいなぁ。

いや、娘が欲しいはず。えへ。


HP、可愛いのでみてください。

http://www.he-artcinema.com/heart/mitten/
by midori0524 | 2005-03-15 22:39 | 子供 | Trackback | Comments(0)
今日もほくほくでんぷん系
e0140171_22294525.jpg

朝から元気な娘。

奇声を発しながら
ベッドの上でごろごろ寝返りを繰り返し
まわりのおもちゃをパンチ!パンチ!!

真顔でやっているので
楽しいのかなんだかよく分からない。笑

なんとなくベビーベッドのまわりを雑巾がけしながら
360°いないいないばぁをやってあげたらこれが大受け!!

より意外な場所
より変な顔を求められ
床をはいつくばって
高速で移動しながら
ちょっと私何やってるの?と疑問感じつつ
よりハイレベルな、ばぁ〜!を繰り返し
母さん朝からくたくたです。

床がきれいになったので
ライオンマットで遊ばせる。

でも、最近はプレイジムというよりは
ストレス発散マシーンに成り下がっている感じ。

寝かせた側から
破壊活動が開始されて
あっという間にぐちゃぐちゃ。

最初の頃は「きゃーーー、このクラッシャーめーーー」と
楽しみながら直してあげていたけれど
きりがないので最近はそのまま放置。

お好きなだけ
お好きなように遊びなさい!

4時間くらい遊んだらさすがにお眠。




e0140171_22312961.jpg

寝ている間に、明日友達が来るのでおやつを作った。

今日はかぼちゃのプリン。

昨日の栗に引き続き
女の人が大好きなデンプン系。

さっさと作ってしまおうとかぼちゃの皮をむいていたら
もう、娘が起きてきた。
は、早い(苦笑)。

仕方がないので
すぐそばで椅子に座らせて見学させる。

こういうときはいかに楽しげに料理をするかが
彼女のご機嫌を持続するポイント。

そりゃもう、平野レミなんて目じゃないってくらいの
ハイテンショントーク&ジェスチャーで
彼女を釘付けにしながら無事に完成までこぎつけることに成功。

ふふふ、今日も勝ったわ、と心地よい達成感もあり(笑)。

ちょっとキャラメルが一部固まっちゃったけど
クリーミーでおいしい。

明日はこれにココナッツミルクでもかけて出そうかしら。
by midori0524 | 2005-03-11 22:28 | 子供 | Trackback | Comments(0)
栗のパウンドケーキ
e0140171_22221697.jpg

朝、冷蔵庫の掃除をしていたら
少し前に買った栗の甘露煮の瓶詰めが出てきた。

ちょっとお高いものが
商品入れ替えで半額になっていたのを見つけて
買って置いたんだっけ。

ひょっこり出てきたのも何かの縁。

早速、これを使ってパウンドケーキを焼いた。


栗のパウンドケーキ。

お菓子作りってしなくても困らないものだけれど
作ってみるとなんだかとっても丁寧に暮らしているような
気分になるところが好き。

面倒だったり、難しいものだと気負ってしまうので
普段作るお菓子は、家にある物で、簡単に、失敗なく
作れる物がよい。

パウンドケーキは焼く前に15分、焼く時間が45分。

時間がなくてもあっという間に出来ちゃうし、日持ちもいい。

優秀なおうちお菓子だ。



いつも、卵が冷たいうちに作ってしまうので
バターと分離してつぶつぶになっちゃっても
私は気にしない(笑)。

出来上がりは大して変わらないもの。

グルメな人が食べる訳じゃないし。



e0140171_22245013.jpg

今日も8時くらいに作り出し
旦那が起きてきた9時には
部屋中にこんがり甘い香りが広がっていた。




e0140171_22264524.jpg

2枚スライスして
パラフィン紙の袋にいれて
旦那のカバンに入れておいてあげた。

今日のおやつね。

それにしても、この栗。
とっても粒が大きくて立派だった。

もう、そのまま食べちゃいたい!という
欲望を抑えるのが大変。

残ったシロップも美味しいから
何かに使おう。
by midori0524 | 2005-03-10 22:21 | おやつと飲み物 | Trackback | Comments(0)
たまごとアイス
e0140171_2215188.jpg

毎週6個入り卵が宅配野菜と一緒に届く。

2人で食べるから、週に1人3個。
2日に1個くらい。

これくらい食べるよね

むしろ足りないかもと思っていたのに
これが意識しないと全然消費されなくてびっくり。

下手するとまるまる残っていて
また次のが届いて卵だらけになってしまう。

旦那が朝食を食べるなら
卵料理は定番だから
どんどん使うのだろうけれど。

夜ごはんの献立も意識しないと卵を使うものは
あまり作らないんだぁ
と自分の料理の偏りも分かった。

そして、今朝冷蔵庫を見ると卵が10個。
明日、宅配の日だから16個。。。。。うぅぅぅ。

これは何か作らないと!と思い
バーミックスの本をめくっていたら
いい物が見つかりました。

それはアイスクリーム。

レシピによると卵(黄身)を6個使うらしい。
ビバ!大量消費!!

旦那もアイスは好きだし
これから夏に向けて
美味しいアイスクリームが作れるようになったら
とてもよいと思う。

これはいいぞ。
困ったときのアイスクリーム作り。


最近見かけなくなった期間限定ハーゲンダッツの
アップルパイ味を偲んで
シナモン風味のアイスに
リンゴのプリザーブを混ぜてみた。

味はなかなか美味しい。

でも、口当たりがもう一歩。
これはまだまだ研究の余地あり。

姉がお店でいろんなジェラートを作っているので
今度レシピを教えてもらおう。



今日は東京でも17℃くらいまで気温が上がるそう。


e0140171_2217976.jpg

そんな天気予報をみて、春物のグリーンのスカートを
早速引っ張り出してた。



e0140171_22165976.jpg

娘もお出かけの定番のジャンプスーツではなく
ピンクとオレンジの毛糸のポンチョに衣替え。

これから、春色の洋服でお散歩に行ってきます。
by midori0524 | 2005-03-08 22:14 | おやつと飲み物 | Trackback | Comments(0)
みんな赤ちゃんだった
e0140171_6391825.jpg

この前、注文したバーミックス。

週末に届いていたのに
初節句でわたわたしていたので
包みすら開けずにしまい込んでいた。

今朝それを思い出し
思いがけないプレゼントみたいに
ちょっとわくわくしながら開けてみる。

バーミックスを使った料理本が2冊ついていたので
とりあえずお試しで何か作ろうとページをめくる。

冷蔵庫の中身を考えつつ
「スープとジュースの本」に載っていた
いちごとヨーグルトのスムージーと
春キャベツのクリームスープに決定!

どちらも、ミキサーなどを使えば出来るけれど
明らかにバーミックスの方がお手軽でお手入れも簡単!

それにコンパクトでスタンド付きだから
キッチンにいつも出しておけるのがポイント。

どんな便利な器具でも仕舞い込んでいると
活用頻度は著しく落ちるもの。

あ〜、もっと早く買っていれば良かった。



e0140171_6393012.jpg

特にスープ作りにその威力を発揮してくれそう。

スープのバリエが多い食卓って
とても豊かな気がする。

スープ=コーンスープからは卒業です。笑







e0140171_6394457.jpg

午後は、娘の3、4ヶ月検診へ。

同じ月齢の赤ちゃんを見る機会があまりないので
赤ちゃんが集まる、というだけで楽しみだった。

検診会場に行くと
いるいるわんさか子供達が!!

それにしても
みんな小さい・・・・


小さいっていうか
赤ちゃん赤ちゃんしている。


娘は生まれたときから髪はもさもさでどっしりしてたから
うわ〜〜ちっちゃい、か〜〜わいい〜〜という
いわゆる赤ちゃん経験をしていないので
ちょっとウハウハしてしまった(変態か!?)。

そして、うちの子、ちょっと浮いてる・・・(汗)。

隣り合うお母さんに「大きいですね」、「しっかりしてますね〜」
「何月生まれですか?(えっ、一緒でしょ・・・)」と
何度も聞かれて・・・

でも、小さくても大きくても赤ちゃんて本当にかわいい。

見てるだけで、にこにこしたくなる。



最初に保健婦さんと面談。

「もう、お姉さんて感じね。」と開口一番に言われる。

そういえば、病院の新生児室でも看護婦さん達に
「ねぇさん」と呼ばれていたんだっけ。



その後、小児科の先生に発育状況をチェックしてもらう。

やたらとご機嫌でゲラゲラ笑いながら、キックしまくり。
置いてあるガラガラも自ら掴んで、投げていた・・・

まず、寝かせた状態で、腕をひっぱり上半身を起こしながら
首の座り状況をチェック。

そこで、先生が一言。

「う、重い・・」・・・(笑)

もう一度やりなおし。


今度は上半身だけではなく
おしりをあげて立とうとしてしまい、またもや失敗。

「た、立っちゃうね・・・」

3度目はなく、一応、座らせて首の座りを見て
(明らかだけど)しっかり座っていると言ってもらう。

今度はうつぶせに寝かせて
首をしっかりあげるかどうかのチェック。

こちらも、申し分ないくらいの
きれいなポージングに先生も苦笑い。

しかも、そのまま前に進んじゃいそうな勢いで
ハイハイしちゃいそう。

「とっても良く育っているし、全く問題ない」と
改めて先生に言ってもらい、ホッとする。

第三者にきちんと言ってもうらうことって
すごく安心するんだなと実感。

これからも、このまま、順調に大きくなってちょうだいね。
by midori0524 | 2005-03-05 06:38 | 子供 | Trackback | Comments(0)
おかあさんきたよ〜
e0140171_6412699.jpg

今日は雛祭り。

初節句のお祝いは日曜日にしたけれど
私の母が昼間遊びに来てくれて
女三代でプチ初節句祝いをしました。

日曜日の時はこてこてのお雛祭りメニューだったので
今日は洋風メニュー。

 ・ミートローフ
 ・野菜のグリル
 ・トマト、アボカド、モッツァレラのサラダ
 ・ブロッコリーのポタージュ
 ・パン





娘を一番溺愛しているのは、間違いなくうちの母。

駅までお迎えに行くと
周囲の目を気にすることなく

「ゆあちゃ〜〜〜ん、おばぁちゃんでしゅよ〜〜ばぁ〜〜〜」

と妖怪のごとくご挨拶・・・・・すごいです。

娘もちょっとひき気味だけど
そんなこと気にしない、気にしない。


そして、その母を愛しているのが、わんこのじぃ君

いつも優しくなでなでしてくれるし
実家に預けたらお世話するのは母の役目。

でも、一番の理由は、母がじぃ君のおみやげに
ボイルしたささみをいつも持ってきてくれるから!

ドライフードしか普段はあげないので
じぃ君にとって、ささみは夢ような食べ物。

母が来るとカバンの中に鼻をつっこみ

「ふぅぅぅぅ〜〜ん、ふぅぅぅぅ〜〜ん」

とそれはそれはセクシーな声で甘えまくる。

そんな大好きな母(=ささみ)だから
じぃ君は「お母さん」という単語にものすごい反応を示す。

会話の中で「お母さん」という言葉が出てくると
ぴくっと顔をあげ
じーーーっとこちらの様子を伺い
母が来るのではないかと玄関の方を気にする。

その様子があまりにもおかしいので
時々じぃ君に 「お母さん来たよ!」とウソをついてみる。


e0140171_6413934.jpg

じぃ君が急いで窓から母を探しに行く様子を見て
「じぃ君、うそだよーー」って。

ごめんね、じぃ君。



そんなじぃ君。

今日は娘をあやしている母にまとわりついたら

「じぃはいいの」

と冷たくあしらわれていた。

最愛のお母さんにまで・・・哀れじぃ君。
がんばれ!
by midori0524 | 2005-03-03 06:40 | 子供 | Trackback | Comments(0)
記念日に夫婦茶碗
e0140171_0342770.jpg

今日は二子玉の高島屋へ行ってきました。

目的は、お茶碗の購入。


明後日の3月3日は
雛祭りと同時に私たち夫婦の結婚記念日。

雛祭りの日なら
娘のお祝いと一緒になるので
その日は家族みんなのお祝いの日になるなぁ、と思い
入籍をしたのだけれど
旦那は多分覚えていない、はず。

むしろ覚えていたらびっくりです。

旦那は覚えていなくとも
せっかくの記念日なので
なにかしたいのが女心。


美味しい物を食べに行くのは娘がまだ小さいから無理だし
旅行はこの前行ったばかりだし・・・。

そこで思いついたのが
新しいおそろいのお茶碗を買う
ということ。

思い入れのある物は
毎日使ってあげた方がいいから
記念日にお茶碗を買うって
ちょうどいいのでは。

私ったら、ナイス アイデア!!

ということで
お茶碗探しの旅に行ってきました。

大きさの違う夫婦茶碗が並んでいる姿よりも
同じ大きさのお茶碗同士のほうが私は好きなので
同じ物を2つ買うか
同じ作家さんのものを2種類買うか。

そして、白っぽくて
ぼてっと丸っこい感じのがいい。

そんなイメージを抱きつつ
雑貨屋さんや食器売り場をうろうろするも
なかなか欲しい物に出会えなかった。

ちょっと妥協してイメージとは違うけれど
白い素朴な感じのお茶碗に決めた。

そして、このお茶碗はなぜか大きさの違う2つが
並んだ方がしっくりときたので
大小サイズ違いで。

ついでに、ぽってりとした醤油差しも。


毎日のテーブルに並ぶこのお茶碗に触れる度に
当たり前の毎日に感謝できますように。
by midori0524 | 2005-03-03 00:34 | 暮らし | Trackback | Comments(0)