日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2005年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ばななとおれんじ
e0140171_9323461.jpg

今日も朝からいいお天気。

仕事をしていたときは
日曜日の夜に引き続き
月曜日の朝も少し憂鬱だったけれど
いまは曜日すらあまり意識しない生活。

そして、専業主婦になってから毎朝その日に
なにをしようかな、と考えるようになりました。

ささいなこと
例えば、パンを焼こうとか
あの本を読もうとか
気になってたあれを調べようとか。

いつもの生活にちょっとしたことをプラス。

そういうことが出来る
時間的なゆとりが嬉しかったりするのです。



今日はジャムを作ろうと思う。

ロミさんのジャムレシピが雑誌に載っているよと
お友達が教えてくれたので気になっていたもの。

本に載っていたのは「バナナとオレンジのジャム」。
名前を聞いただけで口の中にいい香りが広がります。


作り方はとっても簡単。

バナナとオレンジとレモン汁、グラニュー糖を
お鍋で10分煮るだけ。



e0140171_9455757.jpg

あっという間に完成。感激。

スーパーにお買い物に行くより楽ちんです。






e0140171_947694.jpg

早速、お昼に味見を。

パンはシンプルなブッシュカンパーニュ。

バナナもオレンジも実がゴロゴロと残り
ちょっとコンポートに近くてフルーティ。

有塩バターの塩気とジャムの甘みがとてもよく合います。

おいし〜〜〜〜〜い。

久しぶりのジャム作りに興奮し
その勢いでロミさんのジャム作りの本を早速注文しました。


今日の何しようかな、は
暫くジャム作りになりそうです。
by midori0524 | 2005-01-31 09:48 | おやつと飲み物
お食い初め


e0140171_9251694.jpg

今日は生後100日目のお食い初め。

年末年始をパリで過ごした友人が
おみやげを持って遊びに来てくれるというので
お食い初めにも参加してもらいました。

お食い初めは

 一生食べ物に困りませんように

という 願いを込めて行う儀式。

祝い膳のメニューは一汁三菜が基本です。

今日のお献立は以下の通り。

・お赤飯
・目鯛の粕漬け
・筑前煮
・セリと小松菜のナムル
・蛤と菜の花のお吸い物
・梅干し

あとは大人のおつまみに

・鶏の黒酢あんかけ
・たこわさ
・カマンベールチーズ&クラッカー


小さい器に料理を盛りつけて
ランチョンマットに並べたら
想像以上にかわいい世界が広がります。

なんだか、私はそれだけで大満足!! 笑



小石は丈夫な歯が生えてきますように
梅干しはシワシワになるまで長生きできますように
筑前煮のタケノコはすくすくと育ちますように

お食い初めだけではなく
行事に用いられる食べ物に込められた
ひとつひとつの意味。

自然、収穫物への感謝の気持ち
家族みんな健康にすごせますようにという願い。

こういったことを
子供たちへ伝えるということも
親としてとても大切なことだと思います。



さて、友人の提案でワインも追加。

お酒が強くなりますように、って(笑)。

お互いの子供達が大人になったら
一緒にフランスにいって
飲んだくれ&お買い物三昧の旅をしたいねー
というのが私たちの希望(妄想?)なのです。


本当はおじいちゃん、おばあちゃんなどの年長者に
食べるまねをさせてもらうと
長寿にあやかれるのですが
今回は旦那が「養い親」の役に抜擢。

食べさせるまねだけでは
ちょっとつまらないので
初めて果汁(プルーン)を飲ませることに。

うちは母乳以外白湯もあげたことがなかったので
初めての味覚にびっくりした様子。

果汁で半泣き状態のあと
梅干しの味がちょっとついた
スプーンを舐めたら
うぇーーんと泣き出してしまいました。

さらに、ワインを飲ませるふりをしたら、
香りのせいか大泣きモード。

ふふふ、まだまだ子供ね。

そんなこんなで
適当に、でも、楽しくお食い初めを
することが出来ました。


毎日の食卓がおいしく楽しいものになりますように。
by midori0524 | 2005-01-29 12:36 | 子供
子供の器

e0140171_12523841.jpg

明日は娘が生まれてから100日目。
お食い初めのお祝いの日。



食べることはそれ自体がとても楽しいことで
そして、そこから学べることも沢山ある。


きちんと食事をするということは
とても大切なことだと歳を重ねるごとに
身をもって感じるようになってきた。

もちろん
食べるということだけではなく
食器などのテーブルウェア
食事をするときの楽しい会話
食べる人のことを考えながら料理する楽しさ
こういった食べ物を取り巻く様々なことは
その人の生活スタイルに大きな影響を与える。

そして
そこから自分自身の体や心を見つめることの大切さと
そこから、大事なものをしっかりとつかむベースが
生み出されるのではないかと思っている。






妊娠中、早い早いと思いながらやっぱり
気になったのは子供の使う食器のこと。

特に
初めての食器は自分なりに納得のいくものを
選んであげたかった。

小さいうちは汚れちゃうし
覚えてもいないから
やすい物でいいのよ
なんてこともいわれるけれど
どうしてもそういった考え方には納得できず
いろいろなHPを参考に選んだのが
MWC.WORKSHOPのファーストセット。

MWC.WORKSHOPはオーダー家具や
木のインテリア雑貨、小物を作っているお店。

このファーストセットは
両手で包み込むと
すっぽり収まってしまうくらいの
小さなお椀とプレート
そしてベビースプーンがセットになった
赤ちゃん用の器。

これは、姉にお願いして出産祝いとしていただきました。

他には、陶器の器としてスタジオMの
プティ・ルパ シリーズを揃え、準備は万端。

小さい器たちを眺めていると
自分が小さい頃に遊んだ
おままごとを思い出すのか
なんだか懐かしくて楽しい気分になる。

そして、これからこの食器を通して
私は子供に何を伝えられるのかな と思うと
責任重大だわ、と身の引き締まる感じもするのです。
by midori0524 | 2005-01-28 12:33 | 子供
お花を買っておうちに帰ろう

e0140171_12294939.jpg

今日は娘の月誕生日。
3ヶ月になりました。

朝遊びの後
おねむになってぐずり始めた娘をいったん寝かしつけ
家事をさーっと済ませて近くのスーパーへ。

そういえば少し前までは
「ベビーカーで出かける」ということにも
どきどき緊張していたのに
すっかりと日常になっている。





e0140171_1231913.jpg

スーパーで夕飯の食材と
3ヶ月記念のケーキを作るために イチゴを買う。
(ホントは自分が食べたいから)

主人の仕事が昨日一段落ついたらしく
今日は久しぶりに家でご飯を食べられるとのこと。

やはりご飯は誰かと食べるのがいい。




スーパーからの帰り道
ふとお花を買って帰ろうと思う。

娘はケーキを食べることはできないから
お花を飾って、見せてあげたら
一緒にうれしい気持ちを感じることができるかも。



そういえば
子供が産まれてから切り花を
買うのは初めてだ。

こういうことに気が回り始めたのは
余裕がでてきた証拠かもしれない。



家の近くのお花屋さんに寄り
さんざん迷ったあげくに
白いスイートピーに決めた。

ここ一年くらい自宅用の花を買うときは
白いお花を選ぶことが多くなった。

白い花と葉茎のグリーンの組み合わせが
一番シンプルでほっとする。

カラフルなものは部屋に飾るには賑やかすぎる。
年のせいかな。笑



家に飾って早速、花びんに飾る。

里帰り中にサボテン以外の植物が枯れてしまい
無機質な雰囲気になってしまっていた部屋が
少し柔らかい感じに変わった。

すごくいい。



スイートピーの花言葉が気になり調べてみた。

「優しい思い出」


すごくいい。
by midori0524 | 2005-01-21 12:28 | 子供
カフェデビュー
e0140171_6195695.jpg

今日は娘のカフェ・デビュー。
もちろん、おじゃましたのは姉のお店。

妊娠中も産院が近かったため
検診の度にランチを食べに行き
みんなにお腹をなでてもらいながら
沢山の栄養と愛情をこのお店でもらいました。


姉のお店といっても
泣いてしまったりしたら迷惑がかかるので
ちょっとためらいもあったけれど
ランチの終わったあとの
少しお客様の引いている時間帯を狙って。



こんにちは。


お店に着くとお客様は2組。
片方のお客様は顔見知りのご近所のお花屋さん。

開口一番「大きいわね〜〜〜」。

えぇ、もう、7キロ近いですから。。。。


ランチのオムライスを食べ
姉夫婦とバイトの子と
久しぶりにいろいろおしゃべり。

娘もご機嫌でにこにこ&きょろきょろ。

知らない場所に来ると
本当に首を左右に振りながら
いろいろなものをじーっと見つめています。

そんな姿を見ていると
彼女のいる世界、感じる世界を
少しだけのぞいてみたくなる。





デザートには、モワールショコラを。

ここのモワールショコラには
マスカルポーネのアイスが添えられている。

今日のアイスには5種類のベリーのコンポートに
なんと胡椒がぱらり!

胡椒!?!?

恐る恐る口にすると
おいしいーーー(涙)。

甘いアイスクリームに
アクセントになる胡椒の風味。

これがベリーとチョコレートによく合うのです。

帰りにはおみやげにVIRONのセーグルフィグと
クロワッサンアマンド、それにジャガイモを
練り込んだパンを持たせてくれました。

毎朝、お店で出すパンをVIRONに買いに行っていて、
今日は私が来るというので買ってきてくれたんですって。

あーーん、感激。




あと、もう一つおみやげが。

お店の一周年記念にと作った缶バッチ。

その台紙のうらには娘のちっちゃな手の写真。

お店も娘もまだまだ赤ちゃん。
一緒に沢山のひとに愛されて成長できますように。



久しぶりに楽しんだ
産前のいわゆる普通の生活。

「楽しかったね。」と娘に話しかけると、
ニタッと笑って
手足をばたばた。

そんな様子に母親がハッピーであることが
子供にとってはハッピーなのかと思うのでした。
by midori0524 | 2005-01-11 06:18 | 子供