日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:子供( 331 )
こどものことば

e0140171_06005126.jpg



「足が漏れてるよー」

と叫ぶ次女。


足が漏れるとは
タイツがきちんと履けていなくて
指先にタイツの先がくたっと
なっている状態を指すちびっこ語。


語彙が少ない2、3歳の頃の
こういうヘンテコな言葉って
伝えることの必死さと
そこから生まれるものすごい想像力と
それを発する小さな姿が混ざり合って
なんともかわいい。


そして
かわいすぎて
笑っちゃって
正しい言葉を教えるのは
ま、いっか、と思ってしまう。


そういえば、
長女も「しゃがんで!」というのを
「沈んで!」って言ってたっけ。






by midori0524 | 2016-03-11 19:37 | 子供 | Trackback
1、2、3、4 *5月
e0140171_19533669.jpg
最大級の要求を表すときに

「いっぱいいっぱいちょうだい!7、8、9!」

と言う次女。

3つ並んだものをみても

「7、8、9。いっぱいねー」

と、7、8、9の概念がヘンテコなまま定着しそうです。

さらにチョコが欲しいとき限定で

「こちょ。こちょ食べたいのー。」

「何個欲しいの?」

「いっぱいいっぱい、わん、ちゅー、ちゅりー、ぽーーーー!!」

となぜかマイケル風の英語でカウントします。
子供って面白い。

by midori0524 | 2015-12-24 00:03 | 子供 | Trackback
こどもの絵
e0140171_759941.jpg

  はい、おてがみどうぞ。
  ママだいすき、ってかいたの。

と毎日何回も私の顔を描いてくれる次女。

今日くれた絵を見てみると・・・
ついにリアリズムを追求しはじめた模様。笑



その数日後。

e0140171_9125011.jpg

ややキラキラお目々の絵を持ってきてくれた次女。
2歳児の絵らしく、顔から手足が生えている。


 手と足がここから出てるでしょ?
 これって、こういうことなんだよ。


e0140171_9131390.jpg

と、ややリアルな絵を描いてあげたら
はっ、と何かを思い
ちょっと引き気味だった次女。

その日のお絵描きは
それっきり行われませんでした。笑



by midori0524 | 2015-12-02 12:00 | 子供 | Trackback
ドラえもん
e0140171_7204494.jpg

e0140171_7205894.jpg
e0140171_7203096.jpg
e0140171_7201450.jpg

昨夜大量生産された2歳児のドラえもん。
きもかわいい…。





by midori0524 | 2015-11-30 23:50 | 子供 | Trackback
消えちゃった
e0140171_2330324.jpg

「あっ、消えちゃった。」

日が暮れた空に気がついたとき
次女が最近口にする言葉。

お日様が消えちゃったのか、
灯りがパチンと消えちゃったイメージなのか。


 *

食べ物のお代わりをするときには

「もういっこ! にこっ!!」

と言っていたのが

「いっぱいいっぱいちょうだい! 7、8、9!」

と言う。

それはもう必死に
彼女の中の大きなものを
並べているんだろうな。

あのきらきらした瞳の奥に広がる世界を
想像するのはとても楽しくて
とても優しい気持ちになるものです。

子供って見つめれば見つめるほどにかわいくて
向き合えば向き合うほどに愛おしい。







by midori0524 | 2015-04-23 17:29 | 子供 | Trackback
変わるものと変わらないもの
e0140171_1525049.jpg

毎年変わらず訪れる季節や風景の中では
変わってゆくものの輪郭が
普段よりもくっきりと目に映る。

子供が出来てからは特にそう。

瞬間瞬間ごとに
体も心も成長していくのが子供で
日々の暮らしの中でも
はっきりとそれを感じているのだけれど
この満開の桜の風景をバックに
去年とは違う子供の姿を見つめると

  子育ては離れるための時間です

という言葉が思い出されて
ひどく切なくなる。

変わらないものと変わるもの。

どちらも愛おしくて
涙が出そうになる。





毎年お花見に行くと
長女が私の写真を
撮ってくれるようになったのは
いつの頃からだろう。

桜の中で笑っている
自分の写真をみると
ファインダー越しに
それを見つめる
長女の姿と心が見えてくる。

来年あたりには
私の背丈に近づいた長女と私の写真を
次女が撮ってくれるのかな。





by midori0524 | 2015-04-02 15:23 | 子供 | Trackback
かくれんぼ

e0140171_22454391.jpg

かくれんぼ中。

by midori0524 | 2014-10-24 22:00 | 子供 | Trackback
水浴び
e0140171_21261228.jpg

水浴びの後はおむつ一枚で遊んでいて
たまに思いついたように
おっぱいを飲みにやってくる。

裸ん坊の背中をなでながら
肌と肌が触れ合うひとつひとつの感覚が
彼女の一番深いところにある
大切な根っこに
水を注ぐのだろうなと思ったら
とても幸せな気持ちが流れ込んできた。

注いで注いで
そして溢れ出たものを
静かに受け取る。

そんな毎日の中で
とりわけ鮮明に感じるのは

私が 今 どう 想うのか

それが全てであるということ。




by midori0524 | 2014-08-01 18:17 | 子供 | Trackback
昼下がり
e0140171_22112868.jpg

自分でクッションをベランダに持ち出して本を読んでいた。
そのとても小さな後ろ姿がかわいいなーと思った昼下がり。
(本は逆さまだけど!)







by midori0524 | 2014-06-30 15:00 | 子供 | Trackback
6月
e0140171_235680.jpg

毎月1日恒例の写真撮影と
シャボン玉遊びからはじまった6月の朝。

下の娘も1歳と4ヶ月に。

持って生まれた性質と
次女というポジションからか
自由で愛嬌たっぷりで自我も強い。

最近は気に入らないことがあると
口を突き出してアピール。
こういうことって
何かをみて覚えるのではなくて
自然にそうなる、のが面白いと思う。

ちぎりパンみたいだった
ふかふかむちむちの腕も
もう1年前の風景。

最近は熟女っぽい二の腕をしています。



どの瞬間もとどまることがない。
過ぎ去ってゆくこと
変わってゆくこと
それだけが事実であることの中で
自分の内側を使い
目の前に広がる瞬間に
どんな色付けしていけるのか
そんなことを考える。




by midori0524 | 2014-06-01 23:03 | 子供 | Trackback