日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:朝ごはんとお昼ごはん( 31 )
りんごのグラノーラ

e0140171_20224230.jpg

すりおろしたリンゴとはちみつ、
ブラウンシュガー、豆乳、オリーブオイルに
スペルトフレークとオートミール。

ナッツとドライフルーツは好きなものを好きなだけ。
つまり適当に!

シナモンも加えて、秋らしい香りのするグラノーラが出来上がり。

混ぜて、オーブンでゆっくりと焼いて。
簡単でシンプルなものを作る時間は
いつでもやさしい気持ちで満たされていく。



by midori0524 | 2012-10-17 20:35 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback
しっとりふんわりフレンチトースト

e0140171_14455615.jpg

今朝はフレンチトースト。

昨日の夜、眠る前に「あっ、フレンチトーストが食べたい」と思って、パンを卵液につけておやすみなさーい。
一晩卵液につけておくとしっとりふんわりおいしいよ、という話はよく耳にしていたけれど、いつも行き当たりばったりな朝ごはんだから、今回が初体験。

どきどき。どうかな・・・・おいしかったー。



e0140171_14524925.jpg

朝起きたときのパンの様子。卵液をしっかりと吸い込んできれいな黄色に。
おいしそうなカステラみたい。




朝といえば、最近の朝の様子。
夏休みなのに娘の生活リズムは崩れることがなく、いつも私が目を覚ますと既にシャワーを浴びて、着替えて、毎日のドリルをやっていたり、DVDを観ていたり、朝から元気いっぱい。
夏休みだから少しゆっくり寝ててもいいのに〜とはじめは思ったりもしたけれど、ここまで朝時間を楽しく使っているのであれば、よいことかなと思ったり。朝、活き活きしている姿は見ていても気持ちがいいしね。ちなみに夜は19時就寝!

私は起きたら娘の朝ごはんをまず用意して、白湯を飲んで、お掃除を。相変わらず朝の拭き掃除が気持ちよくて、カラダを大きく動かしていると暑くて汗がじんわりでてくるのだけれど、暑い!暑い!と言いつつも、この体中が巡る感覚がすごくいい。お掃除のあとは軽くヨガ。太陽礼拝を5セットといくつかのアーサナにストレッチ。それからシャワーを浴びて、ゆっくりと朝ごはん。

今年の夏休みのリズムはこれで決まり。












by midori0524 | 2012-08-03 19:54 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback
ミルクバターパンケーキ

e0140171_904573.jpg

「ママ、パンケーキ作ろうよ」の声で起こされる日曜日の朝。
定番はミルクバターの代わりに牛乳とレモンで作るパンケーキ。
混ぜて焼いていい香りが広がって。

 フライパンをあたためたらこうやって
 濡れたふきんの上でじゅっと冷やして
 それから生地を入れるんだよ。
 少しするとぷつぷつ泡が出てくるから
 そうしたらひっくり返すの。

繰り返し私が口にする作り方と目の前で一枚一枚焼かれてゆくその様子をカウンターに頬杖をつきながら楽しそうに娘が見つめている。

大人になると滅多に食べないけれど、たまに食べると「わーい!」とうれしくなるのはこういう小さい頃の思い出やなんども繰り返し見た絵本の中の挿絵と重なるからなのだろうな。パンケーキって特別な食べ物。












by midori0524 | 2012-04-22 09:01 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback
お昼ごはん

e0140171_1431320.jpg

午前と午後の用事の合間に友人と自宅でお昼ごはん。

  ねえねえ、あのサラダが食べたいなー。

とのうれしいオーダーに塩麹のグレインズサラダを。
あとは、野菜と豚肉の治部煮、春雨サラダ、金時豆の甘煮、豆乳とかぼちゃのポタージュ。

誰かと食べるごはんはおいしい。
単純にそう思える。






仕事のこと、家族のこと、星のこと、過去と未来のこと。
どんな話をしていても心の奥の大切なことに触れてくる。

部屋の中にいても、外を歩いていても、空を見上げても、目を閉じていても。
白い雪の中できらきらと輝く光がどこにいっても追いかけてくる。

とてもきれいな一日。











by midori0524 | 2012-01-24 14:42 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback
塩麹のグレインズサラダ

e0140171_13255100.jpg

とーーーーってもおいしかった。



ひとりでお昼ごはんを済ませるときに
よく作っているグレインズサラダ。

昔は前菜として作ることが多かったのだけれど
ピュアカフェのグレインズサラダを食べてから
どーんとメインの一品として作るようになった。

その場合は酸味を少し押さえて作るのがポイント。



そのグレインズサラダと最近ちょこちょこ使っている塩麹を
合わせてみたらとんでもなくおいしく仕上がってしまった!





e0140171_1334530.jpg



冷蔵庫にあるお野菜を用意。
今日は、人参とレンコンを歯ごたえよくフライパンで炒めて塩こしょう、顆粒コンソメ少々。
茹でたブロッコリー、ひよこ豆とスライスして塩揉みをしたラディッシュ。

そこに、オリーブオイルとお酢と塩麹とゆずの千切りを。



e0140171_1334552.jpg

混ぜまーす。
玄米も入れて混ぜまーす。



e0140171_13355315.jpg

出来上がり。
お野菜もたっぷりで歯ごたえもよくて食べると元気が出てくる。

大喜びで食べてくれそうな友人の顔が浮かぶ。
みんな食べにきて!










by midori0524 | 2012-01-17 13:00 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback
朝ごはん付き

e0140171_8172450.jpg

朝ごはん。
食パンをグリルしてライムの蜂蜜にシナモンをぱらり。
トーストにしたヒルサイドパントリーの食パンは
さっくりとした食感ともちっとした食感のバランスがとてもよい。


シンプルな朝ごはんを食べながら
ふと思い出したひとつの朝の風景。




大学生の頃、ひとりで行ったポルトガルでのこと。
ナザレという田舎の港町へ向かうバスの中で
隣に座ったおばあさんが話しかけてきた。

  ホテルは予約してるの?

といっても、ポルトガル語は全く分からないので
おばあさんの両手を合わせて頬に当てる
「眠る」というジェスチャーで想像しただけなのだけれど。


以下、すべてジェスチャーと想像。

  うちには部屋が沢山あるから泊まったらいいわよ。

と小さなアルバムに入った部屋の写真を見せてくれた。

  これがベッドルーム。
  これがキッチン、リビング。
  どう?かわいいでしょう?
  息子たちは街に出てしまっているから私一人なの。
  朝ごはんがついて○○エスクード。

どうやらバスの中で客引きをするのが
ここのおばあさんたちのやり方らしい。

どっちみちバスを降りたら宿探しをしなくちゃいけないのだし
かわいいおばあさんの暮らす普通のおうちに泊まれるのも
楽しそうだなあ・・・とお世話になることにした。



海沿いのバス停を降りる。
絵に描いたような田舎の漁村ののんびりとした風景。
思わず立ち止まってぐるりと周りを見渡す。
気づくと随分と先の方まで歩いていたおばあさんがこっちこっちと手招きをしている。
小走りでおばあさんに追いつき肩を並べてナザレの街を歩いてゆく。

白い建物が並ぶ細い露地には洗濯物がひるがえり
玄関先や石畳の隅っこで猫たちがのんびりとお昼寝をして
その横でおしゃべりに夢中になっているおばあさんたち。
名物のイワシを焼く匂いもどこからか流れてくる。

本でイメージしていた二次元の世界が
実際に五感に触れてばーんと扉が開く瞬間が
旅の楽しさのひとつだと思う。

私の目にはすべてが珍しくきらきらと映るのに
足元を見ながらすたすたと歩いてゆくおばあさんには
当たり前の風景なのだと思うとそのギャップにもわくわくする。

おばあさんと私。
言葉はほとんど通じないけれど
なんとなく言っていることは分かるのが面白い。

  ここの角を曲がって
  ここのレストランが目印ね。
  ××がおいしいからあとで食べるといいわよ。


おばあさんのおうちは想像以上にきちんとしていて
かわいい絵皿や写真があちこちに飾られていてとてもかわいらしかった。




さて、朝ごはんの話。

「朝ごはん付き」ということなので
目が覚めて身支度を整えてから部屋でその日の予定を考えつつ

  朝ごはんの支度ができたわよ〜〜

という声を待っていたのだけれどおばあさんに言われたのは

  朝ごはんを食べにいくわよ〜〜
  さあ、支度をして。

!?!?
えっ?笑


どうやら朝ごはんは近くのカフェに行くらしい。
おばあさんと一緒に食べるのかなとか
あれこれ考えながら歩くこと5分。

カフェに付いたら顔なじみという感じのお店のお兄さんに

  この子をよろしく!

みたいな感じで声をかけたらおばあさんは帰ってしまった。笑

びっくりしたけれど楽しい想い出のひとつ。




旅メモを読み返しても面白い。

e0140171_8581810.jpg

 *ナザレのおばあさんはミニスカートを履いている。
  7枚重ねのスカートがかわいい。
  レースのスカート4枚+柄スカート3枚くらい。
  それにぶあついウールの靴下。


 *ポルトガルはコーヒーがおいしい。
  入っている器によって呼び方が変わるみたい。
  私が好きなのはグラスに入ったホットミルクコーヒー、ガラオン。
  カップ入りだとガロトという名前。


e0140171_92139.jpg

 *昨日のレストランへ行った。
  今日はとても混んでいたけれど覚えていてくれて昨日と同じ席に通してくれた。
  今日はカタプラーナ。Good Choice!と言われただけあってとてもおいしかった。


e0140171_975771.jpg

 *隣の席の家族はひたすらイワシの塩焼きを食べていた。
  ひとり20匹くらい。
  もくもくと・・・・。
 *今日はカーニバルの最終日。
  子供たちの仮装パレードがかわいい!





  


by midori0524 | 2012-01-16 09:08 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback
交換こ

e0140171_9575396.jpg

朝ごはんにみかんのマフィンを食べる。

昨日、同じマンションのお友達に
夜ごはんのきのこのマリネのお裾分けを持っていったら
彼女も作ったマフィンを渡そうと思っていた、と笑顔と共に交換こ。

ちょっとしたちいさなものでも
贈り物には相手を想う気持ちが添えられている。

同じタイミングで同じように
ふと思い出してくれたのだなあと思うと
なんだかとてもうれしくなる。


ありがとう。
とってもおいしかった!



e0140171_1012935.jpg

包みもメモもかわいかったー。









さて、早いもので10月。
楽しい週末を。





by midori0524 | 2011-10-01 10:01 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback | Comments(6)
豆乳蒸しパン
e0140171_91381.jpg

冷たい窓に手をかけて朝に向かって大きく開く。

淡い水色の空からまっすぐに流れ込んでくる透明な冬の空気が
一日をクリアな気持ちでスタートさせてくれる。
今日もいい朝。
おはよう。



e0140171_9123097.jpg

朝ごはんに娘と蒸しパンを作る。
ベーシックな蒸しパンは、小麦粉、ベーキングパウダー、お砂糖、お水。
卵とサラダ油を入れるしっとりとしたタイプよりも
昔から食べているこの表面がぱかっと割れる蒸しパンが好き。

今日はお水の代わりに豆乳を使って
WILTONのお花のベーキングカップで作ってみる。


e0140171_9162515.jpg

ひとつは娘の希望でココアを入れてチョコレート味。


e0140171_9184415.jpg

もうひとつは余っていたさつまいもを甘く煮たものを混ぜて。






1、2、3とあっという間においしいおやつが出来上がるのって
子供にとっては魔法みたいに見えるのかもしれない。

わくわくきらきらした瞳を見つめ
おいしいねの言葉が聞きながら
簡単おやつを作るのはとてもたのしい。










by midori0524 | 2011-01-16 09:56 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback | Comments(2)
レモンミルクパンケーキ
e0140171_8271934.jpg

   パンケーキが食べたい!

娘のオーダーで今朝の朝ごはんが決まる。



  *



パンケーキを焼くのは楽しい。

小さなフライパンで焼くだけなのだけれど
生地をリボンみたいに落としていって
まるくなりますようにって小さく祈って
滑らかな生地の表面にぷつぷつと小さな泡が表れるのを待つ。

その小さなぷつぷつとか
フライパンから漂い始めた甘い香りの強さとか
生地全体の色とか伝わってくる熱とか
そういういろんな感じることが
今よ!と教えてくれるタイミングで
生地をひっくり返す。

心はとても慎重なのに、えいって手早く。

そこにあらわれたキツネ色が
やさしくこんがりとしていると
なんだかとってもうれしい。

やったー!ってハイタッチしたくなるくらい。



小さな頃からずっとそう。
変わらずうれしいことがあるってとても幸せな気分。








e0140171_8275555.jpg

今日のレシピはエル・ア・ターブルに載っていたレシピ。
本当ならバターを使うバターミルクパンケーキなのだけれど
バターの代わりに、牛乳にレモン汁を入れて温めて
とろりとさせたもので作るやさしい味わいのパンケーキ。

おすすめです。





by midori0524 | 2010-09-04 08:48 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback | Comments(2)
はじまりのお皿*イッタラのティーマ
e0140171_12114141.jpg

お気に入りの湯種食パンの上にハムとチーズにキャロットラペ。
こんがりとろりトーストして。
今日の朝ごはん。



朝ごはんのテーブルに一番登場するのは
やっぱりこのイッタラのティーマ

どんなお料理も映えるデザインと
北欧らしいあたたかみのあるホワイト。

シンプルなものほど飽きがこないのだということを
心の底から実感した最初の器かもしれない。

そして、お料理を盛りつける楽しみを
教えてくれたのもこの器。



しっかりとした厚みがあるのも
毎日使う器としては大切な事。

もう何年も使っているけれど
割れたり、ひびが入ってしまったものが
ひとつもないのはとても優秀だ。



昨日、いつもお世話になっているショップの店長さん、
といっても私よりもずーっとずーっと若いお嬢さん、が
出産に向けてお店にでるのが最後となった。

その彼女にお疲れさまと新しい生活を楽しんで、の
想いを込めてプレゼントしたのはこのティーマのプレート

自分の経験含めて、お料理初心者の人にこそ
まずは使ってもらいたいと思っていたので
ここ最近お料理に目覚めたという彼女にぴったりだと思う。

それに、作家さんのものと違って
いつでもどこでも手に入るので
どんどん買い足していけるのも大きなメリット。



シンプルな暮らしの中にある豊かさと
家族で囲む幸せな食事の時間を
このプレートとともに育てて欲しいと思う。







by midori0524 | 2010-06-01 06:30 | 朝ごはんとお昼ごはん | Trackback | Comments(4)