日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:星と月( 116 )
New Moon
e0140171_11344885.jpg

獅子座の新月の朝。

獅子座の新月が教えてくれることは

 自分の人生を楽しく生きよう

それだけだ。

よい一日を!

by midori0524 | 2013-08-07 09:00 | 星と月 | Trackback
Full Moon
e0140171_712149.jpg
もうすぐ獅子座に移る太陽と
水瓶座の月が満月をつくる。

内側が映し出された現実が表れる満月の頃。
目の前にあるものは誰かのものではなくて
すべて自分のもので
そして自分自身でもある。

だからこんなに苦しかったり
切なかったり
愛おしかったりするのだと思う。

いいことも
そうでないと感じることも
そのまま受け入れて
また新月に向けて
手放しのサイクルへ。

ぐるりと回りながら
進んでゆくスパイラルを
生きてゆく私たち。

どちらへ向かうかは
自分の意識の向かう方へ。

この前友人が
意識のすごさについての
話をしてくれた。
心も体も
過去も未来も
そして、今この瞬間も
意識でどんどん変わってゆく。
変わることが出来る。

そのためには
ほんの少しの勇気を持って
本当の自分を
抱きしめてあげよう。


夜の雲の上で大きく光る月を思いながら
おやすみなさい。

by midori0524 | 2013-07-23 01:00 | 星と月 | Trackback
おやすみなさい
e0140171_153692.jpg

子供たちと眠ってしまい
日付が変わって帰宅した
主人の気配で目が覚めた。

主人の夜ごはんを支度して
彼が買ってきたくれたアイスクリームを
一緒に食べながら
今日はお姉ちゃんがリコーダーを持ち帰ってきて
赤ちゃんに吹いて見せたら
びっくりして号泣したこととか
昔2人で行った新宿のレストランは
どこのお店だったっけと彼が聞くので
お互いの記憶のピースを繋げようと思ったら
「中華だったよね?」
「え、和食じゃなかった?」
「個室だったよね?」
「えー、広くて空いてたんじゃない?」
と全く違う記憶ばかりがでてきて笑っちゃったり。

洗いものをして
ローズマリーとオレンジのスプレーで
キッチン周りを磨き上げながら
今日という日に生まれた心のざわめきも
きちんと見つめてあげて
きれいに整理して消化してゆく。

見て見ぬ振りはしないこと。
目の前の汚れと同じように
時間が経てば立つ程に
それは落ち難くなり
一番困るのがその状態が普通になって
自分では見えなくなってしまうから。

だから、ちゃんとしっかり小さな揺らめきのときに
自分で拾い上げてしかるべき場所へと
心も片付けてあげるのがいい。

それくらいならキッチンを
さっと磨き上げる数分で
出来てしまうことなのだから。

特別なことをしなくても
日々の掃除やお料理は
メディテーションのように
心を整えてくれる。
だから、家事は向合う程に
心地よいのかもしれない。

空になったペットボトルのラベルを外して
ベランダのゴミ箱へ捨てようと外に出たら
満ちてゆく月が低い空で輝いていた。

柔らかくて大きくて静かな月明かりを眺めていたら
大きな手に包まれているみたいに心がゆるむ。

おやすみなさい。
いい夢を。

そうそうさっきのうたた寝で

 あなたは紫色だったわよ。

と言われたのだった。
その続きのメッセージが聞けるといいな。

もう一度、おやすみなさい。



by midori0524 | 2013-06-22 02:13 | 星と月 | Trackback
夏至
e0140171_16555436.jpg

地球と水星と金星が並ぶ夏至の朝。

目を覚まして最初にみたのは
頬に触れそうな場所で
軽く握られた赤ちゃんのふっくらした手で
その向こうにある寝顔に視線をうつしたら
目を閉じたままきゅっと口角をあげて微笑んだ。

朝の白い光が入り込んだ窓辺のカーテンの向こう側と
ぼんやりとひとつだけついているライトと
朝の空気の中で小さくゆれるグリーン。
そして、リビングから流れてくるお姉ちゃんの気配。

ひとつずつ大切なものを確かめるように
深い呼吸とともに感じてゆく。

静かにやわらかくはじまった新しい一日。

おはよう。
今日もよい一日を。

by midori0524 | 2013-06-21 05:55 | 星と月 | Trackback
選ぶこと
e0140171_1649245.jpg

今日は双子座の終わりのところで
木星に太陽が重なった。
そのまま太陽は木星を追い越して
一足先に蟹座へと入ってゆく。

明日は夏至。
一年で一番昼が長く夜が短い一日で
太陽のエネルギーが極まる日。

太陽が地球をしっかりと照らすように
自分自身の内側もしっかりと照らしてみよう。
頭の中ではなく心の中を。

自分自身の声をしっかりと聞いてみよう。
頭の声ではなく心の声を。

自分が見ている世界は
自分の心が映しているもので
何を映してゆくのかは
自分自身で選ぶことができる。

選ばなくてもいいけれど
選ぶことができることを忘れずに。

いつでも平和な心を選べるんだよ。





by midori0524 | 2013-06-20 23:48 | 星と月 | Trackback
New Moon

e0140171_125763.jpg

新月に向かう朝。

牡羊座の新月は
はじまりのはじまりみたいなタイミング。

おぎゃーと赤ちゃんみたいにまっさらで
何も恐れることなく喜びだけで飛び出していこう。





「幸福というものはすなわち一種の感謝の気持ちにほかならない。 」
 - ジョゼフ・ウッド・クルーチ

はじまりの日にぴったりのすてきなことば。






by midori0524 | 2013-04-10 05:55 | 星と月 | Trackback
New Moon

e0140171_1148227.jpg


おはよう。
魚座の新月とともに迎える朝。
全ての輪郭を溶かして、新しく生まれ変わる準備を。






by midori0524 | 2013-03-12 05:05 | 星と月 | Trackback
満月と粉雪
e0140171_8475387.jpg

ちらちらと舞いはじめた雪を見ながら
木の皮でできたお花を一週間の花器に飾る。

2杯目の白湯をすすってから
白く煙る窓をきゅっと手でこすって外をみたら
家の屋根や木の上に粉糖みたいな細かい雪が積もって
そして、もう水色の空が光っていた。




e0140171_15472952.jpg

日曜日。
お昼過ぎに満ちた月が低い空で大きく輝きはじめた頃家族でISOLAへ向かった。
久しぶりに足を運んだけれど娘もピッツァを一口食べて「おいしい!」と大喜び。
私もやっぱりシンプルなマルゲリータがとてもおいしいと思う。

獅子座の満月。
何かが決まって一区切りというタイミングらしい。
獅子座のこの位置の月はかなりばっさりと自己主張するので
そういう自分らしさを出して決断をするのにいいのかもしれない。
誰かの想いを汲むことや自分を抑えることも大切。
でも、やっぱり自分が心から喜ぶことをベースにしないと
どこかでなにかがバランスを崩して
誰かのためが自分のエゴとすりかわったりしてしまいがちだから。

自分の本当の喜びを知っている人は
とても強くてやさしいということも
もうこの年になるとよくわかる。



再び細くなりはじめた月の下
今週もよい一週間になりますように。


by midori0524 | 2013-01-28 08:30 | 星と月 | Trackback
Full Moon
e0140171_1129693.jpg

目の端になにかが動いたので顔をあげたら
窓の外にきらりと光るシャボン玉。
ゆっくりゆっくり踊るように
水色の空にふわふわとのぼっていった。
かわいい。




昨日は今年最後の満月。
蟹座の7度、数えでいうと8度という場所には
「服を着てパレードするウサギ達」というサビアンシンボルを持つ。

サビアンの8度には落差を越えるという意味があって
蟹座では優れたお見本をまねることで
自分の中の葛藤を越えようとするらしい。

憧れるって素敵なこと。
憧れる気持ちは相手を認めることからはじまるのだから。

周りの人たちの中にある眩しいところを
嫉妬ではなく、いいなって素直に思える、言えるって
未来の自分に繋がるとても大切な気持ちだと思う。


ウサギ達はきっとどこかで見かけた素敵な服を
真似して作って身につけて
どこかで見た踊りを踊りながら
あたらしい自分たちのパレードを楽しんでいるのだろうな。





by midori0524 | 2012-12-29 08:00 | 星と月 | Trackback
チリンチリン
e0140171_0123961.jpg

今夜は双子座にいる木星に月が重なる夜。

そこに私の中にある水星が共鳴して
楽しげな音をならしているみたい。

好きな本を読みながら早めに眠ろう。
夢の世界で出会う風景も楽しみ。
おやすみなさい。



by midori0524 | 2012-12-27 00:15 | 星と月 | Trackback