日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:星と月( 116 )
New moon
e0140171_23173578.jpg


今日、会社で上司と話をしていたとき

なにかの流れで

「正しい想い」

についての話になった。


私は子供が出来たときに
一度立ち止まって
自分のあり方を考える機会が出来たこと

そして、それから自分の中を
見つめるようになったことなどを
なんとなく口にした。


すると、


  正しいっていう漢字は
  一と止まるで出来ているだろ。
  一度立ち止まることが
  正しさを生み出すものなんだよ。


と言われてはっとすると共に
小さなベルが心の奥深くで鳴り響いた。



もうすぐ月が最後の光を落とし全てを浄化する。

新月の日とシンクロする言葉。

今夜はきちんと立ち止まって
自分の中を見つめてみよう。

全てを空っぽにすることが
正しい想いを輝かせるはず。
by midori0524 | 2009-03-26 23:17 | 星と月 | Trackback | Comments(2)
Full moon
e0140171_23543652.jpg


今日は満月。

急いで会社から帰ってきて20時過ぎに家にたどり着く。


上着を脱いで手を洗ったら
そのまま、オイルを落としたお水で
部屋中を磨き上げる。

全てがクリアになって
ふんわりいい香りが広がったら
キャンドルをつけよう。



ほんの一息、大きく空気を吸い込んで
急いでシャワーを浴びる。



9時を過ぎた頃
お気に入りのお香を焚いて
満月の夜のメディテーション。


深い呼吸をする度に
不要なものを手放していく。

思いを曇らすものがなくなると
きれいなビジョンが目の前に広がって
ぐっと何かとコネクションする。


想いを越えた心地よさの中。

自分の境界線がとろんと溶けて
全てのものに繋がって
ひとつの光に溶け込んでゆく。


半分眠りについたように遠のいていた意識が
今、ここ、に引き戻される。



なんだか本当の自分を
思い出すような満月の夜。
by midori0524 | 2009-03-11 23:53 | 星と月 | Trackback
New moon
e0140171_23345438.jpg

新月の朝。

燃えるような朝焼けと

e0140171_2335387.jpg

もこもこと羊のような薄い雲が広がる青空がやってくる間。


空の高い高いところでは
月がほっそりとした光のラインになる。


新月のときは浄化のエネルギーが満ちあふれているという。



私のからだも、今、クリアになりたがっているのを感じる。

ここ半年くらい
ミネラルウォーターをあまり飲まなくなった。

理由はないのだけれど
ただ、飲みたいと思わなくて
手が伸びるのはお茶やコーヒー。

ところが、今月に入ってから
くるりとからだが欲するものが変わった。

ミネラルウォーターを飲むというよりもむしろ
身体全体に滔々と巡らせたくなる。




お風呂も娘が眠った後にもう一度。

力を抜いて目を閉じていると
池の上の木の葉になった気分。

小さくゆらゆらとしながら
ゆっくりと深く呼吸をしていると
深いところに眠っている
自分のことを思い出す。



おうちヨガも
眠る前の小さなメディテーションも
からだとこころの中にある
要らないものを外に流しだし
手放すことの大切さを教えてくれる。



そのせいだろうか。

小さな頃から持っているちょっとした持病、
痛くもかゆくもないし命に関わるものでもないのだけれど
原因とか治療法とかはっきりとしないやっかいなもの、
が不思議と良くなってきている。

そういうものは大概
自律神経が悪さをしているからね。
by midori0524 | 2008-10-29 21:30 | 星と月 | Trackback | Comments(4)
Full moon drop
e0140171_5595666.jpg

今日は満月。

娘は少し前から丸くなり始めた月を見上げては
「今日は満月?」と気にしている。

今朝、今夜が満月だよと教えてあげると
お月見をしようね、という。

そうか、そうか。
お目当てはお月見なのね。


夜ごはんのオーダーは
手巻き寿司でカゴに入れて欲しいとのこと。

他のおかずはいらないというし
手巻き寿司の具も、まぐろ、納豆、きゅうりの
三点セットがあればいいという。

ありがたや。
楽させていただきます。


e0140171_604395.jpg

ちょこっとだけおかずを作って
娘の大好きなみたらし団子を。


e0140171_615440.jpg
麻布十番 梅芯庵
http://www.baishinan.co.jp/menu/sweets/menu_1.htm


e0140171_6222100.jpg













e0140171_623275.jpg













e0140171_62434.jpg
















私のお休みはちょうど月が満ちる時期にはじまった。

月の満ちてゆくエネルギーとシンクロするように
毎日新しいことや新しい出会いと向き合うのは
まるで自分が満ちてゆくような感じ。


そして、今日は満月。

早朝、まん丸に満ちた月が真っ白に光り輝く昼間
のんびりとした時間の中で
自分の中のぐんぐんと満ちてきたものを
ひとつひとつ丁寧に紐解いてみる。

これまで温めてきたことと
きれいに繋がっているなぁと
ぽとんとお腹の底に
きれいなドロップが落ちてゆく。



e0140171_63359.jpg














来週、娘は4歳に。

このタイミングでお休みをもらって
自分のすべきこと、したいこと、大事にすべきことを
見つめ直すことが出来ことにも
大きな意味があるように思う。


お休みもあと4日。

楽しみです。
by midori0524 | 2008-10-15 23:59 | 星と月 | Trackback | Comments(4)
Full moon
e0140171_2319398.jpg

かんぱーい。

明日からの19連休のお祝いは
Full moon Beerで。
http://www.fullmoonbeer.com/jp/index_j.html

満月の夜明けに醸造され
太陰周期の間
じっくりと熟成されたという
なんだかロマンティックなビール。

e0140171_23201044.jpg














ロマンティックといえば
娘はしりとりで「ろ」が出てくると
必ず「ロマンティック!」という。

初めてしりとりでその言葉が登場したときには
いったいどこでそんな言葉を!?
と目が点になったのだけれど
出所を聞いてみるとなんともかわいらしい。

カメハメハ大王の
「ロマンティックな大王で〜〜♪」から
思いついたんですって。

そういえば
急に「忌々しい」と口にした時も
びっくりしたけれど
あれも「七匹の子ヤギ」の
オオカミの台詞からだったっけ。



インプット&アウトプットの導線が
柔軟で思いめぐらす世界が自由な子供。

知識や経験から一見幅広く効率よく
生み出しているように見える大人のそれは
なんとも味気なく
誰のものでも大差ないものになってしまう。

知識や経験と引き替えに
置いてきてしまったものは?




今朝は自転車で保育園に向かっているときに
霧雨が降り始めた。

すると急に

「けいこの赤ちゃん風邪引いちゃうね。
 赤ちゃんはちっちゃいから。」

と友人の赤ちゃんの心配を口にする。

彼女の中にあるいろんな情報は
まだまだ少ないのだけれど
点と点を結んで引き出されるものが
誰かを想う、やさしいものが多い。

そんな言葉を耳にすると
なんだかひどくうれしく
そしてこのままのちっちゃな彼女で
いて欲しいと想ってしまう。


 このままちっちゃいゆあちゃんがいい?

娘が主人に聞いたことがある。

 そうだなぁ。ずっと3歳でもいいかもしれない。

そんな返事に彼女が言った言葉。

 そうなったら(大きくなったら)
 そうなったのがいいって思うと思うよ。



うん、そうかもしれないね。
by midori0524 | 2008-09-30 23:21 | 星と月 | Trackback | Comments(3)
New moon
e0140171_0123883.jpg

雨降りの中のお迎え。

ちょうど新しい月が雨雲のずっとずっと上の方で
ほっそりと輝きはじめた時間。

その新しいエネルギーのエッセンスを含んだ雫と
自分の中の想いを見つめる。

今月は天秤座の新月。

芸術や美しいもの
協調しながらバランスをとること。
そんな想いが叶いやすい。



ほっとするような土のしめった香りのなかに
ゴールドのラインが光る。

あ、キンモクセイ。

どこだろう。

姿の見えないかすかな香りに
わずかな時間魅了される。


月が光の雫をぽとんぽとんと落としはじめ
再びまんまるに満ちる頃
むせかえるようなキンモクセイの香りに包まれる。

秋から冬への入り口がかすかに開いた。
by midori0524 | 2008-09-30 00:13 | 星と月 | Trackback | Comments(2)