日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:外ごはん( 65 )
フレンチコロニアル料理Aila*恵比寿

e0140171_7473216.jpg


金曜日の夜。

やわらかい雨がしっとりと街を包み始め
ぽつりぽつり灯りはじめたライトの輝きも
しっとりと輪郭が滲んでいく。

そんな雨の日のきれいな風景を楽しみながら
訪れたのは恵比寿にあるAila(アイラ)。

http://www.rvs.jp/rvs.swf

Ailaのお料理はフレンチコロニアル。

モロッコやベトナムなどフランスと縁のあった国々の
エッセンスの滴を落としたフレンチは
どこかノスタルジックな雰囲気。


e0140171_7341356.jpg



恵比寿の住宅街の中の一軒家。

以前、パトリスジュリアンさんのレストランだった
この素敵な場所が今はAilraになっています。

オリーブをはじめ生い茂ったグリーンに
ごつごつとした煉瓦
すっと上がとがったアンティークな雰囲気の扉
雑多な感じなのだけれど
その佇まいは一枚の絵のように素敵で
そして、誰かのお家を訪れたときのような
どこかほっとするような気持ちにさせてくれます。

「Aila(アイラ)」はアラビア語で「家族」を意味することば。

ただいま、とその扉を開いて誰かの笑顔を見たくなります。




e0140171_7575016.jpg



数種類あるコースはプリフィクススタイル。

みんなであれこれ好きなものを選んで
ちょっと一口ちょうだい、と
いろんな味を満喫できるプリフィクスはおいしくてたのしい。


今夜は、アミューズ・前菜・主菜・デザート・飲み物のコース。

さぁ、楽しい時間のはじまりはじまり。


e0140171_861347.jpg

今夜のアミューズは、豚肉のリエットにオレンジの香りが
ふんわりと広がる白身魚とオレンジのエスカベシュ。



e0140171_8121948.jpg

フランス産鴨フォワグラのテリーヌ マーブル仕立て
ドライイチジクのポルト酒風味

グリエしたフォワグラを重ねたテリーヌは大理石みたいなマーブル模様。

ポルト酒の甘みと風味がおいしさを引き立てた
ドライイチジクと一緒にいただくとさらに風味が豊かに。



e0140171_8122815.jpg

友人は野菜がたっぷりのバジルの風味が豊かなスープ。




メインはモロッコ料理の定番を。

e0140171_829164.jpg

モロッコ風野菜とラムのクスクス。
今日のブロシェットは北アフリカ風鶏肉のグリル。

たっぷりの野菜とラムをスパイスでじっくり煮込んだスープは
意外にもだれの口にも合うマイルドな味わい。

そこにクスクスを。




e0140171_8292598.jpg

こちらはタジン。
モロッコ風オリーブ入り レモン風味のフランス産ホロホロ鳥のタジン ブングル添え

レモンとクミンでやわらかく煮込んだほろほろ鳥とオリーブ。

さわやかなのに旨味がぎゅっと閉じこめられたスープは絶品。

おいしい〜〜〜。



ワインメモも。

★Domaine La Grave Blanc 2005 Sauvignon Blanc
ドメーヌ・ラ・グラーヴ・ソーヴィニョン・ブラン

★Domeaine Dela Florane Ac Cotes Du Rhône Village
ドメーヌ・ド ラ フロラン コート ディ ローヌ ヴィラージュ

沢山は飲めないのでグラスで。





e0140171_994243.jpg

お店の中はあたたかみのある白と茶をベースにした
南仏エクサン・プロヴァンス風。



e0140171_8453677.jpg

この階段を昇っていくと・・・



e0140171_8454558.jpg

2階が厨房になっています。

そこからこぼれ落ちる、ジュワーーー、ガチャガチャ、トントントントン
と小気味よいリズムが心地よいBGMにもなり
耳まで満足させてくれるのです。



e0140171_8494694.jpg

まだかなぁ・・・。

待ちわびているのはもちろん、こちら。

別腹でございます。



e0140171_8502185.jpg

プラムの入った紅茶風味のクレームブリュレ。
ピンクグレープフルーツのジェラートの
さわやかな苦みと甘さがよく合います。




e0140171_8503668.jpg

ローズ風味のいちごのクランブル。

ローズシロップで仕上げたいちごそのものとカリカリのクランブル。
自家製シェーブルチーズのアイスクリーム添えられていて
シンプル イズ ベスト!とうなるひと皿。




最後のコーヒーをすすりながら
いつもよりもゆっくりと流れる時間と
気持ちよくゆるんだ気持ちのマリアージュを味わう。


最近ごはんを食べに行ってよく思うこと。

何よりも大事なのはお店のオーナーやスタッフの想い。

料理そのものはもちろんなのだけれど
その料理の背景にある文化を愛しているレストランには
確かななにかが存在していて
お料理とお客様の笑顔をしっかりと結びつける場所なる。

おいしいものを食べたい、というよりも
幸せな気持ちを味わいたい。

そういう場所がもっと増えますように。





e0140171_97995.jpg

by midori0524 | 2008-05-31 09:11 | 外ごはん | Trackback | Comments(4)
九つ井*二子玉川
誕生日の昨日の夜ごはんは
主人が予約してくれた
「九つ井」へ。

地下にあるとは思えないゆったりとした空間には
離れの個室がいくつもあり
それぞれの部屋から楽しげな笑い声が漏れ聞こえてきます。




e0140171_9542312.jpg


お料理はいろり焼き炭火ステーキコースを。



e0140171_9574241.jpg


霜降りの和牛をメインにした炭火のいろり焼き。

e0140171_958308.jpg


きれいに霜降りの入ったお肉のとろけるような味わいに
心もとろけていきます。

軽く塩こしょうされたお肉はそのままで、はもちろんのこと
用意されている、紅葉おろしの添えられたポン酢、
甘めのタレ、辛めのタレ、それぞれのおいしさを
楽しむことが出来ます。


e0140171_1011335.jpg


ここの名物の国産そば粉を使った手打ちそばまで
なんども、「おいしい!」と口にしながら
ゆったりとしたお部屋で
家族3人少しだけ特別な時間を味わいました。
by midori0524 | 2008-05-25 10:05 | 外ごはん | Trackback | Comments(2)
三宿の「SAVOY サヴォイ」

e0140171_003267.jpg



ナポリピザ、といえば中目黒のSAVOYを思い浮かべます。
10年以上も前にオープンしたナポリピザの草分け的存在のお店。

今は場所を移し、三宿と麻布十番に。

中目黒にあった頃
初めてここのピザを口にしたときのことは
今でもよく覚えています。

もちっとした生地に
コクのあるトマトソース。

種類はモッツァレッラとバジリコのマルゲリータと
にんにくとオレガノのマリナーラ。

そのシンプルな二種類だけ。

それだけに、おいしいかどうかは明らかで
お店の自信もうかがえるのでした。



 

e0140171_022219.jpg











子供が出来てから足が遠のいていたサヴォイ。
数年ぶりに新しい三宿のお店へ行くことになりました。



e0140171_03518.jpg











新しいお店は中目黒のあの狭い狭い店内とは
全くことなるゆったりとした雰囲気。

あの独特の狭い感じがよかったのだけれど
子連れとなったいまでは
こっちの方がうれしいというのもあるのです。



雰囲気はがらりと変わったけれど
おいしさはそのままで
おいしさとともに
うれしさも噛みしめるのでした。


e0140171_053366.jpg
e0140171_054310.jpg











e0140171_055433.jpg
e0140171_06778.jpg
by midori0524 | 2008-04-19 23:46 | 外ごはん | Trackback | Comments(0)
神田きくかわへゆく
e0140171_817183.jpg

e0140171_8173796.jpg

今日の夜ご飯は「神田きくかわ」で。


神田きくかわは帝国劇場の地下にあるお店と
上野毛のお店に行ったことがそれぞれ数回。

お味はもちろんのこと、
上野毛のお店の雰囲気が
私は気に入っているのです。

駅から離れた閑静な住宅街の中に
歴史を感じさせる数寄屋造りの
料亭の趣の建物がぽつり。

特に夜。

ぼんやりと灯された
やわらかい明かりに
浮かび上がるその姿は
静かな佇まいであるのに
絶対的な存在感を感じるのです。



相変わらず仕事に追われ
こころもからだも疲れがピークに
さしかかっている旦那。

せめておいしいものでも食べたい・・・と
覇気のない声と姿でつぶやく
徹夜明けの日曜日の朝。

あらあらかわいそうにという気持ちと
便乗しておいしいものがいただけるわという
棚ぼた風の喜びの気持ちが半分半分。

・・・いや、正直に申しましょう。

3:7くらいで、わーいという気持ちが圧勝です。ふふ。


そこで、ふと思い出したのが
家からそう遠くはない上野毛のお店なのでした。



早速、予約を。

接待で使われたり、客層もそれなりなので
子連れではいかがなものかと
少し心配に思いつつそろりそろり。

ところが初めての二階のお座敷はゆったり。

そして、家族連れが多いとはいえ
賑やかすぎずほどよいきりりとした空気。

和食をいただくときはこういう
背筋がしゃんとする雰囲気が
よいなぁと思うのです。

あまりにもくつろいだ感じだと
まるで居酒屋みたいだし。



さてさて、いただいたお献立は姫膳。

お造りなどのお料理に鰻重です。

お料理には旬の素材が上手に組み込まれ
どの器もやさしい味わい。

娘もお野菜なんぞをぱくりぱくり。

そして、鰻重。

ここの鰻重は一番ちいさいもので長焼きが二本。
さらに入りきらない尾の部分が折り返されて
お重に入っているほどなのです。

きくかわの鰻は注文を受けてから
蒸しと焼きを行うので時間がかかります。

でも、出てくる鰻は見事なまでに蒸したて焼きたて。

はちみつの入った甘めのたれと
一粒一粒がつややかなごはんが
一緒になったあのおいしいさといったら!

ごちそうさまでした。

うちの娘は鰻、といえば「きくかわ」になるのかしら。
私は社会人になってから、だったのに!

うらやましい限りです。
by midori0524 | 2005-10-14 08:16 | 外ごはん | Trackback | Comments(0)
青山でおひるごはん
e0140171_200726.jpg

e0140171_2001635.jpg

娘を連れているときのお昼ごはん。

お天気がよいのならば
オープンカフェが望ましい。

雄叫びや、多少の泣き声なら気にならないから。

今日はABCの向かいにある
un cafeでランチ。

もちろん、青空の下でごはんがいただけます。
地下なのに!

そしてここはカフェといっても
お料理がしっかりしていると思う。


今日のランチは

・子羊のスパイス煮 クスクス添え
・真ダコと枝豆のトマトソースパスタ

です。

そして、姉とお出かけするときは
ランチもおやつも半分こ(笑)。

これって、食いしん坊にとっては
少しずついろいろなものが食べられるから
とってもうれしい、たのしいのです。

前菜についていたスープは
押麦が入っていて
むっちりとした歯ごたえがとてもおいしく
ちょっと懐かしいような優しい味。

メインのお料理もどちらも美味しい。

満足です。

今日はとても暑い日だったので
これでビールやシャンパンが飲めたら
大満足だったのに。
by midori0524 | 2005-06-01 19:59 | 外ごはん | Trackback | Comments(0)