日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:旅( 3 )
箱根
e0140171_22374454.jpg

e0140171_2238366.jpg

見えないものを見て
心から微笑み
見えない羽を持って
飛び回っていたこどもたち。

思い出すだけで
頬がきゅっと上がって
しあわな気持ちになります。

e0140171_22392571.jpg

ありがとう。
おやすみなさい。


by midori0524 | 2014-01-26 22:32 | | Trackback
箱根のクラッシックホテルへ*富士屋ホテル

e0140171_6165227.jpg

娘の宿題が終わったので日帰りでユネッサンへ遊びに行こうと思ったら「泊まってきたらいいよ。」とうれしいオットからのことば。わーい、ありがとう。
急遽夏休み最後の旅行、娘とふたりで箱根へ行ってきました。



e0140171_7303886.jpg

一昨年の夏に娘と二人で宿泊した奈良ホテルがとてもよかったので、今回もクラッシックホテルに泊まろう、と宮の下にある富士屋ホテルへ。




e0140171_6193181.jpg

e0140171_6582247.jpg

長い年月を経てあらわれるこっくりとした艶を持つ木目や深い紅色をした絨毯。黒と白のタイルが敷き詰められている映画に出てくるようなサンルーム。建物に一歩足を踏み入れると、いくつもの時代が隣り合わせに存在しているみたいで、静かなのにどこか心がざわめくようにときめきます。


e0140171_703353.jpg

毎日夕方から館内の案内ツアーが行われていて、ホテルの歴史をはじめ建物やあちこちに散りばめられた調度品や彫刻や絵画なのどに秘められた逸話などを説明してくれます。日によって巡る施設は違うようで、参加した日はメインダイニングのザ・フジヤ。5.5mの高さがある格天井に描かれた絵画や彫刻の話はとても興味深く、3代目の山口正造さんの想いがカタチになった特別な空間であることを知ることができました。
ちなみに、この案内ツアーに参加するとおいしいと評判の富士屋ホテルのパン屋さん「PICOT」の割引チケットがいただけます。


e0140171_7293399.jpg

娘も館内ツアーを楽しんでしみじみと口にした言葉が「汚いホテルっていいねー」。そ、それを言うなら「古いホテル」だよね。笑
外国の方専用のホテルだった時期もあった名残で、部屋のドアノブは娘の頭の高さほどでした。

ゆったりとした造りや細やかな装飾、波打つガラス窓からさし込むやわらかい日差しがとてもすてきで、こういう場所にやってくると利便性や機能的であること以上に大切なことが沢山あることに改めて気づかされるのでした。そして、そのあたたかさは人を優しくするのだということにも。


またこういうクラッシックホテルに大切なものを見つけに行きたいものです。




e0140171_7381066.jpg

e0140171_7385270.jpg

メインダイニングでのフレンチディナーもおいしかった!

**富士屋浪漫**

食前のお愉しみ

グリーンアスパラガスのシャルロット
海の幸のマリネと共に

冷製ポテトのクリームスープとコンソメジュレの二層仕立て
パリの夕暮れ

舌平目と小海老の白ワインソース

黒毛和牛フィレ肉とフォアグラ
エシャロット入りポルト酒ソース

白桃のコンポート 赤いフルーツ風味
ココナッツのシャーベットとチュイル

富士屋ホテル自信作 ホームメイドパン

飲み物



e0140171_7432099.jpg

早寝早起きの習慣が裏目にでて、おいしいものを食べに行くと大概途中で撃沈する娘。
この旅行でも・・・・。






by midori0524 | 2012-09-01 05:05 | | Trackback
古民家ステイ

e0140171_8512079.jpg

行ってみたい。



お休みの予定というかお休み自体もなかなか取れない主人なので、どこかへ行きたいと思いながらも出かけることが出来ない今日この頃。でも「どこかでのんびりしたいなあ」という突然のひとことにいつでも対応できるように行きたいところは心の中にブックマーク。というか、HPや雑誌を眺めて妄想するだけでも楽しかったり、行った気分で満たされたり。笑

小豆島とか五島列島とか日本の離島でのんびりしたいと先日友人と話していたら、丁度めくっていた雑誌に島の旅特集。どの島もお宿も豊かな自然とのんびりとした空気に包まれていて魅惑的。特にいいなあと思ったのが小値賀島の「親家」。島に残るリノベーションした古い屋敷をまるごと一棟借りる古民家ステイ。こんな場所で過ごす一日の音や光の移り変わりはどれほど美しいのだろう。

京都の町家ステイと似ているなと思ったら同じくアレックス・カー氏のプロデュース。新しいものをどんどん作ってゆくことも大切かもしれないけれど、古いものを残してゆく動きがもっと増えるといいのに、と思う。やっぱりなにかほっとするもの。








by midori0524 | 2012-05-04 05:10 | | Trackback