日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
だれかのためにできること
e0140171_7585298.jpg

4歳になった娘。

保育園でも10月生まれのお誕生日会。

好きなものは?と聞かれて
「りんご!」と答えた彼女は
お手製のりんごのバッグとりんごの帽子を
身につけてお誕生日会に参加したそうです。


4歳になった彼女に
いくつかのお仕事を
お願いすることにしました。

ひとつ。

毎朝、お花とグリーンとじぃ君にお水をあげること。

ふたつ。

朝ご飯を食べ終わったら、自分で食器を洗うこと。

みっつ。

朝、パパのお財布の上にバナナを一本置くこと。

  *

e0140171_7593860.jpg













朝ご飯を食べない主人が
バナナでも食べようかなと言い始めました。
が、しかし、キッチンにバナナを置いておいても
自分で取って食べなくなるのは目に見えているので
お財布の上に一本置くことに。笑

  *

どれもいままでやってきたものなのだけれど(バナナ以外)
改めて

 お姉ちゃんになったあなたにお仕事としてお願いするね。

と言われたことがとても誇らしくうれしいみたい。


お願いをした時、少し考えた後に

 ママも朝お時間が出来て楽ちんになるね。

と言ってくれたこと。

その気持ちが
そういう想いを馳せること自体が
とてもうれしくて
4歳になったお母さんとしての自分への
プレゼントだなぁと思ったのでした。


e0140171_7582748.jpg

そして、もうひとつのお仕事。

ペットボトルのキャップ集め。

ご存じの通り
ペットボトルのキャップをリサイクルすることで
世界の子供たちにワクチンを寄付するという運動。

http://www.ecocap.jp/


我が家のキャップ回収担当に彼女を任命。


e0140171_811551.jpg













「誰かのために出来ること」

娘に伝えたいことのひとつとして強く思っている。

身近な家族やお友達はもちろんなのだけれど
もっと大きな視点での誰かを考える気持ちは
この恵まれた日本に生まれてきた私たちの大きな使命だと思う。


ある人が

 この国に生まれてきたこと自体が大きなギフトだよね

と言っていた。

その中にいるからこそ当たり前になって
見えなくなってしまう恵まれた環境だけれど
見えなくなってしまっている私たちは
決して幸せとは言い難くなってしまっている。

与えられたギフトは誰かのために使おう!

私自身ももう一度
誰かのためにできることを
しっかりと見つめたいと思うのでした。
by midori0524 | 2008-11-02 08:01 | 子供 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/8876985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by syui-yui at 2008-11-05 23:39
はじめまして。ゆぃゆぃと申します。
カワイイから飛んで来て...
midoriさんの日常のことを少し読ませていただきました。
とってもやさしい文章で
どの記事にコメントさせていただこうかと迷ったのですが
こちらに^^
誰かのためにできることという気持ちと
10月で4歳になったお嬢さんのお話に共感しました。
わたしにも11月で4つになる娘がいます。
親近感を感じたのと、お嬢さんへの接し方がとても素敵だなぁと
思いました。
また、遊びにお邪魔させてください^^
Commented by midori0524 at 2008-11-06 12:45
ゆいゆいさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
同じく4歳のお子さんがいらっしゃるんですね。
なんだかうれしくなります。
今の時期になにを当たり前にするか
本当に大事ですよね。
また想いを共有させてください。
<< 天使の梯子 11月 >>