日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フレンチコロニアル料理Aila*恵比寿

e0140171_7473216.jpg


金曜日の夜。

やわらかい雨がしっとりと街を包み始め
ぽつりぽつり灯りはじめたライトの輝きも
しっとりと輪郭が滲んでいく。

そんな雨の日のきれいな風景を楽しみながら
訪れたのは恵比寿にあるAila(アイラ)。

http://www.rvs.jp/rvs.swf

Ailaのお料理はフレンチコロニアル。

モロッコやベトナムなどフランスと縁のあった国々の
エッセンスの滴を落としたフレンチは
どこかノスタルジックな雰囲気。


e0140171_7341356.jpg



恵比寿の住宅街の中の一軒家。

以前、パトリスジュリアンさんのレストランだった
この素敵な場所が今はAilraになっています。

オリーブをはじめ生い茂ったグリーンに
ごつごつとした煉瓦
すっと上がとがったアンティークな雰囲気の扉
雑多な感じなのだけれど
その佇まいは一枚の絵のように素敵で
そして、誰かのお家を訪れたときのような
どこかほっとするような気持ちにさせてくれます。

「Aila(アイラ)」はアラビア語で「家族」を意味することば。

ただいま、とその扉を開いて誰かの笑顔を見たくなります。




e0140171_7575016.jpg



数種類あるコースはプリフィクススタイル。

みんなであれこれ好きなものを選んで
ちょっと一口ちょうだい、と
いろんな味を満喫できるプリフィクスはおいしくてたのしい。


今夜は、アミューズ・前菜・主菜・デザート・飲み物のコース。

さぁ、楽しい時間のはじまりはじまり。


e0140171_861347.jpg

今夜のアミューズは、豚肉のリエットにオレンジの香りが
ふんわりと広がる白身魚とオレンジのエスカベシュ。



e0140171_8121948.jpg

フランス産鴨フォワグラのテリーヌ マーブル仕立て
ドライイチジクのポルト酒風味

グリエしたフォワグラを重ねたテリーヌは大理石みたいなマーブル模様。

ポルト酒の甘みと風味がおいしさを引き立てた
ドライイチジクと一緒にいただくとさらに風味が豊かに。



e0140171_8122815.jpg

友人は野菜がたっぷりのバジルの風味が豊かなスープ。




メインはモロッコ料理の定番を。

e0140171_829164.jpg

モロッコ風野菜とラムのクスクス。
今日のブロシェットは北アフリカ風鶏肉のグリル。

たっぷりの野菜とラムをスパイスでじっくり煮込んだスープは
意外にもだれの口にも合うマイルドな味わい。

そこにクスクスを。




e0140171_8292598.jpg

こちらはタジン。
モロッコ風オリーブ入り レモン風味のフランス産ホロホロ鳥のタジン ブングル添え

レモンとクミンでやわらかく煮込んだほろほろ鳥とオリーブ。

さわやかなのに旨味がぎゅっと閉じこめられたスープは絶品。

おいしい〜〜〜。



ワインメモも。

★Domaine La Grave Blanc 2005 Sauvignon Blanc
ドメーヌ・ラ・グラーヴ・ソーヴィニョン・ブラン

★Domeaine Dela Florane Ac Cotes Du Rhône Village
ドメーヌ・ド ラ フロラン コート ディ ローヌ ヴィラージュ

沢山は飲めないのでグラスで。





e0140171_994243.jpg

お店の中はあたたかみのある白と茶をベースにした
南仏エクサン・プロヴァンス風。



e0140171_8453677.jpg

この階段を昇っていくと・・・



e0140171_8454558.jpg

2階が厨房になっています。

そこからこぼれ落ちる、ジュワーーー、ガチャガチャ、トントントントン
と小気味よいリズムが心地よいBGMにもなり
耳まで満足させてくれるのです。



e0140171_8494694.jpg

まだかなぁ・・・。

待ちわびているのはもちろん、こちら。

別腹でございます。



e0140171_8502185.jpg

プラムの入った紅茶風味のクレームブリュレ。
ピンクグレープフルーツのジェラートの
さわやかな苦みと甘さがよく合います。




e0140171_8503668.jpg

ローズ風味のいちごのクランブル。

ローズシロップで仕上げたいちごそのものとカリカリのクランブル。
自家製シェーブルチーズのアイスクリーム添えられていて
シンプル イズ ベスト!とうなるひと皿。




最後のコーヒーをすすりながら
いつもよりもゆっくりと流れる時間と
気持ちよくゆるんだ気持ちのマリアージュを味わう。


最近ごはんを食べに行ってよく思うこと。

何よりも大事なのはお店のオーナーやスタッフの想い。

料理そのものはもちろんなのだけれど
その料理の背景にある文化を愛しているレストランには
確かななにかが存在していて
お料理とお客様の笑顔をしっかりと結びつける場所なる。

おいしいものを食べたい、というよりも
幸せな気持ちを味わいたい。

そういう場所がもっと増えますように。





e0140171_97995.jpg

by midori0524 | 2008-05-31 09:11 | 外ごはん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/8039683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokumoku at 2008-05-31 10:41 x
こんにちは
お店かわってしまったのですね 少し残念。。。
でもいい気に満ちてますね

オーナーさんや 従業員のかた 想い も含めて一つの作品(お店)ですよね
時間が限られてくると また行きたいなと思うお店は そういうところになっていきます
また 素敵なお店 紹介してくださいね
Commented by midori0524 at 2008-05-31 20:44
mokumokuさん

こんばんは。
パトリスジュリアンさんは確か4年くらい前から
レストラン業から手を引いたようです。
いろいろあったようで・・・
でも、このお店も素敵です。
お料理がおいしいだけでは好きになりませんよね。
でも、大概、うすっぺらい想いしかないお店のお料理は
それなりですが・・・
白金にもすてきなモロッコ料理屋さんが出来たそうです。
近々行ってきます!
Commented by まっすぃー at 2008-06-02 00:42 x
すっごくステキー!一軒家のお店ってやっぱりいいですね。
佇まいが何とも言えないですねぇ。こういうの大好きです。
うむうむ、作った人の想いを考えるって大事ですよね。
料理に限らずお店全体の雰囲気一つを取っても作った人の想いを考えると自分の気持ちまで暖かくなりますよね。
クレームブリュレ、かなりおいしそう。。。
Commented by midori0524 at 2008-06-02 04:40
あら!まっすぃー、いらっしゃい。
一軒家のお店っていいよね。
自分の家だったら・・・と勝手に
妄想してみたりして(笑)
今度、一緒にごはん行こうよ〜
くどちゃんも。
<< 久しぶりの青空 鶏手羽のエスニック焼き >>