日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
敬老の日*おじいちゃんおばあちゃんのパン

e0140171_14291626.jpg

微笑んだ数だけ刻まれた皺。
一緒に乗り越えた苦労の分だけぎゅっと寄せ合う頬。
思わず笑顔になるようなDONQのおじいちゃんとおばあちゃんのパン。

今日は敬老の日。
私の両親へ毎日のように電話をしている娘だけれど
今日は「いつもありがとう」の言葉も一緒に。



小さな子供とおじいちゃんおばあちゃんの組み合わせが
こんなにも特別なのだということを娘が生まれてからはじめて知った。

長いこと大人時間と社会のルールと周りとの兼ね合いの中で過ごしてきた私は
その中でよりよく生きてゆくことを「正しさ」のひとつだと思い込んでしまっていた。
そして、親となってそれら全てが子供の世界を濁らせるものなのだと気がついた。

それは私の両親が娘に向けるまなざしや言葉、差し伸べる手のやさしさが
小さい自分が包まれていたなんとも言えない安堵感というか
今目の前のことだけをただただ楽しんでいたあの感覚は
ここにあったのだなあと思い出したから。

ただそこにいるだけで「いい子だなあ、いい子だなあ」と
父は娘に向かってつぶやいている。
何度でも何度でも繰り返される娘のごっこ遊びに「もうおしまい」とは言わず
母はずっとつきあってくれる。

無条件の愛情と共に同じ時間の流れに寄り添ってくれる
おじいちゃんおばあちゃんの存在は
子供の根っこの部分に愛情という水をたっぷりと注いでくれるのだと思う。

そして、変化と成長に満ちた子供のエネルギーは
年老いた両親にも新鮮な喜びと
自分自身の価値を再び輝かせるような力を与えてくれる。


みんなに感謝したくなる一日。

by midori0524 | 2012-09-17 22:22 | おやつと飲み物 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/18877064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜ごはん*鶏肉のピカタ prism >>