日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Happy Birthday

e0140171_13274941.jpg

お誕生日おめでとう。
娘の描いた主人の顔は大きな大きな大きな笑顔。こんな笑顔で過ごせる一年になりますように。
そしていつもありがとう。心からの感謝を。



結婚は人生での一番の修行だ、なんていうけれど確かにそうだと思う。人間は一番近い人に我が侭を言って自分の望みを叶えてもらいたいという本能的欲求があるらしく、結婚後でいうとその相手は主人になるのだけれど確かに他の人には快く対応できることや許せることも、主人に対してはかちんと来てしまうことがよくあった。どうしてこの人はこうなんだろう、とひとりでぷんぷん腹を立てて不機嫌になったりすることもあった。

でも、冷静に考えると他の人はオッケーで主人のときだけオッケーじゃないというのは、自分自身が勝手に自分の心の器のサイズを小さくしているだけで主人にはなんにも問題はないんじゃないの?とふと気がついた。いや、本当はどこかで分かっていて「どうしても身内には厳しくなる」と思っていたことを、「どうしても身内には我が侭になる」と自分自身の問題だと受け止め直したのだと思う。理由はそうしないと、つまり自分が変わらないとなにも解決しないということがよくわかったから。

怒ることや批判することは、される人よりもする人自身をよく表すと常々思っている。でも、一番近しい人との関係の中にある自分自身をそんな風に客観的に見ることって意外と難しいものだなと思った。


そして、今年の主人の誕生日にふと感じたのは、随分とそういうものを手放せてきたなということ。いらいらすることや怒りの感情が日常ではほとんど顔を出さないようになってきた。なんだかとてもラクチンだなあって。


一番近しい人にこそ沢山の優しさだったり、素直さだったり、一歩譲るゆとりだったりを持つことを忘れずにいようと思う。そんな風に年を重ねていった先にある修行のご褒美はとても大きいはずだからね。







e0140171_21162521.jpg

e0140171_21164073.jpg

e0140171_21165683.jpg

落ち着いたところでおいしい和食が食べたい、とのことでお祝いディナーはたん熊北店へ。鱧や季節のおいしい食材をゆっくりと。









by midori0524 | 2012-06-13 20:47 | 暮らし | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/18169528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< あじさい おいしい夏仕事*LOVE BO... >>