日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
スウィッチ

e0140171_23354813.jpg

昼間の表参道の信号待ち。
閉じたまぶたで夏のような強い透明の日差しをゆっくりと確認すると
鮮明な香りをまとった夏の記憶がいくつか目の前を流れていった。

信号が変わり歩き出す。
私はどちらかというと歩くのが早いのだけれど
最近ひとりのときはさらに早く大きく歩いている。
自分自身の心と身体と風や光がより鮮明に感じられるのが気持ちいいのと
滞っている何かが流れてゆくような気がするから。

最近、そんな風に歩いているときに触れた感覚。
なんともいえない幸福感が心の中のわずかな隙間に湧いてきて
それをどうしようかとおろおろすることがある。
おろおろするのは多分理由がないから。
なにかうれしいことがあったとか
うつくしいものをみたとか
そういう誰かに説明できる理由がなにもないのに
ふとやってきたこの感覚をどうしたらいいのか分からなくて
いままでは見て見ぬ振りをしていたのだと思う。

でもそれをただただ味わい体中の隅々まで広げてみた。
すると自分の中の何かにスウィッチが入った感じがした。

幸せは自分の中に、って分かっているつもりだった言葉を
受け入れる場所が開いたみたいだった。



今日は静かな雨の中、ヨガへいった。
春のデトックスを促す肝臓を刺激するようなアーサナ を先生が選んでくれたのだけれど
私の中で刺激された部分はハートチャクラだった。

かーっと熱くなっていくハートチャクラの感覚とこの前感じた感覚は
新しい自分を連れてきてくれる気がする。
大好きな5月の扉とともに。



今の自分が心地よく穏やかであれば世界はすべてしあわせに包まれる。
しあわせであることを恐れることはなにもない。

おやすみなさい。
いい夢を。










by midori0524 | 2012-04-28 00:26 | 暮らし | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/17872816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜ごはん*レタスレタス 遠足のうさちゃん弁当 >>