日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「A to Zでオイシク過ごそう」第四回目

e0140171_1483115.jpg

あっという間に4回目になった「A to Zでオイシク過ごそう」の会。
今回は P から T のおやつが登場。
どんなおやつと出会えるのかしら。わくわく。




e0140171_14202940.jpg

さあ、おしながきはこちら。



e0140171_1440177.jpg

P プリン


e0140171_14424813.jpg

Q キュアラメル(と発音します)


e0140171_14432510.jpg

R ロールケーキ


e0140171_14434395.jpg

S 生姜糖


e0140171_1444966.jpg

T タルト





e0140171_15108100.jpg

金森さんのうさぎさん。今日は本棚の前のちっちゃな椅子にちょこん。かわいい。
ちなみにMさんちの本棚も大好物。そそられるセレクト!


e0140171_15123085.jpg

今日のサーブはアルファベット順ではなくてMさんのチョイスにて。
さて、なにからでしょう?




e0140171_15154935.jpg

最初は R のロールケーキから。
やったー!


e0140171_15173266.jpg

こちらは祖師谷大蔵にある創業80年を越える老舗の洋菓子屋さん「コンディトライ・ニシキヤ」のロールケーキ。定番の生ロールの他に季節のフレーバーがあるそうで、今回は春らしい桜ロール。


e0140171_15235475.jpg

ホールケーキとかロールケーキを切り分けるのって見てる方もなんだかどきどきする。
息をひそめてナイフの動きに注目・・・ごくり。
無事に切り分けられた瞬間にはみんなで安堵の微笑みを浮かべたりして。笑
そんなことも含めて、こういう大きなケーキはみんなで食べるからこそおいしいものなのだなあとも思ったり。


e0140171_15264258.jpg

ほんのり桜色のクリームがくるっと巻かれた見た目にもかわいいロールケーキ。
キメが細かくしっかりとした弾力のある生地と桜の香りがふんわり広がるクリームを一緒に食べるとやってくるのはやさしい気持ちとにっこりの笑顔。
こういうおいしさっていいなあ。




e0140171_15314479.jpg

この箱も渋い!
一緒にいただいたノンカフェインのアールグレイとの相性もぴったり。






e0140171_15331839.jpg

お次は P のプリン。
Mさんが運んできた黄色いプリンと紫のクロスの組み合わせがすごく素敵でテンションがあがります。


e0140171_15355522.jpg

おいしそー!と思ったこちらは「Café Dubois」のかぼちゃプリン。
姉の作ったプリンでした。笑


e0140171_15382820.jpg

お店のデセールは姉担当。いくつかの定番メニューと季節ごとに変わるメニューがいくつかあるのですがプリンはその中でも大人気の定番メニュー。
でも、この日はオーガニックの黒糖とシナモンを使ったかぼちゃプリン。
こっくりとしたかぼちゃのプリンにほろ苦いカラメルとすっと溶けてゆく生クリーム。アクセントのシナモンまでのバランスが絶妙であっという間にぺろり。




e0140171_18475317.jpg

折り返しは T のタルト。
山形にある「おかしの平和堂」のタルト甚五右ヱ門です。


e0140171_18513443.jpg

このシンプルなタルト、最初からすごーーーく気になっていました。
白いフィリングはいったい何?って。


e0140171_20231348.jpg

e0140171_20235334.jpg

このお店は地元の農家が代々育て続けてきた在来作物の伝承野菜を使ったお菓子も手がけていて、このタルトは里芋に似た甚五右エ門芋という伝承野菜とチーズを使ったタルトでした。


e0140171_20243178.jpg

里芋のもっちりとした食感を活かしたタルトは素朴で懐かしくてほっとする味。
しっかりとしたコクのある珈琲との組み合わせもばっちりで気をつけないとぱくぱく手が伸びてしまいそう。
洋菓子なのに和菓子っぽくもあります。



e0140171_2025447.jpg

キャラクターのくまちゃんもほんわかかわいくて、お店の大切にしていることがなんとなく伝わってくる感じ。このお店の他のお菓子も食べてみたいなあ。




e0140171_20374980.jpg

そして、 Q の・・・キュアラメル。えーっと本当はキャラメルです。笑
Qはなにかなーと考えたときにカトルカールかなと思っていたのですが、Mさんもカトルカールとかキッシュを思い浮かべたそう。
でも、どれもボリュームのあるものなので全体のバランスを考えてキャラメルをキュアラメルと巻き舌で発音することに。ふふふ、がちがちルールを守るよりもこういう遊び心を入れちゃうのもいい。


e0140171_20481014.jpg

というわけで「HENRI LE ROUX」のキャラメルが登場。
季節限定のフレーバー、タタン、カシス、オランジュ・ジャンジャンブルの3種からひとつを選んで。私はオレンジとジンジャーの豊かな風味がおいしいオランジュ・ジャンジャンブルをチョイス。
濃厚な香りと深い味わいは果実を食べているかのようなジューシーさも感じるほど。
一粒で大満足なおいしさは大人のおやつの証拠かも。




e0140171_2055160.jpg

最後は S 生姜糖。
これは高知産の生姜とお砂糖でできたもので、甘さと辛みのコントラストがクセになるおいしさ。


e0140171_20552288.jpg

この薄さもおいしさを引き立てていそう。


e0140171_20553857.jpg

そのまま齧ったり、紅茶に入れてみたり。
いろんな楽しみ方もうれしい。


娘はキャラメルと生姜糖が食べられなかったのだけれど、そういうものってやっぱり大人の味で、「ああ、こういうおいしさって大人になって知ったんだよなあ」と改めてそのおいしさを噛み締めたり、苦手が好きに変わった懐かしい記憶を思い出したり。
娘と一緒に楽しむことで「おいしい」に新しい色彩が添えられるような感覚がうれしかったりもして。





e0140171_21562636.jpg

最後はおいしい緑茶をいただいてお腹もココロもまん丸に。


e0140171_2218613.jpg

あー、おいしかった。







e0140171_2225638.jpg

今回娘がMさんに持っていったプレゼント。
「いつもありがとう」と書かれた封筒の中にはMさんの似顔絵。
赤ワインとガレットデロワと「わー、おいしそう!」という吹き出し付き。笑



e0140171_2214224.jpg

あと、うさぎのシマシマブローチも。
娘がこのうさぎがMさんに似てる、と選んだもの。
早速ストールにつけてくれました。似合ってる!






e0140171_2157491.jpg

そしてそして、お楽しみのおみやげはビスコッティ。


e0140171_21592569.jpg

次の日の朝、珈琲と一緒にいただきました。
アーモンドとキャラメルがたっぷりと入って、ざくっとした歯触りと噛み締めるほどに広がるおいしさに至福のため息。nonちゃん、おいしかったー。






e0140171_2218565.jpg

次回はいよいよ最終回。
娘にそのことを伝えたら

  え?終わっちゃったらどうなるの?

って。えっ!?笑



次回はひとつ多い6種類のおやつ。
最後の Z は最初から決まってるの、とMさんの不敵な笑いに期待大です。

最後だからお友達も誘って行きたいなあ。







by midori0524 | 2012-03-22 23:02 | おやつと飲み物 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/17576503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< おはよう 夜ごはん*ルッコラと八朔のサラダ >>