日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
卵白ひとつあまったら*ラングドシャ

e0140171_18451438.jpg

卵白ひとつと時間が30分余ったのでラングドシャを焼いた。



ラングドシャは「猫の舌」という意味の薄くてサクッと軽やかな歯ごたえのクッキーで、やっぱり猫の舌みたいに細長く絞り出したものがそれらしくていい。
でも、今日はおうちおやつバージョン。スプーンでぽとんぽとんと落とすだけ。

ラングドシャを見ると小さい頃にお姉ちゃんと一緒に作ったことを思い出す。
少し懐かしくてあたたかい気持ちになるお菓子。



e0140171_21271579.jpg

配合も作り方もとても簡単。
卵白:粉砂糖:小麦粉:バターを1:1:1:1、同じ分量で。
室温に戻したバターをクリーム状に混ぜて
粉砂糖を何回かに分けて入れてよく混ぜて
溶いた卵白も何回かに分けてその都度よく混ぜて
小麦粉を振るい入れて混ぜ合わせる。
真っ白い生地がとてもきれい。


e0140171_21273060.jpg

焼くと丸く広がるのでスプーンでぽとんと落としたらオッケー。
気をつけることはお隣さんとの間をあけることだけ。
180度で10分くらい。
端っこがこんがりときつね色になったら出来上がり。
焼きたてのやわらかいうちにのし棒でくるんと丸めてもかわいい。










by midori0524 | 2012-02-27 21:34 | おやつと飲み物 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/17435139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お裾分け オットのお弁当 >>