日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
食感もたのしい *「A to Zでオイシク過ごそう」第三回目

e0140171_1526214.jpg

時間の流れが早いと嘆く心とは裏腹に「早く来て!」と待ち遠しくてたまらない「A to Zでオイシク過ごそう」の会。3回目がやってきました。

今回は K から O のおやつが登場。

K、L、M、N、O・・・どの頭文字もおいしそうな妄想が広がる広がる。
特にM。マロン?マカロン?抹茶?ミルフィーユ?とおいしいものの宝庫! 
さて、なにが登場するのでしょうか。
わくわくわくわく。
この魅惑的な会に向かうときって本当にわくわくするのです。笑



e0140171_22402550.jpg

さて、おしながきはこちら。
やっぱりかわいい豆大福スタンプ。



e0140171_22445410.jpg

K クグロフ


e0140171_22454262.jpg

L リーフパイ


e0140171_224678.jpg

M もち


e0140171_22484594.jpg

N ヌガー


e0140171_2249344.jpg

O おかき






e0140171_22545789.jpg

部屋の片隅には小さな春。


e0140171_2257982.jpg

シンプルなおひな様もかわいい。





e0140171_22574499.jpg

ほのぼのとした桃色の空気の中、まずは A to Z の前にスペシャルな飲み物で乾杯。


e0140171_2381715.jpg

うさぎスタンプの押されたかわいい紙コップに注がれたのは・・・


e0140171_237831.jpg

甘酒!
米麹から作られたカフェ小昼(CAFE KOBILLE)の甘酒でMさんがわざわざお店から分けていただいてきたもの。
私も米麹の甘酒が大好きでよく飲むけれどここの甘酒のつぶつぶっぷりがすごい!
最後はごっくんからもぐもぐに変わるほど。おいしい〜〜。
おいしいだけではなく飲む点滴といわれているほど栄養価の高い甘酒。
これでみんなインフルエンザに負けないかな。
お手拭きもいつもはおしぼりが並んでいるけれど、今日はインフルエンザが流行ってるからね、とミューズのウェットティッシュ。
こういう小さな気配りもMさんらしくて好き。





e0140171_23264385.jpg

最初は Kラトリエ ドゥ プレジールのクグロフ。
天然酵母を使ったパン屋さんは多いけれど、ここのパンはそれらと一線を画すものらしくパン好きの間ではとても有名なお店でクグロフは日替わりでフレーバーがかわるとのこと。


e0140171_23375652.jpg

こんがりとした焼き色のクグロフの上面には皮つきのアーモンドホールがきれいに並んで粉糖がかかりバターのいい香りがふわり。おいしそう。


e0140171_23381880.jpg

いただきまーす。
クグロフってちょっとぽそっとしているイメージがあったのだけれど、これは生地のきめが細かくてしっとり。クランベリーの甘酸っぱさも加わってなんとも言えないおいしさ。

前回のガレットデロワ同様、ホールの焼き菓子ってなかなか自分で買う機会がないのでみんなでこんな風に食べられるのはとてもうれしい。

クグロフのお供はもちろん珈琲でした。





e0140171_12275763.jpg

L 洋菓子舗ウエストのリーフパイ。
食べたことのないはじめての味もいいけれど定番中の定番が登場するのも懐かしい記憶と重なって、「うんうん、やっぱり外せないよね」とうれしくなる。



e0140171_12332922.jpg

ウエストのリーフパイはフレッシュバターと小麦粉生地を256層に折りたたんで作られているとのこと。256層って!その話を聞いた娘はパイを眺めながら「????」とびっくり顔。
そうだよね、256層にもなってるのにこの薄さってイメージしにくよね。
でも、だからこそのあのサックリとした食感が生まれるのだなあ。



e0140171_1234881.jpg

こぼれ落ちるかけらも愛おしく感じる定番おやつに万歳!

ウエストの乃木坂にあるサロンがおすすめ、とも教えてくれた。
どんどん長くなる行きたい所リストにうれしい悲鳴。




e0140171_16164071.jpg

M は餅。餅は餅でも一口食べたら目がまん丸になる、御菓子所ちもとの八雲もち。
これ、大好物です。
都立大のお店にはちょっと行き難いのだけれど、渋谷の東急本店デパ地下「諸国銘産」コーナーで週に水木金だけ取り扱いがあるので、用事のついでにちょこちょこ買ってはおやつにしている一品。



e0140171_16181148.jpg

一つずつ竹の皮に包まれたこの八雲もち。



e0140171_1618429.jpg

ぱくっと最初のひと口目で驚くのはその食感。
お餅なのにふわっと弾力があって、マシュマロとお餅の中間くらいのもちふわな感じ。
そして、普通のお餅よりも口溶けがよくてなんとも言えないおいしさ。
どうやら求肥に寒天や卵白が入っているのだそう。なるほどー。
上品な甘さなのにコクのある風味の秘密は黒糖とカシューナッツ。

このお餅、中華料理を食べているときにひらめいたんですって。
天才!!





e0140171_16244473.jpg

さあお次の N D.BARBERO社のヌガー。
かわいい缶に入ったこのヌガー、トロンチーニという名前でヌガーの中にはヘーゼルナッツがたっぷり。
ヌガーってねっとりとしていて歯の詰め物が取れちゃうようなイメージだけれど、ここのヌガーはハードタイプでかりっとした食感。



e0140171_21335050.jpg

甘ったるさもなくて、大人のヌガーという感じ。


e0140171_16213210.jpg

さて、このかわいい缶。

   欲しい人〜〜〜?

   はい!はい!!はい!!!

ということで、じゃんけんで勝った人がお持ち帰りです。


e0140171_21343689.jpg

e0140171_21422264.jpg

白熱したじゃんけんの結果、Yちゃんがゲット。
おめでとう!



e0140171_2210090.jpg

そして、最後の O御門屋のおかき。
御門屋といえば揚げまんじゅうで有名だけれど、もともとは「おかき」や「あられ」などの米菓子の専門店ではじまったとのこと。


e0140171_2273027.jpg

今回用意してくれたのはかわいい小袋に入った「おかき一客」。
6種類のおかきのセットでいろいろな味わいが楽しめるのがいい。
さくっとした歯ごたえと香ばしさはさすが。シンプルなおいしさに大満足。

御門屋はデパ地下にも入っているし、いつも見ている揚げまんじゅうもいいけれどこのおかきも手みやげに喜ばれそう。



今回もそれぞれのお菓子がおいしいのはもちろんのこと全体でのおいしさバランスが花丸!
あと、食感のバリエーションが楽しかったなあ。
ふわっさくっもちっぱりっ!




e0140171_22104450.jpg

早く3月になりますように。






e0140171_22263195.jpg

e0140171_22271480.jpg

e0140171_22274118.jpg







by midori0524 | 2012-02-21 22:37 | おやつと飲み物 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/17399679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オットのお弁当 New Moon >>