日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
こどものことば*6歳夏休み
e0140171_23525677.jpg

あー、8月が、夏休みが終わってしまいました。
寂しいような気もするけれど
もう、心は秋の気配に寄り添っています。

なんだかほっとする。

ゆっくりとお家のこととか
読書とかぼんやりとかしたい気分。



さて、夏休み最後の日。
朝からいくつのも予定をこなして、夕方やっと帰宅。

そして、娘は宿題の仕上げ。

まだ終わっていない宿題のことが頭の片隅、
いや頭のど真ん中にあったみたいで
なんとなく一日不機嫌だったのだけれど。笑


一年生の夏休み宿題メモ。

200文字指定の作文。

  「もしもまほうがつかえたら」

   もしもまほうがつかえたら、にじのくにへいってみたい。

   にじのくには、なんでもにじでできています。

   にじのくにのがっこうは、ノートもえんぴつもにじいろで、
   かくとえやもじがとびだして、
   きらきらひかって、みんなをたのしくしてくれます。

   にじのくにのたべものは、くだものやおやさいもにじいろで、
   たべるときもちがにじいろになります。

   たべもののあじはかわりません。

   おともだちとにじのくにへいってみたい。



あ、味は変わらないんだ。笑
えっっ?っと、膝かっくんされたみたいなところが
子供の文章、世界の面白いところだと思う。


そして、はじめての自由研究。
何をしたらいいのか、という以前に
自由研究の意味もなんだかよくわからない一年生。



e0140171_032221.jpg

お料理とか、工作とか、手芸とか、じい君のマニアック観察とか
いくつか私の方からヒントをあげて、結局娘が決めたのは写真日記。

タイトルは「なつのしゃしんにっき」って書いてあります。


e0140171_041031.jpg

「はじめに」って書いて、
どうしてこれをするのか書くんだよ、と教えてあげて。



e0140171_063899.jpg

e0140171_065011.jpg

基本的にはその日に撮った写真の中から
お気に入りを一枚選んでプリントアウト。
スクラップブックに貼って、ちょこっとコメントを。




写真もものすごくローアングルだったり
いつの間にか撮った不思議なものが写っていたりして面白いのだけれど
コメントも、ふふふ、と笑ってしまうものがいろいろ。

まずは、犬シリーズ。

e0140171_0245846.jpg

  8月1日げつよう日
  じいが☆おかえりってゆってくれました。
  (実家から帰ってきた日。う、うん、言ってくれたね。。。)


e0140171_0255969.jpg

  8月14日にちよう日
  さいたまのいぬです。なまえはさくらっていうなまえです。
  いまはねてます。



e0140171_0273788.jpg

  8月10日すいよう日
  このいぬは、うえをむいててかわいいです。




e0140171_0283686.jpg

  8月8日げつよう日
  わたしは、ちずかだいすきです。
  みちにちずがあるとすぐしゃしんをとります。
  (先生もなんだ!?って思うよね。きっと。笑)




そして、今日の分を書き終えて、さいごのまとめのページへ。

  まとめのページはね、実際にやってみてどう思ったかを書くんだよ。
  大変だったこととか、面白かったこととかね。

と教えてあげたら。。。


e0140171_031719.jpg

たいへんだったこと と たのしかったこと を分けて
まとめの感想をかいていてちょっとびっくり。

分かりやすい!
社会人だって、だらだらばらばらとまとめを書いちゃう人いるよ。笑


 たいへんだったこと

 ・いくつかとれないひもありました。(毎日日記が、ほぼ日日記に・・・)
 ・まとめてはるときは、たいへんでした。(そうなんだよ。ちょっとの作業もためると大変。)

 
 たのしかったこと

 ・あるばむにしーるとかいろいろはるのがたのしかったです。(ためないとデコも楽しいね。)
 ・さいごにかんせいしたときは、しゃしんをみるとおもいだします。
  (外人さんの片言日本語みたいだけど言いたいことは分かるよ。)



やっと終わって安心したように眠った娘。


e0140171_0415963.jpg

あらためて、もう一度アルバムを開いてみたら
まとめの裏側のページに「おわり」の文字。

しかも、ちゃんとかわいくマスキングテープまで。

もう疲れきった感じだったのに
最後の最後まできちんとやったのだなあと
とてもうれしくなってしまった。



帰ってきた夫に出来上がったアルバムを見せると


  一生の宝物になるよ。

って。

本当にそうだと思う。
まだ夢の世界に半分住んでいる6歳の夏休みの毎日が
ここにきらきらと詰まっているんだもの。

きっと年を重ねるごとにこの宝物の輝きは深さを増すのだろうなあ。
おつかれさま。

楽しい夏休みだったね。







by midori0524 | 2011-09-01 00:45 | 子供 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/15348079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜ごはん お塩できれいになる*LOVE ... >>