日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
スイミング
e0140171_814499.jpg

夏休みのスイミング。

スイミングのコーチをしている友人にお願いして
プライベートレッスンを3回。

やっぱりスクールではなくプライベートレッスンというかたちは
娘にとっては正解だったと思う。

お世辞にも運動神経がいいとは言い難く
負けず嫌いでも根性があるわけでもない娘。

でも、彼女なりにがんばって
ちょとずつ上手になって
前よりもずっと楽しそうに水と仲良くなっていた。

それをしっかりと見つめてくれて
いつも笑顔でいっぱい褒めてくれた友人。




子供に何かを教えるときに親だと感情的になりがち。

  だから、○○だっていってるでしょ!
  なんで出来ないの?
  他の子はもっと上手にできているよ。
  もっとがんばりなさい!

ついでに、関係ない話まで持ち出して

  いつも○○だから××なのよ。

なんて口にしてみたり。笑

プールでもお母さんやお父さんが教えているのを見かけるけれど
結構こういう言葉とともに親はぴりぴりいらいら
子供はとても悲しそうな顔をしていることが多い。

親の気持ちもよーーーく分かるのだけれど
子供の悲しい気持ちの方が
私の心に流れ込んできてとても苦しくなってしまう。

ぎゅーーーーーって。



結局、いらいらするのは何かと比べたり
自分の中で勝手に作っている理想を手放せなかったり
待つ、というプロセスを持てない親側の理由。

親としての未熟な部分は
未熟な子供と接するときに一番露になる。






プールの後も、大きな笑顔で友人に飛びついて
何度も振り返りながらさよならをしていた娘を見ながら
子供を通して自分自身を育てていることを
忘れないように、と改めて思う。













by midori0524 | 2011-08-22 08:19 | 子供 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/15311475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ときめく子供服*Bijoux&Bee マジックツリーハウス >>