日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
思い出メモ*しっかりと根付くこと
「しっかりと根付くこと」 2007年05月08日


9日間のおやすみは沢山の自然に触れる。

車の窓を大きく開けて
風に含まれるいろいろな香りや光や色の粒を
自分自身の身体よりもひとまわり大きななにかで
受け止めていく。

幸せな気持ちが同時に溢れる。



どこまでも続く鯉のぼりが空を彩る川

久しぶりに訪れた高尾山

多摩御陵の杉並木は銀色の光を放つ

恩方にある小さな夕焼け小焼けの里

ひいおじいちゃんの家が近い茨城の海

主人の実家の小さな畑ではイチゴをつまむ


どの場所でも沢山の笑顔が重なり合う。


私たちの両親や主人のおじいちゃんが
小さな娘にやさしい眼差しと
小さくてとても大事なことを沢山与えてくれる。



この季節の葉っぱの色がきらきらしてることとか
道ばたでこっそり微笑む小さな花の名前とか
葉っぱの舟や花を川に流すおもしろさとか
ひたすら鳥の鳴き声を真似するとか



なあんにもない自然の中で
しっかりと向き合ってくれること。


それが何よりもうれしくてたのしくて。

はじけそうな娘の笑顔。



あぁ、私と同じだ と思った。

私もこんな風に遊んでもらった。

こんな風に見つめられていた。

そして、とても楽しかった。



愛してもらう、ってこういうことだ。





沢山のおもちゃを買ってもらったり
流行のテーマパークに
連れて行ってもらったりするよりも
心の奥の一番温かいところに
いつまでも変わらず
しっかりと根付くのは
こういうことなのだろう。



自分の善良な部分が
こういう家族の愛情の中で
ゆっくりと育まれたことを
はっきりと感じる。



ありがとう。


そして、私も娘やこれからの世界に
絶対的ななにかを残せるのだろうか。


周りの大人から受け取ったものを
きちんとバトンタッチできるのだろうか。


やっぱり子供は親の鏡だ。

そんな事を想う休み明けの夜。




e0140171_15505236.jpg
e0140171_15514061.jpg
e0140171_15511062.jpg
e0140171_15554087.jpg
e0140171_15535987.jpg
e0140171_15532086.jpg





e0140171_15561618.jpg




e0140171_15574287.jpg
e0140171_1558761.jpg
e0140171_15582936.jpg
e0140171_15585928.jpg










by midori0524 | 2011-05-31 15:59 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/14872942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜ごはん*レンコンそぼろ 思い出メモ*2歳と6ヶ月 >>