日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
未来
e0140171_10295548.jpg

昨日は保育園最後の日。

はじめて私の手から離れたあの日から
あっという間に流れた5年という時間。

目を閉じると
歩きはじめた娘の姿はすぐそこにあって
言葉の通り、本当に、あっという間なのだけれど
ひとつひとつの出来事に手を伸ばしてみると
そこに寄り添う想いはあまりも多くて、深くて、大きくて。

子供の大きな成長や変化に対する愛おしさと
二度と戻ることのない時間というものに対して感じる切なさ。

このアンバランスでどこか心地よい
不思議な感覚の中でこの日を迎えました。


娘が3歳のときに担任だった先生が
お別れの挨拶をしにいった娘を抱きしめながら
繰り返し言ってくれたことば。


  ゆあちゃんは頑張りすぎるから
  辛くなったら頑張らなくてもいいんだよ。
  いやだ、って言ってもいいんだし
  まあ、いいやって思ったりしてもいいんだからね。
  例えば、お勉強がいやだなーって思ったら
  いやだな、いやだな、ってずっと考えているよりも
  もういいや、ってお外でだーっと走ったりするといいよ。
  そうすると、元気になれるからね。
  

争いごとが苦手で、周りのひとの言葉や感情に敏感な娘は
自分の気持ちをぐっと抑えるところがあるのだけれど(でも、外でだけね。笑)
先生はちゃんと見ていてくれたのだなあと
とてもうれしく思ったし
娘も先生の目をまっすぐに見ながら
うんうん、と頷いてその言葉を受け取っていた。

きっと、いつか彼女にとって必要なときに
この素敵な贈り物のリボンがほどかれるのだろう。




ひとつの大きな区切りを迎えたとき
親として子供のこれからの未来を見つめずにはいられない。

特に、今起きている様々な出来事の中で
いままであまりにも無自覚だった沢山のことを申し訳なく思うし
子供たちが地球と豊かな自然とともに
安心して生きてゆくことができる世界を作らなくてはいけないな、と思う。

未来は時間とともにやってくるけれど
どんな未来をつくるのかは今を生きるわたしたちが決めること。









by midori0524 | 2011-04-02 00:44 | 子供 | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/14533985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< New Moon 想い出メモ*泣かない日 >>