日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おばけになったら
e0140171_17263344.jpg

今日の午前中は近くの図書館へ。



最近、本を読んだらメモのようなちいさな感想を書いている娘。
幼児向けの読書感想文(とういうか、ひとこと)を書く
冊子みたいなものがあって
おすすめの本が100冊選定されている。
さらにそれぞれの本の表紙のシール、
そして、そのシールを貼って感想を書くスペースがあるというもの。

とてもシンプルなのだけれど
子供にとってはその表紙のシールを貼って
何冊読んだのかをカウントしていくのがとてもうれしいみたい。

親から見てもどんな本を読んで
なにを思ったのかが子供の言葉と文字で
一冊のノートにまとめられるのは
ひとつの記念になるのでとてもうれしい。

この冊子のことはまた今度紹介。




最近はその冊子のおすすめの本を中心に
図書館で本を借りてくるのだけれど
今日は「おじいちゃんがおばけになったわけ」を借りたい、と娘。

少し前にクレヨンハウスに行った時にも
おすすめの絵本として置かれていたので
私も読んでみたいと思っていた一冊。

ところが貸し出し中。

残念だったけれど代わりに「こんとあき」を借りて
そのまま自転車でプールへ向かった。

その自転車での話。



   ねえねえ、ママが死んでおばけになったら
   ゆあちゃんに会いにいってもいい?

しばし、考えたあと娘の口からこぼれ落ちたのは

   夢に出てきて。
   あと、一緒に眠ってほしい。


一緒に眠ってほしいと言われたときに
毎日私の横で眠る彼女のことを思った。
眠っていても、私の首元に手を伸ばし
眠っているのに、とても安心したような表情をする
彼女の眠る小さな姿を。

眠るときに一緒にいてほしい人って
一番好きなひとだよね。

ありがとう。






*おまけ*
e0140171_1832764.jpg

夜ごはんの支度をしていたら・・・。
そろそろ起こそうかな。



by midori0524 | 2010-09-20 18:04 | 子供 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/13259314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by サトー at 2010-09-21 14:12 x
こんにちは!

小さい頃に読んだ絵本は、そのときの風景も含めて
ふんわりとした優しい思い出です。

絵本や、おばあちゃんから聞いた昔話、母親お手製の紙芝居まで
ひとつのお話がいろんな風景と繋がっていて
小さい本がこんなにも広く記憶に残るものなのだなと。

だからと言って、今読んでいる本が、20年後に優しい記憶になっているかというと
決してそうではないだろうから
小さい頃に読む本は、広い意味で大切なんでしょうね!

Commented by midori0524 at 2010-09-21 22:31
●サトーさん

こんばんは。
確かに子供の頃に触れたものって
大人になってから触れたものとは
違う場所に特別なカタチで残りますよね。
大切だな。。。としみじみ思います!
<< いつものお弁当 Dalai Lama >>