日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ことばにふれる
e0140171_5225796.jpg

自分の読む本は図書館で借りることは滅多にない

理由は、いつでもどこでも読むから。
お風呂で読めばふにゃふにゃになること必須だし
ベッドの中で読むときには知らない人が触った本、と思うと
なんだかちょっぴり気になる。

そして、一番の理由は
ふとページを開きたくなったときに
いつでも手の届く所にあってほしいから。

その想いはいつやってくるのかわからないし
全部を読み返したくなる訳でもない。

ほんとうにたったひとつの言葉を
指先と目で触れたくなるのだ。

いま、この瞬間に。






好きな作家のひとりにおーなり由子さんがいる。

私の中では、りぼんの漫画家、だったのだけれど
いつの間にか絵本作家へと活動をシフトしていたらしい。

そして、今はいろいろな本を出していて
どれも日常の中にある瞬間の風景や想いに
美しい色や香りが寄り添った言葉に溢れている。


手元にある本の好きな部分をちょっとピックアップ。


e0140171_18331017.jpg

「365日のスプーン」

  4月5日

  あたらしい靴の ためしばき。
  ごつん、ごつんと 家の床を うれしくあるく。

   *

  5月13日

  カメラ日和。
  見なれた景色の写真を撮る。
  できるだけ、気にもとめないものをえらんで。

  たとえば、マンホール。
  電球、コンビニ、ちらかった机、駅の地下道、つり革、すいがらいれ、
  かなあみ、自分の足、じめん、裏庭、横断歩道などー

  フレームに切り取ると、いとしく思えるものを
  見つけて歩く。

   *

  6月9日

  雨をてのひらで うけてみる。



  ※365日、毎日毎日のちいさな計画がかわいい。




e0140171_20183960.jpg

「花のうた」


  かみさまが ケガをして
  ぐるぐるまきの
  包帯のかたまりのまんなかを
  ゆびでぎゅっと おしたら
  できたのがラナンキュラス

  にじんだ紅色は
  かみさまのケガのあと

  やさしくて てあてしたのは
  ラナンキュラス

  いいことしたからお花になった
  
  そんなこともだまっている
  ラナンキュラス


   *


  ほんとうのことは
  なんにもなくて
  ぜんぶあるのが
  ほんとうのこと
  



  ※花を美しいと思うのは、いろいろな花の中に自分のココロをみるからかもしれない。




e0140171_20244133.jpg

「幸福な質問」

   ねえ もしも
   もしも
   明日の朝 おきたら
   わたしが 真っ黒なクマに
   なってたら
   あなた、どうする?

   そりゃあ びっくりするな
   「ぼくを食べないで」って言うよ
   それから
   朝ごはんに なにが食べたいか
   きみにきいて、用意してあげる
   やっぱりハチミツ、好きかな?



   ※ワンコのカップルの他愛無く幸せな質問。ただ大切な人がいるということに幸せを感じる。





e0140171_20325083.jpg

「ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記」


  五月二十六日 ねがえり

  夜中に寝がさめて、なんどもねがえりをうつ。
  目を閉じたまま、風の音を聞いている。
  まぶたごしでも、外があかるくなってきたのがわかる。
  あの、「朝がきた」と、思ったとたん
  ホッとしてねむくなるのはなんでやろう。
  この頃は、朝があかるくなるのも、早くなってきました。

   *

  六月二十三日 タオルケット

  タオルケットを出したら、さらさらとやわらかで気持ちよくて、思わずほおずり。
  そのまま、昼寝にさそわれていく。
  ねむってるうちに、ぐるぐると、私にまきついてくるタオルケット。
  あっちに、こっちに、寝返りをうちすぎたときには、
  「そっちへいっては、だめ!」と、ぎゅうっと、しめつけてくる。
  ねぞうの悪い私を、ひきとめるように。
  おせっかいなのが、たまにきず。



  ※毎日のくらしの中にある、季節の移り変わり。そうそうそう、とうれしくなる歳時記。




by midori0524 | 2010-05-18 20:49 | 本&映画&アート | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/12662853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カゴバッグの季節*LOVE B... 日曜喫茶*サルビア給食室の毎日... >>