日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
春のおつまみ、おいしいお酒*渡辺有子さん
e0140171_8252644.jpg

マクロビオティックのスクールのあと
お友達と向かったのは二子玉川の高島屋。

福光屋さんという金沢の老舗酒造のショップにて開かれている
渡辺有子さんの「春のおつまみ、おいしいお酒」というイベントへ行ってきました。


  渡辺有子の 春のおつまみ、おいしいお酒

  料理家の渡辺有子さんが日本酒に合うおいしい
  おつまみをつくってくれます。春らしいおつまみで
  軽く一杯、ほろ酔い気分を楽しんでいただく、
  そんなイベントを開催します。有子さんご贔屓の
  おいしいものや愛用の道具、作家ものなども、この
  期間限定で取り寄せます。


このイベントのことはお友達に教えてもらったのだけれど
タイトルを見ただけで「きゃー」とうれしい悲鳴が上がり
DMの有子さんのにんまり笑顔を見たら絶対に行きたーい、と。




お店は思ったよりも混雑していなくて
少し待ったあとカウンターのお席で
春の香りのするお皿を楽しんできました。

メニューは3種類。

 ・やさいのおつまみ
 ・小腹おつまみ
 ・春の甘みデザート

それぞれのメニューに合わせた日本酒がついてきます。


e0140171_2341539.jpg

まず選んだのはやさいのおつまみ。

三谷龍二さんのトレイに美しく盛られたおつまみが3種類。

にんじん甘みと大葉の香りが
やさしく広がる春にんじんの生春巻き。

かつおの香りがしっかりと効いている
春野菜のかつお出汁マリネ。

そして、きな粉の甘みがとってもよく合う
スナップエンドウのきな粉和え。


スナップエンドウのきな粉和えがとてもおいしくて
有子さんに声をかけたら
とても丁寧にいろいろなことを教えてくれました。

きな粉には少し甘みを加えているのだけれど
きな粉は甘みのあるお野菜、スナップエンドウとかパプリカによく合って
互いの甘みを上手に引き出すということとか。



e0140171_2342773.jpg

もうひとつはデザートのお皿。

辻和美さんの器に盛られているのは
黒糖ミルクプリン いちごのピュレ。
そして、春の香りが詰まった桜とポピーシードのパウンド。

どちらも、おいしい。



e0140171_23591962.jpg

お酒はカウンターにずらり並んだ
辻さんのきれいな色のグラスから選ぶことができます。


e0140171_003250.jpg

私はペールグリーンのグラスで。
いただいたのは、絹ごし霞み酒 純米大吟醸 春吟醸。
かすかに発泡した、火入れをしていない香り高い純米大吟醸酒は
とても爽やかで春の集まりにもぴったりな味わい。
おいしい。しあわせ。




有子さんとお話したのははじめてでしたが
彼女自身の丁寧でまっすぐな心地よさは
彼女のお料理やレシピから伝わってくるものと同じ。

そして、お料理、食べることはもちろんのこと
人に対する愛情もたっぷりと溢れている方だからこそ
沢山のひとの心を満たすものを創りだせるのだな、と思ったのでした。



そうそう、このイベントのもうひとつのお楽しみは
有子さんチョイスのおいしいもの、すてきなものが
お店で買えるということ。

・山本祐布子さんのラベルデザインの純米酒
・三谷龍二さんの木の器
・辻和美さんのスープカップ
・内田京子さんの器
・野上美喜さんのキッチンクロス
・須藤拓也さんの器
・野田琺瑯の組箱
・サンクの雑貨
・WESTSIDEのお鍋
・ちもとの八雲餅
・チクテカフェのクッキー
・ロミさんのコンフィチュール
・盛岡生食普及会のロシアビスケット などなど


このずらり並んだものを見るだけでため息です。

さて、この中のどこの子を持ち帰ったかはまた今度。
うふふ。



渡辺有子のしあわせな食卓


by midori0524 | 2010-03-20 00:18 | 外ごはん
<< ハルノハジマリ マロニエ >>