日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ*今ここ
e0140171_2232825.jpg

ここの所、シンクロやいろいろな形で繰り返し届くメッセージは

「今、ここ」を意識するということ。

ずっと大切にしていたことだけれど
あらためて心に留めておきたいこと。

ある本にはこんな書き方がされていた。


  私たちは、そのまま素直に受け取れないし
  ためらいなく手放せないのです。
  常に損得勘定が働き
  出来事を疑い
  いろいろな状況を頭の中で設定し
  過去のことや未来のことまで現在に巻き込んで
  こんがらがって即答できません。
  達観した人は、過去にも生きないし
  未来にも生きていない 
  いまここの瞬間に生きる人です。
  だから過去に起きたことの後悔もないし
  未来の不安もないのです。
  とてもシンプル、究極の「今を生きる」生き方です。


別の本ではアラインメントの話の中で。

  その時の状況に応じて人体の各部位がちょうどよい位置にある
  というのがアラインメントが整った状態です。
  これもまたライト・タイム、ライト・プレイスですね。
  不要な心配をやめて、「頭寒足熱心安らか」な状態にすれば
  ものとしての体のアラインメントは整うのです。

  〜中略〜

  それは自分が「正しいとき、正しい場所に、正しい仕方でいる」
  ということをまず確認するというか、断定することだと思うんです。
  ライトタイム、ライトプレイスですね。
  今ここを肯定するということからでないとなにもはじめられない。



そして、今ここをきちんと生きるためには
頭ではなく心で感じることを大切にしなければならない。

というか、感じること心を開くことが
どういうことなのか分からないひとも多いように思える。

頭は不安を感じる部分。

リスクヘッジは得意だし
それによって様々なことが発達したのは事実。

でも、それを優先し続けていると
自分が描いたブループリントを
生きることはできないと思う。


そして、そこに必要なのはやっぱり自己受容。


今ここで自分の心が本当に喜ぶことを。
それは、決してエゴではなく
他者への愛にも繋がる絶対的なものだから。
by midori0524 | 2010-02-06 23:27 | 本&映画&アート | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/12103674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜ごはん おとうさんスイッチ >>