日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Le Bistro * 恵比寿
e0140171_12124651.jpg

会社の友人5人と向かったのは恵比寿にある「Le Bistro」。

http://www.unico-fan.co.jp/food/le-bistro/

e0140171_12152073.jpg

骨太フレンチビストロというキャッチのこのお店は
ルイビ豚を一頭丸々使ったおいしいお料理の並ぶ
豪快でなんだか楽しくなるお店。


ビストロでおなじみのパテやリエットとともに
目を引くのが内蔵系のお料理。

今回は頼まなかったけれど
ルイビ豚内蔵のリヨン風サラダ、
豚の頭のゼリー寄せとか・・・!

あとは、備長炭を使ってシンプルに焼き上げた
炭火焼メニューも充実。


お野菜は有機野菜や産地直送のものをつかっていたり
おいしいBIOワインも楽しめる。


昨日、食べたメニューは


e0140171_12172491.jpg
e0140171_12173829.jpg
e0140171_12175072.jpg
e0140171_1218293.jpg
e0140171_12181463.jpg

・ルイビ豚のリエット
・帆立のカルパッチョ
・お肉屋さんの一皿(生ハムとかサラミとかの盛り合わせ)
・ルイビ豚肩ロースの炭火焼
・いろいろな野菜サラダの盛り合わせ
・ひき肉とじゃがいものグラタン
・豚バラとレンズ豆の煮込み


e0140171_1219548.jpg

そして、サングリア、ビール、ワインとお酒もたっぷり。


e0140171_12193070.jpg

特においしかったのはこのワイン。
フランス、アルザス地方の白、
N.V. Edelzwicker Albert Boxler (エデルツヴィッカー アルベール・ボクスレー)。
ふわりと広がる花や果実の華やかな香りと
爽やかさ、甘味、 コクのバランスが絶妙。


これでひとり5000円くらいとはかなりお手頃。



e0140171_12203173.jpg

シェフやお店の雰囲気のせいなのか
この豪快でおいしいお料理のせいなのか
他のテーブルのお客さんたちも
みーんななんだかとても楽しそうだったのが印象的。

もちろん、私たちも沢山しゃべって、わらって、食べて、飲んで。





e0140171_12201162.jpg

そして、最後にもうひとつ、うれしいこと。
帰るときにお店の方がどうぞ、と手渡してくれたお花。



e0140171_12233061.jpg

我が家のキッチンの隅っこで
昨日の楽しい思い出がきれいに開いています。

ありがとう。
by midori0524 | 2009-12-05 12:24 | 外ごはん | Trackback
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/11717301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< LOVE BODY LOVE ... サンタさんへ >>