日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
夏の夜の思い出
e0140171_22232269.jpg

e0140171_22233461.jpg

暑さが幾分か和らいだ昨日の夜。

エアコンのスイッチを切り
ベランダの窓を全開にしていると盆踊りの音。

いかにも夏、という楽しげな音に誘われて
ベランダのロッキングチェアで夕涼み。

風の仕業で、音は大きくなったり小さくなったり。

その自然のリズムにあわせた感じがとても気持ちよい。

あー、ここでビールでも飲めたら最高なんだけど、
とおやすみ前の母乳を楽しみに(?)にしている
娘にちょっとうらめしそうに話かける。


すると、ぽん!ぽん!!と花火の音。

そして、目の前の夜空の真ん中に
小さいながらも鮮やかな花火が
広がっているではないですか。

人を招いてお見せするほどの立派さではないけれど
家族で楽しむには充分な眺め。

娘も、ほっ!ほっ!!と花火を指さし、やや興奮気味。

眠気も花火と一緒に散り去ってしまったようなので
近所の盆踊りでも見に行きましょう、と夜のお散歩へ。


小学校の校庭で行われていた盆踊りは
思ったよりもにぎやかでたのしげ。

そして、目につくのが
きらきら光るアクセサリーみたいなもの。

ジュエルリングみたいな指輪がきらきらぴかぴか。
蛍光色のうでわや虹色にかがやくイヤリング。

最初はあまりの賑やかさにちょっと苦手、
と思ったのに
娘が欲しい、欲しいと指をさすので
缶投げゲームに参加。

ちびっこに紛れて、大人げなく全ての缶を倒す、倒す。

そして、手に入れました。



今日も朝から娘の首には昨日の夜の思い出が
きらきらと輝いています。




昨日、娘が旦那の近くに寄っていって

「パッパ」といいました。

むむむ!!!


かなり前から

「いやーーー(号泣)」
「いたーーーい(号泣)」

とは叫んでいたものの
ふつうの場面で明らかに状況と言葉が
一致したのははじめて。


最初の言葉はなんであろうとうれしいもの。

だけど、だけどね、それが「パパ」だったりすと
じゃぁ、私のことも呼んでちょうだい!!と思うのです。

なので、今朝早速

「ママはどこ?」と目の前の娘に愚問を投げかける。

すると、なぜか半泣き・・・

ママは断念して、昨夜の出来事も偶然かも!と
「パパはどこ?」としつこく娘に尋ねる。

すると、すんなり寝室を指さす。

そして、抱っこして寝室で眠る旦那のところへ行くと・・

「パッパーー」

ちょっとがっかりな気分もあったけれど
なんだかその言葉の響きのかわいらしさに
とてもとてもうれしい気持ち。


はじめてのことばは「パパ」。

満10ヶ月前夜のことでした。
by midori0524 | 2005-08-20 22:22 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/11520154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マンゴープリン かぼちゃのニョッキ >>