日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
じぶんのじかん
e0140171_055118.jpg

月曜日に思ったことを書き留めておこう。


恵比寿へのお買い物は娘を母に預けてひとりで行った。

ベビーカーを押さずにお出かけをするなんていつぶり?
思い出せないくらい久しぶりのこと。

ひとりで出かけるのはとても身軽で気軽。

道のでこぼこや駅のエレベータの場所
電車の混み具合やまわりの人の子供に対する態度
子供の機嫌やおむつの具合。

なにも気にしなくていい。



用事が早く済んだら
自分の洋服も見よう。

カフェでお茶もしてこよう。

本屋さんにも行こう。

自分の時間が出来たら
したかったことを思いながら
とても楽しみに出かけたはずなのにあらあら不思議。

心は家へと飛んでいた。
家で待っている娘へと。

私がいないこと分かっているのかな?
いま、何をしてるのかな?
泣いていないかな?
笑っているのかな?

離れている娘が気になってしかたがない。
顔を見たくて、会いたくてたまらない。




あぁ、そうか。


ひとりでの足取り軽いのんびりのお出かけよりも
重たくて大きなベビーカーを担いで
階段を上り下りして汗をかいても
ベビーカーの中で元気に笑っている娘と一緒の時間。

朝まで広いベッドでぐっすりと眠ることよりも
ブランケットを蹴飛ばし
90度回転してしまう娘が
気になって夜中に何度も起きて
そしてかわいい寝息を聞きながら
丁寧にブランケットをかけ直すときのあたたかい気持ち。

ステキなレストランでゆったりとおいしい物をいただくよりも
自分の食事はそこそこに
あの手この手で娘の興味をひきながら
ぱくりと口を開けてごはんを食べる様子を見るときの喜び。


今の自分、私は、7ヶ月の娘を持つ母親なんだ。

今の私には娘と一緒に過ごすことが、自分の時間。

その瞬間瞬間の全てを目にして感じることが
一番幸せな自分の時間なのだろうな。


あと数年、いや数ヶ月したら、
自分ひとりで過ごす時間は
嫌でも手に入れることが出来る。


「じぶんのじかん」の本当の意味を
忘れずに過ごしていこう。
by midori0524 | 2005-06-15 00:54 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/11479216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< こどものあかり ダイニングテーブルを買う >>