日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お食い初め


e0140171_9251694.jpg

今日は生後100日目のお食い初め。

年末年始をパリで過ごした友人が
おみやげを持って遊びに来てくれるというので
お食い初めにも参加してもらいました。

お食い初めは

 一生食べ物に困りませんように

という 願いを込めて行う儀式。

祝い膳のメニューは一汁三菜が基本です。

今日のお献立は以下の通り。

・お赤飯
・目鯛の粕漬け
・筑前煮
・セリと小松菜のナムル
・蛤と菜の花のお吸い物
・梅干し

あとは大人のおつまみに

・鶏の黒酢あんかけ
・たこわさ
・カマンベールチーズ&クラッカー


小さい器に料理を盛りつけて
ランチョンマットに並べたら
想像以上にかわいい世界が広がります。

なんだか、私はそれだけで大満足!! 笑



小石は丈夫な歯が生えてきますように
梅干しはシワシワになるまで長生きできますように
筑前煮のタケノコはすくすくと育ちますように

お食い初めだけではなく
行事に用いられる食べ物に込められた
ひとつひとつの意味。

自然、収穫物への感謝の気持ち
家族みんな健康にすごせますようにという願い。

こういったことを
子供たちへ伝えるということも
親としてとても大切なことだと思います。



さて、友人の提案でワインも追加。

お酒が強くなりますように、って(笑)。

お互いの子供達が大人になったら
一緒にフランスにいって
飲んだくれ&お買い物三昧の旅をしたいねー
というのが私たちの希望(妄想?)なのです。


本当はおじいちゃん、おばあちゃんなどの年長者に
食べるまねをさせてもらうと
長寿にあやかれるのですが
今回は旦那が「養い親」の役に抜擢。

食べさせるまねだけでは
ちょっとつまらないので
初めて果汁(プルーン)を飲ませることに。

うちは母乳以外白湯もあげたことがなかったので
初めての味覚にびっくりした様子。

果汁で半泣き状態のあと
梅干しの味がちょっとついた
スプーンを舐めたら
うぇーーんと泣き出してしまいました。

さらに、ワインを飲ませるふりをしたら、
香りのせいか大泣きモード。

ふふふ、まだまだ子供ね。

そんなこんなで
適当に、でも、楽しくお食い初めを
することが出来ました。


毎日の食卓がおいしく楽しいものになりますように。
by midori0524 | 2005-01-29 12:36 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/11424384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ばななとおれんじ 子供の器 >>