日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
大きくなる
e0140171_011747.jpg

しとしと雨降りの帰り道。

遠くにあたたかくてやさしい灯り。

お花屋さんのウィンドウは
まるでそこだけが別世界みたい。

引き寄せられるように「こんばんは」。
ちょっとここでひと休み。

秋は枝ものがかわいい。
少し色づいた葉っぱや、ころんとした実。
大好きなあの場所にいるような気持ちになる。


選んだのはススキ。
そして、赤い実がかわいらしいバラの実。

この週末はお月見、中秋の名月だから。





娘をお迎えにいって
家までゆっくりと歩く。

保育園で飾ったススキとお団子のこととか
運動会の練習のこととか
お絵描きが好きなこととか
ずっと前に行った福岡の水族館にまた行きたいとか
娘の話は流れるように
そして、あちこちにジャンプしながら続いてゆく。


  ママ、ゆあちゃん大きくなったでしょ。
  だって、ママと同じ大きさで歩いてるよ。
  前はね、3歳とか2歳の時はね
  こうやって、いつも後ろにいたでしょ。


自分が大きくなったという感覚よりも
もっともっと小さいときの
私よりも半歩後ろを歩いていたときの風景が
小さな娘の中にしっかりとあることに
なんだかきゅんとなる。


  そうだね。
  大きくなったよね。
  前はもっともっとゆっくり歩いていたもんね。
  でもね、もう大きくならなくてもいいんじゃない?
  このまま抱っこできるくらいでもいいよ。


  ゆあちゃんがしていなくても
  勝手になるんだよ。笑
  神様がしてるから。
  ママもそうやって大きくなったんでしょ。
  ゆあちゃんもびゅんてママよりも大きくなるんだよ。


  笑。
  そうだよね。
  あっという間にママより大きくなるね。



大きくなることはうれしいことで
娘のいう通り
みんな大きくなる訳で
でもね、やっぱりぎゅっと抱きしめられる
この時がとても愛おしいなと思うのです。


だから
たくさん
見つめよう。

だから
たくさん
話をしよう。

だから
たくさん
抱きしめよう。



時を止めることはできないから。
by midori0524 | 2009-10-02 23:23 | 子供
<< みんなでお月見ごはん キッチン小物 >>