日々の暮らしの覚え書き。
by midori0524
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
信じること
e0140171_2137303.jpg


      しんじるって、どういうこと?


娘の言葉にどきり。

彼女にとっては

「洋なしってなに?」も
「信じるってなに?」も

その言葉の重みはきっと同じ。

でも、大人の私からすると
「洋なし」と「信じる」は全く違う。



「信じる」という言葉には
ずっしりとした重みと特別な感情が寄り添う。

そして、それが自分の中の深いところに
しっかりと存在していることを知っている。

でも、それを取り出して
誰かに差し出したとたん
その輪郭はぼんやりと消えてしまい
言葉にすることがとても難しくなる。





なぜこんなことを聞くのだろうか。

あっ。

少し前の出来事が頭の中に浮かんだ。




娘はどちらかというと心配性で
いつでもどこでも
私がすぐ横にいないと不安になる。

いや、すぐ目の前にいてもだ。

例えば、靴紐を結び直すとき

「ママ、行かないで!」

と置いて行かれるのではないかと
横に立っている私に向かって
大きな声で必死に叫ぶことも多くて
こんな話をしたのだった。


  今まで、ママがゆあを置いて
  先に行っちゃったり、どこかへ行っちゃったことってある?

 
  ・・・ない。


  そうだよね。
  ママは絶対にゆあを置いてどこかへ行ったりしないよ。
  今までもしていないし、これからもしないから。
  だから、そんなに心配しなくていいの。
  ママのこと、信じて。






そのことを思いだし
「信じる」ということを
小さな娘にこんな風に伝えた。


  
  この前、ママを信じてってお話ししたよね。
  信じるっていうのはね
  「絶対に大丈夫」って思うことだよ。


まっすぐに私の目を見つめていた娘の瞳が
ほんのわずかな時間だけ違う世界を見つめる。

まっすぐに私を見つめたまま。




   ママを信じる!


口からこぼれ落ちたその言葉が
彼女に大きな笑顔を与えてゆくのが見える。



   ありがとう。
   ママもゆあを信じているよ。
   


そして、私はこう付け加える。


   あとね、とても大事なのは「自分を信じる」ということなの。
   自分を信じることができると
   これから大きくなっていろんなことをしてゆくときに
   強くなれるし、がんばることが出来るの。
   そして、他の人のことも、ずっとずっと信じることができるからね。
   忘れないで。


   ママを信じる!

ぎゅっと抱きついてきた彼女の中には
まだ自分を信じるということが
ぼんやりとしていて掴むことが出来ないのだろう。


だから、今は彼女がしっかりと掴むべきなのは私。

私が彼女を信じてあげること。
そして、彼女の絶対的な信頼を裏切らないでいるということ。


その中で蒔かれた種が
やがて彼女の中で
「自分を信じる」という花を
咲かせることを信じているから。
by midori0524 | 2009-09-05 21:30 | 子供 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://aquagray.exblog.jp/tb/11059407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ショコラ at 2009-09-06 00:00 x
みどりさん、こんばんは。
日記、一週間分読ませていただきました。

信じること。
私がもし息子に同じように聞かれた時、
「自分を信じる」と言うところまで話してあげられるかなぁと、
やっぱりカワクボさんすごいなーって思いながら読んでいました。

ちょっと前に読んだシュタイナー関連の本に
ひとりっこちゃんは、両親と一緒にいても
常に孤独感というか、自分はそこに属していないという感覚がある、
というようなことが書かれていました。
タイトルを度忘れしてしまいましたが。
もしご興味があれば思い出したらまたご報告させていただきますね。

絶対的な信頼を裏切らないこと。
私も大切にしなくちゃと思っています。
たとえほんのささいな約束ごとでも
子どもにとっては大事業、という事も多いもの。
母親の役割って責任って重いけれど
これ以上やりがいのある仕事って他にはないなぁと思います。
Commented by midori0524 at 2009-09-06 00:17
●ショコラさん

こんばんは。
子供にどう伝えようか、どこまで伝えようか
考えると難しいのですが
いざ、その場面になると必要なことが
きっと出てくるのでしょうね。
ひとりっこの孤独感の話。
なるほどーと思いました。
大人と子供の世界の違いでしょうね。
もし、わかったら本のタイトルを教えてください。
よろしくお願いします。
親としての役割をもっともっと楽しみたいですね。
Commented by beyou-box at 2009-09-06 10:34 x
いつか 出会うであろう わが子に「信じるって・・・」と聞かれ、midoriさんのように ちゃんと 答えてあげられるだろうか?と自問自答。

先日 小6の姪っ子に「beyouおばちゃんは どうして生まれてきたの?」と難問を突きつけられ・・・
「哲学的やなあ・・・。それは・・・姪っ子たちに会うために生まれてきたんだよ」なんて 言うと 姪っ子には「ゲロゲロ~。キモイ~~」と言われてしまい。。。ほかにも 哲学的な難問を突きつけられたのですが、難しい言葉で言っても姪っ子は理解できないので、やさしい言葉で言うのがものすごく 難しかった・・・。
いくらでも難しい言葉を使って解説はできるけど、やさしい言葉を使って
こどもに言ってあげるのって ほんと大変むずかしい・・・。
Commented by つっちー at 2009-09-07 00:12 x
こんばんは

>私が彼女を信じてあげること。
>そして、彼女の絶対的な信頼を裏切らないでいるということ。

育児をしていて
とても大事にしなければならないところだと私も思っています

最近気付いたのですが
こどもを信じていればあまり育児で
息詰まったりしないのですよね^^

自分の中で
もやもやがある時
根本を見つめれば
信じていなかったからかー
と振り返ったことが何度かありました^^;
今でも時々ありますけど 笑

こどもを信じて待つ
てことを意識しているうちに
私は育児がとっても楽しくなったんです

そして何よりこどもとの関係がそれまでよりぐっと良くなっています^^

これは
全ての人間関係でも言えますよね^^

人を信じていなかったら
相手もこちらを信じはしないですものね



暖かい気持ちになる経験を
一緒に積み重ねていくことをもっともとお楽しみたいですね♪

Commented by つっちー at 2009-09-07 00:20 x

偉そうなこと言ってますが
いろいろ葛藤があっての結果ですのでー^^;

読み返してみて
「えらそうなコメント・・・。」
て思ったもので 笑
Commented by midori0524 at 2009-09-07 23:03
●beyou-boxさん

こんばんは。
きっと、そのときがやってきたら
ちゃんと二人の間で通じる言葉が出てくると思いますよ。
姪っ子さんの質問も楽しいですね。
私ならなんて話すかな・・・

まずは、自分の意志でこの時に、この場所に、この家族の元に
生まれてくることを選んだということ。
雲の上でね、どこにいこうかな〜〜って見ながら決めたの、とかね。笑

そして、それは自分がするべきことがあるからで
それが何かはわからないのだけれど
きっといろいろな経験をする中で
自分が心から楽しいとかうれしいとか幸せな気持ちになることが
その自分が決めてきたことをきちんとやっている証拠
なのだと思うよ。

なーんて、話をするかしら。


Commented by midori0524 at 2009-09-07 23:05
●つっちーさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ちーっとも偉そうだなんてことないですよ。
とても、よくわかりますし
つっちーさんの経験からきちんと生み出された言葉は
とてもよく響いてきます。
相手を信じる、自分を信じる。
それがすべてのベースですね。
本当にそう思います。
Commented at 2009-09-08 10:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by レイチェル at 2009-09-08 14:35 x
こんにちは
いつも素敵な写真だな~と思いながら拝見していましたが、子供の運動会を期にデジカメを新調しようと思いまして、どうせならmidoriさんのような雰囲気のある写真を撮りたい!!と思い、はじめてコメントさせていただきました。
midoriさんのお使いのカメラはどちらのなんという機種ですか?背景がぼけていたりするような写真がとりたいのですが、できたらお使いのカメラと子供の素敵な写真の撮れるコツなんかがありましたら是非伝授していただけませんでしょうか?
一朝一夕にはいかないとは思いますが、適当なスナップ写真ではなくて、とっておきの一枚が撮れるようがんばりたいです。
ブログにアップされている写真は加工とかさせてるのでしょうか?
Commented by midori0524 at 2009-09-08 19:43
レイチェルさん

はじめまして。
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私が普段使っているのは
コンパクトカメラのCOOLPIX P5100と
一眼のNIKON D40Xのふたつです。
一眼を買うのであればレンズ選びの方が大事かもしれません。
私は明るいレンズを使っています。
背景がぼけるのはピントのあう範囲が狭いということで
絞り(A)優先で撮るとよいです。
コンパクトカメラでもそのモードはあると思います。
そのモードでF値というのを小さくすればOKです。

以前、カメラの話を日記書いたのでよかったら参考にしてください。


http://aquagray.exblog.jp/8121566/
Commented by レイチェル at 2009-09-08 20:48 x
カメラの話、大変参考になりました。さあ、撮るぞ!ではなく、とりたいときにすぐ出せるというのがポイントなので、なるべく大きなカメラではないほうがいいのですが、素敵と思う写真はやはり一眼レフが多くて。。
本当はカメラよりセンスやなぁとは思うのですが・・・
運動会ももうすぐなのでもうちょっと勉強してはりきっていい写真撮りたいです。
ありがとうございました。
Commented by okanouekara at 2009-09-08 22:38
こんばんわ。
お引越し、お疲れさまでした、素敵なオフィスですね~
そして↑の椅子がかわいくって、ついついコメントしたくなってしまいました。
midoriさんの選ばれるものって、いつもモノとmidoriさんとの間にしっかりとしたストーリーがあって素敵だな、と思います。
そして、なかなか自分の気持ちって表現することに勇気がいるけれど、いつも真っ直ぐなmidoriさんの文章を読むと元気になります!
Commented by midori0524 at 2009-09-09 12:56
●レイチェルさん

こんにちは。
そうなんですよね。
出かける時にもいつも!ならばコンパクトカメラがいいですね。
クールピクスの新しいやつで同じようなモデルのもいいと思います。
でも、運動会となると望遠レンズで・・・と一眼かなー。笑
なかなか難しいですね。
あと、前のコメントにあった写真の加工ですが
基本的にはしていません。
色味はホワイトバランスで設定しています。(よく分かってはいないのですが!)
この日記の写真は主人が携帯でとったポラロイド風です。



●okanouekaraさん

こんにちは。
オフィスというか作業場というか。。。笑
頑張って週末に片づけちゃったようです。
イス、かわいいでしょう。
私も気に入っています。
okanouekaraさんのおうちのように
広々としているといいのですけれど。
我が家ではもう満員です!!
Commented at 2009-09-13 18:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by midori0524 at 2009-09-14 23:24
●鍵コメP様

こんばんは。
コメントありがとうございます。
美大出身なんですね。
納得です!
あのイラストのうまさ、普通のひとではないですもの。
でも、うちの主人も美大出身ですが
イラストとか全然描けず・・・
浪人生の性でデッサンなら奇跡的にうまい、と
自分でいっています。笑
お友達は自宅で工房を開いています。
富山の学校やチェコでガラスを学んでいたそうですよ。
<< ercol社のschool c... どうにかこうにかカボチャコロッケ >>